人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2013
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

テーマ句会

クリックすると元のサイズで表示します

テーマ:明るい
席題:春の水・春の月

    波眠る小さきドックや春の月  人魚

    マネキンの乳房明るき花水木  人魚

明るいというテーマ、難解。
明るいという感覚、わかっているようで、わかっていないと痛感。

マネキンの句は、「はなみずき」の街路樹のある歩道を歩いていた時の事を思い出して詠みましたが、「明るき乳房」「乳房明るき」どちら?未だに迷っています。
「明るき乳房」では滑らか過ぎて、つまらないのと思うのですが・・・。


大田区の人工的に作られた浜と岩場の公園「ふるさとの浜公園」。復元というのが正しいのでしょうか?
嬉しいことに我が家からは、徒歩で20分程。気持ちの良い季節には、ワインとパンと本を持ってぶらぶらと出掛けて、ひとしきり。
小さなドックもあって、充分に海を満喫できるのです。

ドックを詠みたいとおもって何年も過ぎましたが、やっと形になりました。ちょっと出来過ぎでつまらないかな?

「つまらない」シリーズでした〜〜〜

1
タグ: 季語 テーマ 句会
投稿者:人魚

KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します


   春の旅小さきリュックの好奇心  人魚

4月1週目のKIMA句会、後先になりましたので、拙句を1句のみご紹介いたしました。

句会までの電車の中で詠んだ句です。

リュックを背に、駅の構内、ホーム、電車の中、子供たちは少しもじっとすることがありません。
思わず「あっ」と、思うことも。

運転席のガラスに張り付いて、キラキラとした目で運転の様子や車外の景色を見つめる子も。
春休みの最後の土曜日は、子供たちの好奇心がそこここでキラキラと輝いていました。

春休みというのに、今年は寒の戻りも厳しく、岩手の春休みは雪も!
1
タグ: 句会 季語 
投稿者:人魚
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ