人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

クリックすると元のサイズで表示します

のりしろを切り落とされし冬木立  人魚

 のりしろ「の」あるいは、「のりしろを切ってしまいし」なのかと散々迷った句です。
その割には「大したことない。まあまあ工夫はしているけれど。」の評。


この絵は、ステンシル(型染)の型用に描いたもの。
型は、線や形の重なる部分は「つなぎ」を作って欠損しないようにするか、いくつかに分けて重ねて(木版画と同じ)絵柄にするのですが手切りするときに、おっとっと・・・と勢い余ってつなぎの部分を切ってしまう事があるのです。
ドーナツがただの穴(○)になってしまう絵を想像してください。

というわけで、ドーナツではありませんが、この絵はそんな箇所が沢山あって、何度も「おっとっと」だったのです。
つまり、「切りしろ」が本当なのですが、そのような言葉はありませんし、「のりしろを切り落とされた」つまり、「葉が落ちた」冬の木を連想して、とり合わせたというわけです。

もっと重厚な俳句を詠みたいものです。
0
タグ: 季語 俳句 
投稿者:人魚

「毬」テーマ句会

クリックすると元のサイズで表示します


11月:「毬」テーマ句会

テーマは、な、な、何と海!湖、波、潮・・・どれもOKと言われてもね・・・

幸い我が家の近く(徒歩15分)には海がある♪
行きましたよ。眺めましたよ。まんじりともせず、ひたすら観察。
だけではだめ、感じないとね!って言ってもそれができれば苦労はない。

  潮時のどちらともなし冬鴎  人魚

席題は「冬菊」「芭蕉忌」
弱いんです。この手の季語・・・しかも即興ではつまらない句しかできない。
少しでもましな句を・・・

  人真似の遊びにも飽き冬の菊  人魚

発想と知識の貧困さをひしひしと感じている。
0
タグ: テーマ 季語 句会
投稿者:人魚

毬句会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



今月の「毬/荻窪句会」は、いつもの会場「あんさんぶる荻窪」ではなく、「地域センター」でした。
閑静な住宅街の中にあり、JR荻窪駅からの途中には、「大田黒公園」があります。

音楽家の大田黒元雄氏の屋敷跡を杉並区が整備し、開園したそうですが、管理が行き届き、とてもきれいな公園です。
茶室や煉瓦造りの記念館などが点在しています。

句会終了後、ほんのり紅葉した園内を散策してきました♪

  秋色を濃く大人の色鉛筆  人魚



0
タグ: 句会 兼題 自由詠
投稿者:人魚
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/36 
 
AutoPage最新お知らせ