人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

尾崎 人魚

「ブログデビューしました」と、近況や資料をご覧頂こうと、仕事の関係の方や、古い友人にアドレスをお知らせしたのですが、その中のおひとりが俳句にとても興味を持ってくださいました。嬉しいですねえ。「俳句好き」がどんどん増えて欲しいなあ!
空前の俳句ブームと言われてはいますが、まだまだ「特別」扱いですから。

俳句が趣味と言いますと、「ではここで一句」とよく言われます。
だいたいが宴席ですので、余興か肴のつもりなのでしょう。
(本来は、旦那衆のそういう遊びだったのですから)

少し俳句を知っている方がいらっしゃると「だいぶ春らしくなってきましたから、 あたたかで一句どうですか」
なんぞとおっしゃるのです。
これはもう「いじめ」ですよ。あきらかに自分は、もう浮かんでいて、比べようって訳です。しかもそれは、いつのものやら、ものすごく古くて、一度だけ同人誌に載ったものだったりもするのです。
そんな時には「まあ、お詳しくていらっしゃいますのね!長くやってらっしゃるのでしょう?私は、ごく最近まで、「あたたか」が季語だなんて存じませんでしたぁ。まだまだ始めたばかりですから、皆様の前でなんてとんでもない。あはははあ〜」と、大口開けて笑い飛ばすことにしています。
笑い飛ばしてみたものの、できればなんとかしよう。
この嫌なジジイ(ごめんなさい)をへこませよう。なんて、無駄な努力をし続けるのですが、「五ォ、七、五ォ、五ォ、七、五ォ と四苦八苦」
なんてわけのわからない、「川柳もどき」が浮かんで来るばかり。それでも、箸を持つ指がずっと、五七五と動いていたりもするのです。そんな日は、楽しいはずがすっかり落ち込んで、とぼとぼと家路につくのです。

 寒林や きみが仕打ちを 忘れたし

楽しい時間が、何かのきっかけで、つまらなくなってしまう事ってありますね?
深〜い意味もあるのですが、そんな気持の時にできた句です。

それにしても、書き込みをしてくださった「茉莉花茶」さんのように、サラリと祝辞を送るなんて、してみたいものですね?


1
投稿者:ningyomn
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ