人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2012
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

女子会

クリックすると元のサイズで表示します

女子会というと聞こえは良いのですが、三婆会のような・・・。
前日はオーチャードホールへミュージカルを見に行き、お食事をして深夜の帰宅。

それを見込んで、メニューを決めたので煮込み料理が2品にもなってしまった・・・。
暑さが身に応えていますから、エスニックな味付けで。

カンパイはカヴァから。
前菜は、生モッツアレラチーズを生ハムで巻き、オリーブオイルに漬け込んだもの。
盛り付けの際に、スイートバジルやイタリアンパセリを添えて。
オイルサーディンのオーブン焼きも♪仕上げにパプリカのピクルス(浅漬け)を飾ります。

前日の買い出しで見つけたそうめん瓜も、千切りきゅうり、生きくらげと盛り付けてサラダにし、カピ・練りごま・酢・レモン汁の合わせたれと、レモンとグレープシードオイルのさっぱり系ドレッシングで。

お料理は・・・

牛肉のココナッツミルク煮込み。
怪しいくらいに、シナモンスティックやグローブ、ナツメグ、等々香辛料を買い込んで投入。火を漬けたり消したり、2日間煮込みました。

豚バラのベトナム風煮込み。
豚バラを八角・花胡椒等の香辛料とレモン汁で水から煮込み、煮立ったら有れば紹興酒を少々、(この日は紹興酒の代わりにシェリーを使用)仕上げにナンプラーと砂糖で味を調えたもの。これもゆっくりと時間をかけて煮込むとお肉が柔らかくて美味しい。香菜を入れていただきます。

エビのグリーンカレー
お肉の料理で時間がかかるので、グリーンカレーペーストを使用。
簡単美味しく激辛の本場の味を楽しめます。エビを使う場合は、ナンプラーとお砂糖を少々多めの方が食べやすい感じ。
スイートバジルをたっぷり入れてさっぱりと。

付け合せはナシクニンというターメリックライス。
そしてナン。

箸休めにドライフルーツを。

フレグランスにはロータスのお香を事前に焚き、金魚鉢も最近の定位置でお客様をお迎えしました。

BGMはYAS-KAZU♪

お土産のケーキ、豆菓子、白ワイン。さらには梅酒、ビールも!
あっという間に深夜となり、
結局、お二方ともお泊りになり、楽しかった〜〜〜♪三婆会!!!

次回は年末に♪



1
投稿者:人魚

で〜きたっと♪

クリックすると元のサイズで表示します 


クリックすると元のサイズで表示します

焼き林檎を食べたくなったが、リンゴは当然ながら季節外れで高価。

いい加減な調理人に見合う林檎をやっと見つけた。
小ぶりのジョナゴールド。
1袋 (6個) 400円。小さいながらもシールが張られている。
いそいそビニール袋を切ってシールをよくよく見れば、ニュージーランド産。
なるほどね♪自由化の恩恵かな?

まずは、生で試食。酸味と実の硬さは、焼き林檎にちょうど良さそう♪


それから、リンゴパンも。
名付けて、ダラダラ生地のパン。

一次発酵だけで、フライパンでも焼ける、超簡単パン。
大げさな姿と音で一晩中かけて、朝から焼き立てパン!なんて機械はナンセンス。
ボール1個であっという間に完成だもの。

今夜は、ダラダラ生地のリンゴパンとシェリーが晩御飯♪
たまには良いでしょう・・・そんな晩御飯も。

焼き林檎:

芯を抜き、耐熱の器に入れ、穴にメープルシュガーと低脂肪クリームを少し入れて焼くだけ
シナモンも不要。180度のオーブンで竹串がすんなり通るくらいまで焼けばOK.

ダラダラ生地のパン:

強力粉125g
ドライイースト 小さじ1弱
砂糖 大さじ1
塩  小さじ1/3
卵(M)  1個
牛乳 約60〜80CC
オリーブオイル 大1

卵と牛乳はあらかじめ良く混ぜておき、材料全部をボールに入れ、ヘラで良く混ぜる。
ヘラからタラッと落ちるくらいの硬さになるよう、牛乳で調整する。
ボールに入れたまま、一次発酵をさせる、生地の嵩が1.3〜1.5倍くらいになったら、型に入れ180度のオーブンで20分くらい焼く。(キツネ色になるまで)
ふわふわの柔らかいパン完成♪

リンゴパンは、さいの目に切ったリンゴ1個とメープルシュガー 大さじ1を混ぜ、耐熱容器に蓋をしてレンジで2分くらい過熱し冷ましておく。
生地の半分を型に入れ、準備しておいたリンゴを均し入れ、さらに残りの生地を入れて焼く。

フィリングは、ベーコン、南瓜、高菜漬け炒め などなど お焼き感覚で、なんでもOK!
フライパンで焼くときには片面15分くらい。

オーブンのほうが目を離せるので簡単よ★





1
タグ: パン 林檎 焼き林檎
投稿者:人魚

やっちまった

クリックすると元のサイズで表示します

慎重にやっていたつもりが、「あっ!」ってことが良くある。

慎重になればなるほど、有りがちでショックも大きい。

今回の絵に使用しているのは、福井県の無形文化財的職人さんの工房で手漉きされている極薄の和紙。
二枚重ねのティッシュペーパーを剥がして一枚にした程度の薄さ。
ではあるが、強靭。家庭用のプリンターで使用できるように加工されている。

とは言え、コピー用紙のようにプリント出来るわけはなく、顔彩で描くのにもそうとうの注意を要する。
そんな厄介な紙を友人のグラフィックと外表に張りあわせ、裏打ちをせず、リバーシブルの軸仕立てにしようという作品。

前回は絵の具を溶く膠液(ドーサ液)の濃度がいけなかったらしく、はりあわせの段階で色落ちしてしまった。
つまり、人様の作品まで私のせいで没にしてしまったということなのだ。

何度もダミーの紙でためし描き、レイアウトを決め、下書きをして、さあ!お清書♪

ところが・・・やっぱりやっちまった!
八割がた描き上げたところで、真ん中に絵の具がついていることに気が付いた。
乾くまでそのままにしていると台紙から剥がせなくなるので、少しずつ位置を変えている間に汚してしまったのだ。

極薄和紙 まことに厄介!

あ〜あ。一日がパーになった。

でも今回は自損事故♪
さてさて、リベンジ リベンジ・・・・


クリックすると元のサイズで表示します

                絵を表に置いたイメージ
0
投稿者:人魚
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ