人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

宝物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宝物がひとつ増えました。

「日本のもの、こと」の最後のオークションで以前から欲しいと思っていた「相場るい児作・水滴」を購入しました。
るい児さんの作風は、今風にいうと「キモカワ」。
以前、金魚の帯留めを買い求めましたが、この猫の水滴は伺うたびに見ては、どうしたものかと保留していました。
今回は、最後のオークションということもあり、そそくさと入札。幸い落札できたので、我が家にやってきたというわけです。
水滴としてより、金魚の見張り?が彼(?)のお仕事です。

実は写真(上)の水槽は、お気に入りのピンポンパールという種類の金魚を入れたいのですが、写真の金魚(サンタを改名しピラ)が、とても獰猛で、次々同じ水槽の金魚を襲うので、ついに隔離し、独房とあいなったのです。
改名した「ピラ」はピラニアからですが、少しおとなしくなるよう、見張り番をしてもらってるってわけです。

こんな風に物を置くときには、ストーリーを作り、角度にもこだわって置くのですが、バカバカしいとか幼稚とか、思われるかもしれません。
ですが、私には大変重要なことで、絵を描くとき、デザインをするとき、クラフトを作るとき、俳句を詠むとき、すべてストーリを頭の中に展開するので、住空間もそのようにしていないと居心地が悪いだけでなく、想像力も創造力も萎えてしまうのです。
ゴチャゴチャと物の置かれた部屋は、自分にはとても機能的で居心地の良い空間です。

ちなみに、写真左の照明は、ずいぶん以前になりますが、インテリア雑誌での「和の空間造り」の依頼の作品のひとつです。気に入っているので、いまだに捨てられず、電球をLEDに変えました。

奥の掛け軸は、グラフィックアーティストAQIHICO氏の写真作品と私の手描きの金魚のコラボ作品です。
同様に極薄和紙の重ね使いを手描きだけで軸仕立てにしてみようと思っています。
張りあわせは、紙が薄い為か、なかなかぴったりと思い通りの位置に合わせていただけないので、表装も習おうか・・・。

あ〜あ〜あ〜、何もかも中途半端だよ〜〜〜!



0
投稿者:人魚

マイスペース

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり、御無沙汰をしてしまった。
「この頃UPしていませんね?」なんて言われてしまっている。FACEBOOKに、ちょこちょこ書いたり興味のある記事や友人からの情報を公開しているので、こちらは何となく縁が薄れてしまった。
で、FACEBOOKに投稿の抜粋に加筆をして、UPしま〜す。

9月30日消印有効の「俳壇賞」、我が家のプリンターでは既定の原稿用紙がプリントアウトできないので、手書き。ただでさえ誤字脱字の多い私の事、それはもう大変。何とも不安で、結社の編集長にも見ていただいた。OK!ところが折り線のズレがどうしても気になって、再度清書。封筒に入れてからが落ち着かず、開封してしまった。何という小心者だ!と、自らを責めつつ、また宛名を書き直し、やっと投函。と言っても日曜日。期限ギリギリなので、本局まで持っていき、局員に手渡し。「普通でだいじょうぶですか?」と聞いてくれる。最近の郵便局はとても感じが良い。お陰で不安がちょっとだけ薄れる。目標はまずは予選通過。発表までしばし夢を見よう。12月30日締切の賞にも出してみようかな?

ところで、やっと本題。
写真のマイスペースを作ったのだが、思うに、丸テーブルは文字を書くのに向かないようだ。なんだか曲がる・・・。
中心が無いというか、縦横がわからないというか、長々と文字を書いていると、何ともおへそが落ち着かない。
1
投稿者:人魚

通販

クリックすると元のサイズで表示します

通販での買い物は、とんでもないことになることもあるが、リスクを承知でエイッ!と、確定ボタンを押すこともある。

あるブランド品を安価に購入できるサイトで、傘を買った。
2本も。

どうせ買うなら、どこにもない感じの・・・と思っていた矢先に見つけたので、紫と白、両方購入。持ち手が、白は男性、紫は女性のシルエットのデザイン。
ブランドと言っても、無印では無いといった程度の代物。中国製とも書かれている。
写真を拡大してみると、持ち手の紐がどうにも許せない色と材質なのだが致し方ない。

宅急便が来た♪
さてさてどうかな?

思った通りだ!
コンビニの500円傘程度の材質。デザイン料が上乗せされているとしても、上代では絶対買わないぞ・・・。
問題の紐はと言えば、予想通りのひどい代物。
色は全く合わない濃い茶色。ビニールの質感も最低レベル。

さあさあ リメイク リメイク!!

ユザワヤへ走る。OH!なんとタイムリーなことに、売り場移転のため3割引き♪
どちらにも合うような、ヘビ革風のコードと銀色の玉留めをゲット!

わ〜い!完成♪

写真では、既存の紐のほうが良く見えるけれど、リメイクした方がずっと素敵よ!
しかも私らしいしね!?  ヘビ・・・



0
投稿者:人魚
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/11 
 
AutoPage最新お知らせ