人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

テーマ句会

クリックすると元のサイズで表示します

毎月第2日曜日は、結社「毬」の「テーマ句会」。

何しろ連日の猛暑ですから、みなさんいらっしゃるのかな〜?
「句会が成立しないかも・・・」と、半信半疑で出掛けましたが、いつもの顔がそろっていました。

先輩方の元気なこと!
句会後の飲食会では、「馬刺し2個!」「焼酎ロック!」♪
いやはや、参りました


今月のテーマ:「広」

無意識に詠み込んでいますが、いざ「広」を詠もうとすると難しい。
言葉って、そんなものかもしれません。

「広い、広大、広島、広島忌、広々、広場、広告、吊り広告・・・」色々頭に浮かべるも、
難産!

こんな時にやることは、すぐに発想が及ばなかった言葉に限定してみること。
「吊り広告」にしてみた。6文字が難しい。なぜなら、や、に、の、・・・??
てにおはが難しくなるからだ。
で、早々に尻尾を巻きまして・・・。

素直〜〜に普通に詠んだら、つまらない句になってしまった。

 広がりし噂話と秋扇  人魚

言い訳ですが、これは実景でもありまして、意地悪なおば様達をちょっとデフォルメしたのですが、それで余計に「つきすぎ」てしまった実例であります。
「当たり前の季語を当たり前に古臭く詠まれたところが好き」と、入れて下さった方がありましたので、反省とお礼の意味でupしました。

見事に0点だったのは、

 広がらぬフレアスカート原爆忌  人魚

広島には5年程住んだことがありますが、凪のピクリとも空気が動かない、張り付くような暑さには、本当に参りました。
原爆記念日には原爆投下時刻にサイレンが鳴り、じわーっと耳に残る音が暑さに拍車を掛けます。
広島、長崎に居住したにもかかわらず、これまで原爆忌を詠んだことがなかったので、良い機会だと思い、腕によりをかけたつもりが、見事な空振りに終わりました。
そうです。「フレアスカート」は、黒い雲の象徴でもあります。「もう二度と広がらないで」の思いを込めて・・・。

テーマ句会は4句投句で、空振り、内野ゴロ、ポテンヒット、3塁打。といった成績。

テーマ句会は、ここまでがウォーミングアップ。
席題、2題で詠むのが本番。昨日は30分の持ち時間。

席題:「泡立ち草」「夏の果」

「泡立ち草」はセイタカアワダチソウ、アキノキリンソウとも言いますが、詠み込みにくい字数に、以前降参したことがありました。以来、いつかリベンジと思っていて、昨日はそのチャンスだったのです。
投句は、2題について7句。
最近は、短時間で花を詠む時には、季語を離して考えることにしています。これには得て不得手がありますし、ともすると「フレアースカート」のように大失敗になりますが、お勧めの方法ではあります。
昨日はたまたまリベンジでもありましたから、ハットトリック!先生の特選3つゲット♪
「暮れの夏」「夏果て」でも皆様から共感を多数いただいて、思いがけず佳い日になったのでした。

帯状疱疹で苦しんだ1週間。詠めども詠めども、塵芥。朝には疱疹が潰れ、筆記に困るから欠席しようかと思いましたが、電車の中で詠み、駅中のカフェで詠み、何とか4句作って参加した甲斐がありました。

お口直しに

人魚特選

 夏果ての苦き口紅甘き酒  静魚

人魚選

 死ぬほどは好きか嫌ひか泡立草  静魚


どちらも私しか選ばなかったへんてこな句。
蓋を開ければ静魚句。
今日見ると「死ぬほど・・・」のほうが好きだし、良いように思う。
だから俳句は面白い!

ちなみに来月のテーマは「川」、9月8日 13時〜 於・アンサンブル荻窪 です。
どうぞ、ご参加ください!



0
タグ: 句会 席題 テーマ
投稿者:人魚
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ