人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

福引

クリックすると元のサイズで表示します

銀座熊本館。年用意のために、立ち寄りました。
丸餅、赤酒(お屠蘇にも使う本味醂)など、姑の味の再現の為、毎年こちらで購入します。
そう広くはない店内ですが、熊本の名産品が所狭しと並んでいて、欲しい品物はほとんど揃っています。
お勧めは野菜。新鮮ですし、何といっても美味しい。

2階は,以前はお食事や、熊本でも入手困難な焼酎なども飲めるスペースがありましたが、今やくまもんグッズのショップになっていて、とても混雑しています。

今日はクリスマスだから とかで抽選会がありました。

熊本城でも当たるんかい?と、天邪鬼が顔を出しましたが、「クマモンのぬいぐるみも当たります」と聞いて、孫の為 と、赤酒、丸餅、森のくまさん(お米)を担いでよろよろと階段を上がり、ガラガラポン・・・パチパチパチパチ!ガラ〜ンガラ〜ン!!二等で〜す!!!  

という、ささやかな自慢話でした。

来年が良い年になると良いなあ〜

1
投稿者:人魚

楽しいエッセイ集

クリックすると元のサイズで表示します


句会の先輩、堺 点子(てんし)さん(堺 典子さん)がエッセイ集を出されました。

 文芸社  「ノーモア・ノリコ」(わがズッコケ人生)  定価(1.000円)

終始笑える本である。

堺さんを知っている方ならば、「えっ!?意外」と思うのか、「なるほど」と思うのか・・・?
知らない方ならば、「天然キャラの面白おばさん」と思うだろう。
ところがご本人は、至って上品でチャーミング。いつも真面目。
そして優しい。

多彩な堺さんは、写真もご趣味とされているので、素晴らしい写真俳句集も出され、句誌「俳句界」等の写真俳句ページでも、常連でいらっしゃる。
句会での堺さんは、「夢とメルヘン、希望の俳句」が私の印象。

「ノーモア・ノリコ」は中の1話でのフレーズなのだが、勿論深刻ではない。

人生、ラッキーとかアンラッキーとか、幸せとか不幸せとか・・・
そんなことはとりあえず置いておき、兎に角 笑ってゆこう♪
と、思わせてくれる楽しいエッセイ集でありました。

遅ればせながら、上梓おめでとうございます!


0
タグ: エッセイ 上梓 出版
投稿者:人魚

金継ぎ

クリックすると元のサイズで表示します


蒔絵を教えていただいている、松田祥幹先生にお願いをしていた小皿の「金継ぎ」が出来上がりました♪

角が小さな破片になってしまった上に欠損もありましたので、「ダメモト」と思いながらご相談をしましたが、ちょっと高くなるけれど治るとのご返事の通り、見事に復元(?)されて帰ってきました♪

窯も解りませんし、たぶん大正時代の中途半端に古いだけの代物ですが、戸籍上の養父が「楠馬」といい、絵を気に入って大事にしていたと聞いていましたし、孫が「春馬」ですので、いずれは譲ろうと奮発をして金を使っていただきました。

「金継ぎ」と入力しても出てこないところを見ると、メジャーではないのかな?

「蒔絵」でさへ、高価な携帯電話で話題になるまでは「巻物の絵」と思っている人がたくさんいましたから、「金継ぎ」も推して知るべしですね・・・
漆を接着剤に金や銀で補強をする。と言ったら解りやすいでしょうか?
しかも金や銀で新たな風合いが加わるというもの。

小さな欠けや、パカッと割れてしまったものでも、断面が合えば意外と簡単に治るのです。

お菊さんが知っていたら、伊右衛門も死なずにすんだのにね!?

素晴らしき日本の技★


クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ:  金銀 金継ぎ
投稿者:人魚
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 
AutoPage最新お知らせ