人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2013
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

金継ぎ

クリックすると元のサイズで表示します


蒔絵を教えていただいている、松田祥幹先生にお願いをしていた小皿の「金継ぎ」が出来上がりました♪

角が小さな破片になってしまった上に欠損もありましたので、「ダメモト」と思いながらご相談をしましたが、ちょっと高くなるけれど治るとのご返事の通り、見事に復元(?)されて帰ってきました♪

窯も解りませんし、たぶん大正時代の中途半端に古いだけの代物ですが、戸籍上の養父が「楠馬」といい、絵を気に入って大事にしていたと聞いていましたし、孫が「春馬」ですので、いずれは譲ろうと奮発をして金を使っていただきました。

「金継ぎ」と入力しても出てこないところを見ると、メジャーではないのかな?

「蒔絵」でさへ、高価な携帯電話で話題になるまでは「巻物の絵」と思っている人がたくさんいましたから、「金継ぎ」も推して知るべしですね・・・
漆を接着剤に金や銀で補強をする。と言ったら解りやすいでしょうか?
しかも金や銀で新たな風合いが加わるというもの。

小さな欠けや、パカッと割れてしまったものでも、断面が合えば意外と簡単に治るのです。

お菊さんが知っていたら、伊右衛門も死なずにすんだのにね!?

素晴らしき日本の技★


クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ:  金銀 金継ぎ
投稿者:人魚
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ