人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2013
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

子供たちの作品

クリックすると元のサイズで表示します  小3男子

クリックすると元のサイズで表示します  小2男子

クリックすると元のサイズで表示します  小2女子

クリックすると元のサイズで表示します  小4女子

今回は、紐版画に挑戦。

消しゴムスタンプ作りに始まり、紙版画、そして紐版画と、すこしスキルアップ。

麻紐を下書きに沿って貼り、ローラーではなく、スポンジで各自濃淡を工夫しながら版画用インクを着け、刷り上げました。

導入はクレーや、カンディンスキーの線描きを画集から見せ、画題を自由に考えてもらうと、「お正月だから、だるま」と紙一杯の大きなだるま(とても良い絵でしたが残念ながら未完成)、「お供え餅」も登場。毎回思うのだが、子供たちの発想はとても面白い。象、ひよこ、兎、魚、風景と、力作揃いでしたが、写真を取り損なってしまった・・・。

指をボンドだらけにして頑張ったみんな天才だね〜♪
1
投稿者:人魚

初句会(KIMA)

クリックすると元のサイズで表示します

 去年今年誓いを半歩前へ置き  人魚

五日は、KIMAの初句会でした。

暮れから久しぶりに狭いマンションの部屋に家族5人がひしめき、2歳10か月の孫の相手で、楽しいやら、疲れるやら・・・。
あっという間に年が明け、あっという間に独居老人に戻りました。

それでも、ささやかな目標を心に誓い、2013年の発進!
さてさて今年の俳句はいかがなりますやら?

金曜日の夕方夫を羽田で見送り、ほっとしたのもつかの間、暮れから俳句の「は」も頭になかったので、先ずは俳句頭へと思う間もなくウトウト。

土曜日の朝から、必死で詠みましたよ。
お着物で行こうと髪をアップにしたものの、あれよあれよと時間ばかりが過ぎていき、ワードローブで最初に掴んだスーツを着て(これがきついったらありゃしない・・やばい!)何とか滑り込みました。
十数句の中から、電車の中で短冊に書き写し、何とも気に入らない数句を外したり入れたり、最後に上5だけが頭に有った「老猫の」の句を、目黒駅からの道々、歩きながらまとめ
それが一番よく出来た感触。

揚句は、先生の並選でしたが、「老猫の」は、してやったり!♪
特選を頂戴し、今年の俳句はスムーズにスタートを切りました。
そういえば、昨年の締めの句会(荻窪句会)も、特選でした。

去年今年、誓い新たに精進いたします!

人魚特選

   結論を言ふときマスク外しけり  結女

人魚選

幕末の皿に数の子高く盛る  留以

透きとほるやうな笑ひや水仙花  静魚

古伊万里に松千両や年新た  桃兎

雪降りて大アリクイの無念かな  真魚子

パパイヤの香る路地にも冬来る  毬

水仙や身を寄せあひて余白なき  真魚子

今回は、変わった句を頂きました。

特選は、別れ話の男女を想像してしまいましたが、そんなことを考えたのは私だけのようです。

大アリクイは、「無念」という大げさな表現が大アリクイと微妙にあっていて面白い。

「幕末の皿」も、強い語韻と、一見お正月らしくない語彙ですが、むしろ、武家文化の終末、動乱の時期というより、新たな文化への出発のようにに思えて、お正月らしく感じられ、更に、高く盛られた数の子を想像しますと、華やかで豪華な印象のする面白い句です。

パパイヤは、南国にいながら冬を見つけようとする作者の心意気に1点!

「透きとほる笑顔」は、ゆるぎない。高貴で上品。こんな女性になりたいものです。
そして、こんな風に花を詠みたいものです。

「身を寄せあひて」は、過去に見た、ひしめくように咲いている半島の水仙を思い出して頂戴しました。思い出と重なると、古い歌を愛おしく思うのと同じような感情が湧いてきて、思わず点を入れてしまいます。(思わずなんて失礼な表現でごめんなさい)


1
タグ: 句会 季語 俳句
投稿者:人魚

明けましておめでとうございます

クリックすると元のサイズで表示します

今年ももう3日が過ぎようとしています。

人魚、ゆっくりスタートをいたしました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします♥
1
タグ: 新年 年賀状 御挨拶
投稿者:人魚
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ