人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2013
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

紅茶時々俳句ちょこっとブログ

クリックすると元のサイズで表示します

美味しい紅茶をお嫁ちゃんから頂きました。

缶のデザインはイギリスっぽいけれど、フランスの紅茶。茶葉の中に白く見えるのはバラの花弁です。
すばらしい香りのフレーバーティーで、プレーンでも、ロイヤルミルクティーでもいけます。
マイブームになりそう。

こんな憂鬱な日にはぴったりと、朝から紅茶、俳句、フェイスブック、紅茶、俳句、ブログ・・・延々繰り返しています。

部屋中が薔薇の香りに染められて、マリーアントワネット気分♪
それもそのはず、その名も「マリーアントワネット」!

「マリーアントワネットスペシャル」が新発売になったそうで、その缶のデザインは、淡いピンクを基調に、「フリル・レース大好き女子」が喜びそうないかにもおフランスの感じです。
(www.ninas-paris.com/)

さて、しばしティーブレイク・・・

そうこうしていましたところ、面白そうな企画を発見。
北鎌倉の「鎌倉たからの庭」(http://www.takaranokama.com/taiken.html )
陶芸のワークショップなどを開催している「たからの窯」を中心に、様々な企画が紹介されていて、何と来月26日には、「作陶と吟行」の企画が♪
なんだかとても楽しそうなので、行ってみようかなぁ〜・・・

以下、サイトからの抜粋です。

たからの窯主宰、kama×niwaあそびシリーズの5/26(日)のテーマはなんと「吟行」!!
たからの庭を散策したり陶芸体験をしながら、楽しく自由に俳句を作ります。5.7.5のリズムで感じたままを言葉にすればOK。
最後はみなさんの句を披露し合う「句会」で盛り上がってください。ランチ付き!


そういえば、俳句は何とでもコラボ出来ますね?
入口を「俳句」ではなく 「〜を聴く会」「〜を食べる会」「〜を描く会」etcにして、&俳句にしたら、もっと底辺が広がるかもしれませんね?

一昨日、昨日と私用が重なり、はじめたばかりのフラダンスに行かれず、「谷保神社」の吟行にも参加できず、ストレスがたまりました。
そろそろジムへ行って、灰汁を抜いてまいりましょうかな。。。


1
タグ: 紅茶 俳句 ブログ
投稿者:人魚

テーマ句会

クリックすると元のサイズで表示します

テーマ:明るい
席題:春の水・春の月

    波眠る小さきドックや春の月  人魚

    マネキンの乳房明るき花水木  人魚

明るいというテーマ、難解。
明るいという感覚、わかっているようで、わかっていないと痛感。

マネキンの句は、「はなみずき」の街路樹のある歩道を歩いていた時の事を思い出して詠みましたが、「明るき乳房」「乳房明るき」どちら?未だに迷っています。
「明るき乳房」では滑らか過ぎて、つまらないのと思うのですが・・・。


大田区の人工的に作られた浜と岩場の公園「ふるさとの浜公園」。復元というのが正しいのでしょうか?
嬉しいことに我が家からは、徒歩で20分程。気持ちの良い季節には、ワインとパンと本を持ってぶらぶらと出掛けて、ひとしきり。
小さなドックもあって、充分に海を満喫できるのです。

ドックを詠みたいとおもって何年も過ぎましたが、やっと形になりました。ちょっと出来過ぎでつまらないかな?

「つまらない」シリーズでした〜〜〜

1
タグ: 季語 テーマ 句会
投稿者:人魚

KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します


   春の旅小さきリュックの好奇心  人魚

4月1週目のKIMA句会、後先になりましたので、拙句を1句のみご紹介いたしました。

句会までの電車の中で詠んだ句です。

リュックを背に、駅の構内、ホーム、電車の中、子供たちは少しもじっとすることがありません。
思わず「あっ」と、思うことも。

運転席のガラスに張り付いて、キラキラとした目で運転の様子や車外の景色を見つめる子も。
春休みの最後の土曜日は、子供たちの好奇心がそこここでキラキラと輝いていました。

春休みというのに、今年は寒の戻りも厳しく、岩手の春休みは雪も!
1
タグ: 句会 季語 
投稿者:人魚
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ