人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2012
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

再葬

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりの投稿です。
なぜかフェイスブックにシェアできなくなってしまい、お手軽に投稿できるフェイスブックには書いていたのですが、ブログはご無沙汰してしまいました。

御無沙汰には、もう一つ、二つ、訳がありました。

一つは実家を処分することになり、藤沢まで日参し、片付けに追われていた事。
白内障の手術をしたので、術後二日は顔も洗えず、1週間ほど、自宅療養をしていた事。



亡父のアトリエは、絶筆をイーゼルに置いたまま、時間が止まっていました。

100号の大作から、未使用の絵の具やキャンバス、写生のスケッチの小品は数知れず・・・・
おまけに私の学生時代の裸婦像まで。

エアコンも無いなかの仕分けは地獄!

でも、もっと地獄だったのは、処理業者が来た日。
粉砕車で父の作品を破棄する音は今も耳の底にこびりついています。

ああ、父は二度死んだんだ。。。


写真は、心臓を患っていた父がまだ元気だったころの作品です。
タッチが力強いし、色も澄んでいます。

私の2歳10か月の頃の肖像画をはじめ、数点小品を持ち帰りました。

絶筆は捨てがたく、とても良い絵でしたので、母を引き取る大阪の姉のところへ、明日運ばれていきます。

色々あった、8月でした。


0
タグ: 遺品 遺作 
投稿者:人魚
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ