〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2006/7/26

婦人部役員会  婦人部の活動

7月24日6時〜

 会員さんの店(かがなる 地下鉄九条駅近く)で集まる。
久々に顔合わせ。
役員および、役員さんと一緒に来られた方で合計7人も集まった。
西にしたら、大盛況である  パチパチパチ


大婦協第11回常任幹事会(7月7日)で話し合ったことや、西の婦人部総会を決めないといけない。
総会には是非出席してくださいね。




まずは、今世間ではということで、
昨年まで住民税がゼロだったひとが37000円になったり、
所得税、介護保険、固定資産税は大増税となり、年金、生活保護の大幅削減・・・国民・弱者に痛みを押し付け、貧困と社会的格差の新たな広がっているということを確認。

大阪市は本年度から国民健康保険の算定方式を「住民税方式」から「所得比例方式」に変更。
その結果、住民税非課税の低所得者や高齢者の保険料が跳ね上がりました。

国保料・市府民税・介護保険料の通知が届き、区役所の窓口に相談が殺到しています。



そこで民商では、相談会を催したり班会をしたりして学習しています。
会員でない方にも窓口は開いています、遠慮なくご連絡下さい。
   ↑   ↓   ↑   ↓
追記です。
(一晩寝て朝読み返していたら、ちょっと情けなくなりましたので追加しました。皆さんの意見もお聞かせ下さい)

民商はいつも不安材料を言ってるように見えますが、自分自身でそれをどう対処できるかという「知識」「認識」があれば、別に怖いものでもないように思うのです。
その「知識」「認識」を持つための勉強会を、一人より二人、二人より三人とそれぞれが「知識」を高めあっていけば、別の切り口が見つかるのでないでしょうか。
その為には、参加して差をつけ、なんらかのチャンスを掴んで欲しいのです。
ここは異業種交流会の場ではありません。
自らも、啓蒙する場なのです。

  


消費税の課税届出の強要や事後調査も始まっているなかで、収支内訳書の督促が税務署から送られてきています。
民商は、説明会や変換行動をしながら、納税者の権利を学習し、自主計算を強めています。



7月15日の当ブログで書きましたが、一度は府や市に交渉に行くのに着いていきたいと思っている。
(国会には行きました・・・それがどうした!)

20日の大阪府交渉には行けないので15日の勉強会に行きたかったが、所用にてドタキャン(ちと、多いぞ!!)

その結果は、大商連のHPでUPされるでしょうから、そのときはそっくり頂いてきますので、待っていてくださ〜い。(手抜きもありンコ!)



    

西の婦人部に新しい風が入った。
やるからには、何もしないのは嫌だと・・・ウレピー

みんな自分の仕事の合間での活動、でも全く時間がないのではないはず。
でもその日に限って皆さん、ご用事がおありになる・・・・



「住民税方式」&「所得比例方式」は後日書いてみたいと思います。



+++おまけ+++
どうでもいいですが、昨年都島民商の会員さんからプレゼントしてもらったぞうり。本物の藁ではない、特殊な紙だそうで、洗っても大丈夫とのこと、フローリングの床は冷えるので重宝してます。ネットでみつけたのでそちらの画像を・・・
クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/7/26

梅雨明けはまだ・・・?  

模様替えしました。

真夏の雰囲気でひまわり・・・・太陽に燦燦と向かっていきます!!



今日も有名サイトをちょっこと
maaと愉快な仲間たち』さん
ここは面白いのもあれば、ジーーンと来るのもある、ニュースやブログ、HPを集めたものです。
時々気になるニュースも入ってたりとかします。


次の首相選挙には、日本のことを、日本人のことを思う人を選ばないといけません。

その為には情報を仕入れ、自分の頭で考える、そんな材料がネットには一杯、怪しいのもありますが、そこは自分で判断するしか無いでしょうね!!




大阪てきと-日記』さんの<Google Earth>。
海外サイトの<Google Map links for Unesco World Heritage Sites>をクリック。簡単英語のお勉強と、海外旅行ができます。

ここはちょっと楽しいかな。



0

2006/7/25

直立不動の少年  憲法9条を考える

この少年のことはなにも説明は要らないと思っていましたが、カメラマンが気になっていて、何となくHPを散歩中に彼を見つけました。
そして、こんな本が出てることも。

『トランクの中の日本/米従軍カメラマンの非公式記録』・・残念ですが
ネット書店ではどこも在庫なしでした。


この本のジョー・オダネル氏とは
戦争が日本各地に残した傷跡を私用カメラでも撮影したJ・オダネル。
彼は密かに写真を持ち帰り、悲惨な光景の記憶とともに屋根裏部屋のトランクの中にしまい込んだ。43年後、トランクを開けさせたのは彼の平和への願いだった。*
(Amazon.comの商品説明を転載)

原爆被爆地の広島・長崎を中心に被爆状況を撮影中みずから放射能の被爆者となる。
1923年生まれ。
1945年海兵隊従軍カメラマンとして来日。
(この写真を撮ったのは22,3歳だったんですね==あわたん記)
1949年以後、ホワイトハウス専従カメラマンとして5代の大統領に仕える。
1968年健康上の理由でホワイトハウスを去る。以後、被爆の後遺症で入退院を繰り返すうち、原爆投下の疑問が大きくなり、トランクの中のネガ・フィルムを取り出す。(学校図書株式会社 https://www.gakuto.co.jp/hikokugo/sakuhin03/021mokugeki.html 転載から)
かれの写真は
http://www.mindspring.com/%7Ekimjo/newpage1.htm
で見ることができます。HPでは76歳となっていますが・・・



直立不動の少年の記事があったので紹介します。
msnニュース<ティーンズに開くNewsの窓:/12 語り継ぐ原爆 想像力、時空超えて>
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/p20060717ddm012070132000c.html
この中から一部転載で。


◇1枚の写真から

 ここにある写真は、占領軍のカメラマンとして終戦直後に来日したジョー・オダネルさんが長崎で撮影したものです。
(小学館「トランクの中の日本−−米従軍カメラマンの非公式記録」所収)

 秋になっても被爆した人々は相次いで原爆症を発症し、息絶えていました。
市内の川岸に浅い穴が掘られて臨時の「焼き場」(火葬場)が作られ、遺体が運び込まれてきます。
この10歳ぐらいの少年は既に息のない幼い弟を背負い、そのなきがらを荼毘に付す順番を待っていました。

 おそらくカメラを向けられた時、戦時中に学校で教えられた通り「直立不動」の姿勢をとったのでしょう。

 本の中でオダネルさんはこう語っています。
<私はカメラのファインダーを通して、涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。私は彼の肩を抱いてやりたかった。しかし声をかけることもできないまま、ただもう一度シャッターを切った。急に彼は回れ右をすると、背筋をぴんと張り、まっすぐ前を見て歩み去った>

 こうした光景は、長崎、広島だけでなく、焦土となったあらゆる街や海外の戦場で繰り返されたことでしょう。
いや、今も世界中の戦火の絶えぬ所で続いていることでしょう。
60年以上の年月を超えて、この1枚の写真は無言で私たちを打ち続けるのです。


0

2006/7/20

ちょっと良いお話を  

会員さんのお店です。
(千日前線 阿波座駅 9番出口でて南に2軒目『あつ美』さん)


今はママさん(60数歳)がお一人ですが、今まではママの片腕のような女性が一緒でした。
片腕さんも寄る年波には勝てず、年明けぐらいから体調を崩し、そのまま引退ということになりました。

ママも一人ではお昼の定食は出来ないということで、片腕さんがお休みされた頃からお昼はお休みにし、夜だけで頑張ってこられました。

35年のキャリアがあって、今のお店は8年前に、立ち退きで移転してきた所です。(千日前線 阿波座駅 9番出口でて南に2軒目『あつ美』さん)

魚の美味しい店、ということで知る人ぞ知るという店です。
 毎朝中央市場で仕入れて来てます。
お昼の定食ご飯は、麦ご飯でこれが美味しいんです。

ただ、ちょっと(じゃないかも)偏屈ママです。
愛想も無いです・・・これホント!
そして、ママの大好物 ⇒ 


そのママが、心機一転、お昼もしなきゃ、ということでお店を改築しました。そして7月19日が改装オープン。


店もまだ片付いてないのに、また19日からオープンと書いて表の扉に貼ってるのに、5時過ぎから若い男性2人、
おかあちゃん、いける・・・・と、お客さんが入ってくる。

ママは
『ゴメンね、明日からお昼もするから、明日来てね』


それでも入ってくる人、後をたたない。



前日の18日は、工事関係者の原田工務店さん、チラシなどを作ったヤーブリン、ただ仲をとりもっただけのあわたんと、西の婦人部さんが後片付けの応援をし、なんとか6時前頃から  で乾杯!!
この時すでに、おなじみさんが3人も入っていた 




そんなママさんの夢が

三重の山奥(?)に土地があるので、その地にバンガローを建てて、月に1回とか数ヶ月に1回でも、お客様を招待し、ゆっくり過ごしてもらうことらしい。

ママ曰く、
そんな土地が買えたのは、儲けさせてくれたお客様のお陰なんだから、お返ししないと、死ぬに死にきれない


メニューは今回ヤーブリンが作ってくれましたが、今までありませんでした。また、メニューがあっても、その日の仕入れで変わるので、ほとんどお任せにだと思う。

カウンターの上には、今日の魚や野菜の煮つけなどが並んでいます。


よかったら行ってみて下さい・・

写真はそのうちUPしますね。



0

2006/7/17

この店、なに考えてるの?  

今日の赤旗日曜版(2006年7月16日)をみていたら
<電話相談>のコナーで

9階建てマンション、1階の店舗からエレベータをほとんど使ってないので自分の管理を減額して欲しい


このお店やさん、上の階のひとが誰も買いに来ないんでしょうか?
だからやけになってこんなこと云ったんでしょうかねえ?

お願いだから、上の方、何でも良いからかって頂戴よ!!
0

2006/7/15

大婦協が大阪府に交渉します!  婦人部の活動

民商には、婦人部というのがあります。
その婦人部から、大阪商工団体連合会(大商連)のなかの婦人部(大婦協)という部会があります。

その大婦協の活躍とは、今回紹介するような大阪府への交渉であったり、イベント、今年は6月3日の〔パワフルネットワーク〜地域から発信する業者婦人〜〕などがあります。

およそでは分かっていても、なかなか参画しにくいところでもあります(私は入会当初なじめませんでした)。


西では、毎月の会費に婦人部会費として100円を頂いています。

その会費運用は、婦人部役員会、婦人部のイベント(西はまだまだ参加者が少ないため年一回の総会ぐらいしかありません。残念です。)で参加していただいた方のごく一部ですがその運用費に回されたりします。

裕福な会ではないため、参加者全員をご招待、という訳にはいきませんが、婦人部として運動していることの一部を紹介しました。





(下記内容は大商連婦人部のサイトから頂いてきました。
英数字は全角に、また下線部分は独断と偏見でマークしたのものです。)

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
  
7月20日2年ぶりで、男女共同参画課と商工労働部と交渉します。案内の詳細は、最後のファイルを持てくださいね!
下記の要望書を大阪府に提出して来ました。当日、各婦人部からも思いを訴えてくださいm(_ _)m

大阪府知事 殿
自営商工業者に関わる女性支援策の要望書

私たち中小零細業者の業者婦人(家族従業者と女性事業主)は、地域経済の担い手として経済の発展に大きく貢献しています。
しかし、長引く不況で資金繰りもたいへんな上、材料費の高騰、単価の引き下げ、消費税の免税店の引き下げ、社会保障の改悪による国保料や介護保険料の大幅な値上がりが原因で、私たちの営業とくらしはますますたいへんです。
それを支える家族従業者の女性の中では、健康破壊がすすみ、営業不振からおこる家庭内DVを受け悩んでいる実態も水面下で広がっています。
また、女性事業主も困難や悩み、問題点を多く抱えながらがんばっています。
女性事業主が今最も強く要望する女性起業家支援策は、「女性に有利な融資・債務保証制度」次に「家事、育児、介護サービスの充実」「開業資金・資金調達等の相談窓口」となっている事が私たちのアンケート調査で明らかになっています。
私たちは、「業者婦人の健康・母性保護と地位向上の施策」を求め日々活動し、今年4月にはおおさか男女共同参画プランの改定にあたり計画に盛り込んでいただきたいと意見書も提出させていただきました。
その上で再度、下記の項目について強く要望いたします。

1、業者婦人(家族従業者と女性事業主)について実態調査を実施してください。
 困難な生活実態や意識調査、健康状態など実態を詳しく調査し、結果を大阪府として施策に反映させてください。
また、府下の各市町村でも実態調査を行い、施策を盛り込むよう指導・援助をしてください。

2、国保に傷病手当・出産手当を給付するよう少子化対策として国に働きかけてください。
また、国保・介護保険料の国庫負担を増やすように国に働きかけてください。
保険料の引き下げを行い、短期保険証、資格証明書の発行をやめさせ、正規保険証の無条件交付を各市町村へ指導してください。

3、所得税法56条の廃止を国へ働きかけてください。
男女共同参画社会が進む昨今でも、家父長制度にたった税制度(所得税法56条)は、朝から晩まで身を粉にして働き共同経営者の立場にありながらも働き分を認めていません。
自営商工業者の男女参画促進の上でも、労働の正当な評価と女性の地位向上の観点からも所得税法56条廃止は、世界の男女平等の流れです。
諸外国の男女平等の視点にたって税制や権利を研究調査してください。

4、女性事業主・起業家の融資・取引上の慣行などで“女性であるがゆえ”で不利益を受けないよう各関係機関に周知徹底させ、相談体制、窓口の拡充をしてください。
各市町村へも拡充を働きかけてください。

5、子育て・介護に関する施策と支援策の拡充を行うよう各関係機関に働きかけてください。
私たちは、子どもからお年寄りまでが、元気でいきいきと住み続けられる街で商売も暮らしもがんばっていけることを望んでいます。
2006年の中小企業白書の「子どもを産み育てやすい社会」に向けた中小業者の果す役割とありますが、家族で協力し生業を営む零細業者や女性事業主は、公的な責任ある措置や行政の支援なしには、もとで子どもを産み育て、親の介護をしていく事が出来ません。

6、長引く不況や多重債務の経済苦から家庭内DV、セクシャルハラスメントで苦しむ女性の保護、自立支援センターの増設と相談員の増員、民間シェルターの助成をすすめてください。
2004年1月の東京都文化局の調べでも、夫の暴力から逃げられなかった理由の
トップは「経済的な不安」、
2番目が「子どものため、一人親にしたくない」、
3番目が「逃げても見つけられ、よりひどい暴力を受ける」でした。
表面化しない女性の苦しみを少しでも無くし、女性がいきいきと働き続けられるよう施策の充実をしてください。

7、地域活性化のため、大型店の出店の規制や地元中小業者に仕事がまわるように小規模工事登録制度の拡充、市場・商店街の発展のために必要な施策の拡充を関係機関に働きかけてください。
 
 2006年7月20日


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
0

2006/7/12

知らないことばかり・・・  憲法9条を考える

〔西区民主商工会9条の会〕


恥ずかしいが知らなかったことを2点ここで紹介します。
見ていただくだけで、説明は不要です。。。本当に!!


まず、坂本龍一&元ちとせのLIVE  死んだ女の子
http://www.youtube.com/watch?v=F456uGduzeU

元ちとせのボーカリストとしての違った面を始めてみた、そして胸が熱くなりました。




直立不動の少年

http://nakanihon.net/gennbaku.htm

米従軍カメラマン、ジョー・オダネルが残した一枚の写真


(一部文章の修正をしました)
0

2006/7/9

今日は健康診断の日  

 今日は西区民商の健康診断の日でした。 
小零細な我々にとっては健康は第一条件。

参加は61名(申込74名)でした。なかなか100%にはなりませんが、急な所用は仕方ありませんです。
来年は是非受けてくださ〜い。

健康診断の結果報告は、
7月28日(金)
■午後2時30分〜  堀江ヴィラ2F(カフェミロの2F)
■午後7時〜     西区民商事務所


(okatanへ、員数入力をお願いします。)   
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ