人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

子供の造形教室

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年最初の子供造形教室は、大きな和紙に共同制作。
鳥の子の淡いクリームが温かい・・・そう。襖に使うあの紙です。

あらかじめ何を描きたいか、みんなでテーマを考えて、決まった二つが、「世界」「海」。
「大きなテーマならば何でもかけるよ!」の一言が功を奏したのか、自由に楽しく描いてくれました。
「世界」は観光名所、自然、建物etc・・・エベレストには「たすけてー」と叫ぶ登山者も。「海」には島、船、様々な生物。

墨汁と書道用の筆を使い、線描き。そして、水彩絵の具で彩色。

共同制作は、それぞれの性格が強く出て、テーマの発言もしない、ちっとも筆を入れられない・・・なんて子もいますが、一言かければ嬉々として制作に加わってくれます。

「ちまちまとした絵にならないかしら?」なんて心配とは無縁の「描き初め」になりました♪

みんな天才!
0
タグ: 子供  共同制作
投稿者:人魚

子供の造形教室

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、造形教室。子供たちにも、ご家庭の方々にも喜んでいただける題材を練るのは大変ですが、楽しみのひとつです。
今回は、樹脂粘土で釦を作りました。
メインは粘土ですが、その前に、デザイン。
ただデザインするだけではつまらないので、コーティング剤を塗布、裏に両面テープを張ってシールに。
更に、ペーパーマグネットに描いて、釦のマグネットを創りました。

ボタン型のシールやマグネットはかわいい♪樹脂粘土の釦は賑やかで楽しい作品になりました。

来月は、この釦を使ってストラップやクリスマスオーナメントを創る予定です☆

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:人魚

子供 アート教室

クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します

テーマ:秋

写生ではない。
「秋のイメージを絵にしてみよう」である。

写生や静物画は、「見えたとおりに描いてみよう」と言えばそれぞれ個性的な視点で、大人が納得する絵を描いてくれるが、空想、想像の絵になると、途端に幼稚になる。
それは、上手下手ではなく空想画であればこその魅力であり、美醜でもないし、ましてや才能や感覚の問題ではない。

あき、秋、AKI・・・紅葉、キノコ、秋色・・・具体的なものが浮かんでもどうやってそれを組み立てるか?
大人だって、思ったことを絵にするのは至難の業だ。
経験や知識が少ない子供たちならば当然である。
だから面白い絵が生まれるのでもあるが、そこを引っ張り出すのが難しい。自己採点50点。
これまで、具体的な参考作品はイメージを固定化してしまいうので見せなかったが、今回は絵本、セザンヌ、ゴッホ、クレーも見せた。
自由な発想が欲しかった。
物で表現しなくても、色や形で良いことも、イメージだから本物と違っていても良い。
とも言っても見たが、力及ばず。。。。

子供たちは集中して描いてくれた。綺麗♥ みんな天才!

参考資料の中に、本誌より4倍のサイズに広げるページが折り込まれた、ジョン=バーニンガムの「SEASONS」
という大きな絵本があった。
春夏秋冬の内容だが、とても美しい絵だ。毎回わくわくしながら折り込みページを開く。

というわけで、子供たちにも印象的だったのだろう。
ほとんどの子が木を描いた。
(2枚目は赤い茸、遠い山や真っ青な川も描かれている。秋水、水澄む 秋の季語である)

どれも魅了的な「秋の木」だ♪


0
タグ: 空想画  水彩画
投稿者:人魚
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/20 
 
AutoPage最新お知らせ