〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2007/9/26

研修会議題  勉強会、研修会

秋の運動について


(1)「消費税増税に反対する」国会請願署名
10月23日に婦人部でもあり、副会長&常任理事の計3名が国会議員さんに直接、皆さまからの署名を届けに行きます。

私、あわたんは、数年前に事務局事務員さんと一度、行ってきました。
衆議院会館、参議院会館とそれぞれの会館に入るには、身体検査用のゲートをくぐりぬけてから、会館の中に入ります。
当事は3人の議員さんの事務所にいき、請願署名で来た事を伝えて下さい、と秘書の方に伝えて歩きます。

なかなか事務所に中には入れてくれませんでした。秘書の方(民主党(女性)は普通の対応で、公明党(男性)は丁寧な対応でした)が、事務所の入り口に、立ちはだかる感じです。
共産党だけは、中にいれてくれました。
ホントに狭い部屋でしたが、少ない椅子と小さなソファに座り、秘書の方は立ちんぼで、我々の話を聞いてくれました。

署名の用紙を渡す時は、本当に緊張しましたし、その重みを感じて部屋を出ました。

皆さんの貴重な一筆だ、これからもまだまだ続けていきます、どうか、ご協力宜しくお願いいたします。

<何かたりひんな〜って思ったらこれやった!!>
わたしらが黙ってても何も変わらん!!
声も行動もおこさんとあかんのや!ちゅうことです。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(2)大阪市長選挙が秋にあります。
私たち、中小業者のことも考えてくれる、市長さんを応援します。
こちらも、皆さまのご協力をお願いいたします。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(3)“スイッチオン・にしく 第2弾”を開催します。
秋には昨年に引き続き“スイッチオン・にしく 第2弾”を開催します。
皆さまには、取材のご協力をお願いいたします。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(4)自主計算の応援、記帳サポーターづくりをしていきます。
消費税免税点引き上げにに伴う、記帳や記録保存義務にたいして、自主計算が出来る体制づくりをしていきます。
領収書の整理方法や、その集計、保存管理などを学習していきます。是非参加し、それぞれに合った方法が見つけましょう!


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(5)税金対策
税務調査立会いを経験し、諸税の調査対策の学習を。
又、取引上の消費税のことなど、すぐにでも死活問題になることばかり。
一人では出来なくても、みんなで勉強すれば、それぞれが強い味方です。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(6)組織建設
班・支部の組織のつながりを。もっと顔見知りにならないと難しい、ことではありますが、役員が事務局と同行していきますのでそのときは宜しくお願いいたします。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(7)共済と社会保障
1994年から続けてきた集団健康診断会が中止の危機にさらされています。
詳しくは別のコーナーを設けて、説明したいと思います(レインボーパパさんお願いいたします)


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(8)婦人部の取り組み
婦人部総会を10月ごろに行います。
共済委員会共催で、秋のレクレーションを10月21日神戸異人館&ハーブ園に行きます。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜

(9)会員外の業者さんとの対話も今後も重視していきます。


〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜


0

2007/9/25

役員研修会に行ってきました!  勉強会、研修会

9月23日、24日の祭日を利用して一泊研修会です。
今回は“班・支部活動”を主にした内容と、今後差し迫っている西区民商の行事について、勉強&いろいろと決めてきました。

大商連副会長&住吉民商会長でもある藤川氏の参加で、他民商さんの運動についてもお聞きすることができ、私たち微力な役員にも参考になるのではないかと思っています。

2日間、お世話させてお世話になり、有難うございましたm(__)m

会議風景は後日、事務局okatanもしくはレインボーパパの写真がUPされるかと思います。
シンケンにお勉強しました・・・約1名のいびきでその場の雰囲気も盛り上がると言うハプニングもついてましたが


諸々の内容については、徐々にUPしていきますので、宜しくお願いいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
今回は地元の九条駅に集合し、犬鳴温泉センターさんのサービスで送り迎えしてもらったことは、非常にラクチンでもあり、ゆったりして行けました。有難うございました、センター様。

朝10時集合出発⇒途中、水間観音に寄って行きましょう、というドライバーさんのご好意付き。さんざんココで遊んで12時前に犬鳴温泉センター到着。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〜☆〜☆〜水間観音さんはココまで!〜☆〜☆〜



クリックすると元のサイズで表示します
お宿に到着!

クリックすると元のサイズで表示します

昼食⇒会議⇒休憩⇒会議⇒休憩⇒会議終了(時はすでに16時)

一応説明しちゃいますが写真は休憩中ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

これが一応!?会議風景です

夕食時には、犬鳴き山のいわれ等を女将さんにご講義を受けました。

クリックすると元のサイズで表示します

料理がたっくさん美味かったですよん

研修会予定表では、8時から“夜会議”

クリックすると元のサイズで表示します

これが“夜会議”です
ジュリー・ひばり・たかお・チェッカーズ・・・最後は河内音頭で盛り上がりましたよ〜


ま、そんなことはないです、結構いい加減真面目な藤川氏をお呼びしてるとしても、です。従って会議の内容は情報として公開できません、参加者のみ知る・・・というやつで!!!



翌日は、6時 起床・ラジオ体操
参加者がいたかどうか、私あわたんが目覚めたのは7時ですから、
あずかり知ることもございません。

7時 朝食

9時から12時まで会議・休憩・会議

12時 昼食・・・・その後は自由時間


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さすがは滝の山・・・と言いたいですが、水かさが少なく迫力はあまりございませんでした。でも新緑の中を歩くだけでも心地よい気分になれました。

景色だけではなく、せっかくの“行者の滝”。ちゃんと散策してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中の山道にお祭りしてある祠や神様です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

藤川様、有難うございました。皆さま、お疲れ様でした。

0

2007/9/25

憲法の誕生秘話?  憲法9条を考える

映画 “日本の青空”

資金不足でまだ未払いのことがあるようです・・・
http://www.news.janjan.jp/culture/0703/0703040014/1.php


内閣も変わったことだし、もう一度憲法を考えてみよう・・・・・


  ※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※



憲法草案要綱    憲法研究会案

東大教授 高野岩三郎
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/takanoiwasaburou.htm

論客 馬場恒吾
http://club.pep.ne.jp/~y.hosoya/booksreview/babatsunego.htm

杉森孝次郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E6%A3%AE%E5%AD%9D%E6%AC%A1%E9%83%8E 

森戸辰男
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/dc/morito/

評論家 岩渕辰雄

雑誌編集者 室伏高信
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BC%8F%E9%AB%98%E4%BF%A1

憲法学者 鈴木安蔵
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%AE%89%E8%94%B5

(上記7名が「憲法研究会」をつくり、わずか2ヶ月足らずで「憲法草案要綱」をまとめたという民間のグループ)



根本原則(統治権)
一、 日本国ノ統治権ハ日本国民ヨリ発ス(これって凄いです!)
一、 皇ハ国政ヲ親ラセス国政ノ一切ノ最高責任者ハ内閣トス
一、 天皇ハ国民ノ委任ニヨリ専国家的儀礼ヲ司ル
一、 天皇ノ即位ハ議会ノ承認ヲ経ルモノトス
一、 摂政ヲ置クハ議会ノ議決ニヨル

国民権利義務
一、 国民ハ法律ノ前ニ平等ニシテ出生又ハ身分ニ基ク一切ノ差別ハ之ヲ廃止ス
一、 爵位勲章其ノ他ノ栄典ハ総テ廃止ス
一、 国民ノ言論学術芸術宗教ノ自由ヲ妨ケル如何ナル法令ヲモ発布スルヲ得ス
一、 国民ハ拷問ヲ加ヘラレルルコトナシ
一、 国民ハ国民請願国民発案及国民表決ノ権利ヲ有ス
一、 国民ハ労働ノ義務ヲ有ス
一、 国民ハ労働ニ従事シ其ノ労働ニ対シテ報酬ヲ受クルノ権利ヲ有ス
一、 国民ハ健康ニシテ文化的水準ノ生活ヲ営ム権利ヲ有ス
一、 国民ハ休息ノ権利ヲ有ス国家ハ最高八時間労働ノ実施勤労者ニ対スル有給休暇制療養所社交教養機関ノ完備ヲナスベシ
一、 国民ハ老年疾病其ノ他ノ事情ニヨリ労働不能ニ陥リタル場合生活ヲ保障サル権利ヲ有ス
一、 男女ハ公約並私的ニ完全ニ平等ノ権利ヲ享有ス(それまでの日本はどっちかというと男尊女卑!)
一、 民族人種ニヨル差別ヲ禁ス
一、 国民ハ民主主義並平和思想ニ基ク人格完成社会道徳確立諸民族トノ協同ニ努ムルノ義務ヲ有ス

議会
一、 議会ハ立法権ヲ掌握ス法律ヲ議決シ歳入及歳出予算ヲ承認シ行政ニ関スル順
   則ヲ定メ及其ノ承認ヲ得ルヲ要ス
一、 議会ハ二院ヨリ成ル
一、 第一院ハ全国一区ノ大選挙区制ニヨリ満二十歳以上ノ男女平等直接秘密選挙(比例代表ノ主義)ニヨリテ満二十歳以上ノ者ヨリ
   公選セラレタル議員ヲ以テ組織サレ其ノ権限ハ第二院ニ優先ス
一、 第二院ハ各種職業並其ノ中ノ階層ヨリ公選セラレタル満二十歳以上ノ議員ヲ以テ組織サル
一、 第一院ニ於テ二度可決サレタル一切ノ法律案ハ第二院ニ於テ否決スルヲ得ス
一、 議会ハ無休トス
   ソノ休会スル場合ハ常任委員会ソノ職責ヲ代行ス
一、 議会ノ会議ハ公開ス秘密会ヲ廃ス
一、 議会ハ議長並書記官長ヲ選出ス
一、 議会ハ憲法違反其ノ他重大ナル過失ノ廉ニヨリ大臣並官史ニ対スル公訴ヲ提起スルヲ得之カ審理ノ為ニ国事裁判所ヲ設ク
一、 議会ハ国民投票ニヨリテ解散ヲ可決サレタルトキハ直チニ解散スヘシ
一、 国民投票ニヨリ議会ノ決議ヲ無効ナラシムルニハ有権者ノ過半数カ投票ニ参加セル場合ナルヲ要ス

内閣
一、 総理大臣ハ両院議長ノ推薦ニヨリテ決ス
   各省大臣国務大臣ハ総理大臣任命ス
一、 内閣ハ外ニ対シ国ヲ代表ス
一、 内閣ハ議会ニ対シ連帯責任ヲ負フ其ノ職ニ在ルニハ議会ノ信任アルコトヲ要ス
一、 国民投票ニヨリテ不信任ヲ決議サレタルトキハ内閣ノ其ノ職ヲ去ルヘシ
一、 内閣ハ官史を任免ス
一、 内閣ハ国民ノ名ニ於テ恩赦権ヲ行フ
一、 内閣ハ法律ヲ執行スル為ニ命令ヲ発ス

司法
一、 司法権ハ国民ノ名ニヨリ裁判所構成法及陪審法ノ定ムル所ニヨリ裁判之ヲ行フ
一、 裁判官ハ独立ニシテ唯法律ニノミ服ス
一、 大審院ハ最高ノ司法機関ニシテ一切ノ下級司法機関ヲ監督ス
   大審院長ハ公選トス国事裁判所長ヲ兼ヌ
   大審院判事ハ第二院議長ノ推薦ニヨリ第二院ノ承認ヲ経テ就任ス
一、 行政裁判所長検事総長ハ公選トス
一、 検察官ハ行政機関ヨリ独立ス
一、 無罪ノ判決ヲ受ケタル者ニ対スル国家補償ハ遺憾ナキヲ期スヘシ

会計及財政
一、 国ノ歳出歳入ハ各会計年度毎ニ詳細明確ニ予算ニ規定シ会計年度ノ開始前ニ法律ヲ以テ之ヲ定ム
一、 事業会計ニ就テハ毎年事業計画書ヲ提出シ議会ノ承認ヲ経ヘシ
   特別会計ハ唯事業会計ニ就テノミ之ヲ設クルヲ得
一、 租税ヲ課シ税率ヲ変更スルハ一年毎ニ法律ヲ以テ之ヲ定ムヘシ
一、 国債其ノ他予算ニ定メタルモノヲ除ク外国庫ノ負担トナルヘキ契約ハ一年毎ニ議会ノ承認ヲ経ヘシ
一、 皇室費ハ一年毎ニ議会ノ承認ヲ経ヘシ
一、 予算ハ先ツ第一院ニ提出スヘシ其ノ承認ヲ経タル項目及金額ニ就テハ第二院之ヲ否決スルヲ得ス
一、 租税ノ賦課ハ公正ナルヘシ苟モ消費税ヲ偏重シテ国民ニ過重ノ負担ヲ負ハシムルヲ禁ス
一、 歳入歳出ノ決算ハ速ニ会計検査院ニ提出シ其ノ検査ヲ経タル後之ヲ次ノ会計年度ニ議会ニ提出シ政府ノ責任解除ヲ求ムヘシ
   会計検査院ノ組織及権限ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム
   会計検査院長ハ公選トス

経済
一、 経済生活ハ国民各自ヲシテ人間ニ値スヘキ健全ナル生活ヲ為サシムルヲ目的トシ正義進歩平等ノ原則ニ適合スルヲ要ス
   各人ノ私有並経済上ノ自由ハ此ノ限界内ニ於テ保障サル
   所有権ハ同時ニ公共ノ福利ニ役立ツヘキ義務ヲ要ス
一、 土地ノ分配及利用ハ総テノ国民ニ健康ナル生活ヲ保障シ得ル如ク為サルヘシ
   寄生的土地所有並封建的小作料ハ禁止ス
一、 精神的労作著作者発明家芸術家ノ権利ハ保護セラルヘシ
一、 労働者其ノ他一切ノ勤労者ノ労働条件改善ノ為ノ結社並運動ノ自由ハ保障セラルヘシ
   之を制限又ハ妨害スル法令契約及処置ハ総テ禁止ス

補則
一、 憲法ハ立法ニヨリ改正ス但シ議員ノ三分ノ二以上ノ出席及出席議員ノ半数以上
   ノ同意アルヲ要ス
   国民請願ニ基キ国民投票ヲ以テ憲法ノ改正ヲ決スル場合ニ於テハ有権者ノ過半数ノ同意アルコトヲ要ス
一、 此ノ憲法ノ規定並精神ニ反スル一切ノ法令及制度ハ直チニ廃止ス
一、 皇室典範ハ議会ノ議ヲ経テ定ムルヲ要ス
一、 此ノ憲法公布後遅クモ十年以内ニ国民投票ニヨル新憲法ノ制定ヲナスヘシ

   ※この「憲法草案要綱」憲法研究会案は一九四五年十二月二十六日にGHQと日本政府に提出された。

(↑ http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/suzuki.html
0

2007/9/24

バザー 10月7日(日)  婦人部の活動

9月18日にここでご紹介させていただきましたバザーのご案内!!!


嬉しいです、お電話を頂戴しました。(事務局対応ですので結果は後日にでも)


しつこく、まだまだ募集中で〜す!!!






お願いです!!
バザー用品の提供にご協力ください!


バザー 10月7日(日)
松島公園でやります!!

クリックすると元のサイズで表示します
赤く囲ってあるあたりでやってま〜す。
じゃんじゃん来てください。待ってますよ〜



まだまだ募集中です、ご協力宜しくお願いいたします。

お家で眠っている不用品(気に入らないからって、古くなったダンナとかヨメはダメよ!)あれば、事務局にお願いします。




一部お引取りも可能ですので、お電話いただければ・・・・
その時は美味しい茶菓子付きなんて、贅沢は云いませんから。

宜しくお願いいたします。

近日中に商工新聞の折込に入れさせていただきます。


0

2007/9/18

総理は誰に???  

安倍さんの自殺説、もうやめて欲しい。
死にたいのなら小渕恵三さんのように在任中に脳梗塞で執務不能、とかがいいよ!

でも心身ともに疲れたんでしょうね、ある意味、可哀想かも。

さあ、いよいよですぞ!!

◆福田さん
「私の手で拉致は解決する」とか?
○二年の小泉純一郎前首相の訪朝時。福田氏は拉致被害者の状況を伝えるため家族を別々に部屋に呼んだ。「みんな一緒の場でやって」。家族の蓮池透さんの母親が訴えると、福田氏は「黙って聞きなさい。あなた方の家族は生きているのだから」と制したという。

 蓮池さんは翌年出版した著書でこのエピソードを明かし、福田氏が官房長官を辞任した時には「辞任歓迎」とのコメントを出した。(これは http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200709150213.html 中国新聞からの引用)


ブログのあちこちでも、二人の舌戦はにぎやかに書かれている。
17日午前大阪市内で街頭演説、ここでは対北朝鮮政策をめぐり展開されたらしい。

 福田氏は、日朝平壌宣言署名から5年を迎えたことに触れ、
「小泉純一郎前首相が訪朝後、拉致された人が帰ってきたが、その後の進展がない。私の手でこの問題を解決したい」と表明。
その上で、「核もミサイルも北朝鮮がやめたとなれば、国交ができる。それを1日千秋の思いで待っている」と述べ、国交正常化に意欲を示した。
(下線部分は私が勝手につけたんですが、北と国交を結ぶ、それも、1日千秋の思いで待っている・・・どんなメリットがあるのか?
国交を結ぶこととは、我が国にどんだけメリットがあるかが先決でしょ!
長引く不況、国民が餓死で死んでるのはこの日本にもあるじゃないですか!
そんな国民の一人も救えんでどうする?
北と国交正常化!?
この人、北でウマイ汁吸ってるんやろか?そやから北とお友達になりたいんや!絶対そやっ!!!!)




 一方、麻生氏は
「核、ミサイル問題は進んだが、拉致は取り残されている。対話、対話と言うが、圧力なくして対話は成り立たない。われわれは経験則から学ばなければならない」と、圧力重視の姿勢を改めて訴えた。
(麻生さんのことはお友達でもないけど、圧力重視の姿勢を貫いて、なめたらアカンぜよ!で行ってほしい!!)

◆麻生さん
クチ、いがんでるし・・・・漫画好きやし・・・・舛添要一大臣を怒らせたし・・・郵政民営化にはいっちょかみしてるし・・・・野中広務に対して「部落出身者を総理にはできないわなあ」と云ったり・・・・


●でも演説会では、麻生さんに人気あるようですよ。
麻生さんに突然贈り物−高松の小3女の子から
贈り主は同市内の小学3年生、中野奈々香さん(8つ)。父親に読んでもらった新聞で演説会を知り、自宅ベランダで育てているクローバーの中から「押し花にしたら願いがかなう」(奈々香さん)という四つ葉を探したという。
奈々香さんはこども新聞の愛読者。政治にも興味を持っていたそうで「麻生さんは若いし、面白いことをよく言うので好きです。頑張ってください」とにっこり。選挙情勢は厳しいが、突然の「幸運の女神」の登場に麻生氏も思わず相好を崩していた。<香川ニュースから>



私がここで書いている情報は、ほとんどネット(新聞も一部入っている)からではあるが、悪く書くことも良く書くこともできる。だから判断は他人任せ。ここでは云いたい放題なのだ!
そこでだ、ここで個人的な意見を言っても仕方ないが、
2代目、3代目でなくほかにおらんのかい?、とか、
誰がなっても何も変わんないよ!と言うのでもなく、
入院もせずちゃんと日本を助けてくれる、
そういう人をちゃんと選びたい・・・・と、思っている。
0

2007/9/16

おしっこ  西区民商ニュース

 一見は必要では。
「行動を起こそう」ラストシーンのテロップです。
マイケル・ムーア監督の「シッコ」のことです。上映も終わります興味のあるか方は是非、足を運びましょう。

 この映画、医療問題が大きく取り上げられていますが、エーとビックリするシーン、今のマスコミの報道は、アメリカがグローバルスタンダードの様に取り上げ私たちにはそれで判断してそんなもんかと納得させられていますが。

 ヨーロッパの国の社会保障の制度の進んだ事、でも日本より制度が上回っている事が進んでいるのか、これが当たり前なのではないか。
 派遣やパートで労働時間など社員より低くて当たり前、と思わされているがフランスでは全ての労働者は5週間の有給休暇、病気休みは期間は制限なしで給料100%保障医療費は無料、子育てでは週2回4時間ヘルパーが訪問支援、家族が望む事は全て支援してもらえる。

 いまの、自民、公明政権の行っている構造改革は荒廃したアメリカを追随しているのでは、行く先はあのようになるのか。
 政権を投げ出した、安倍首相苦労知らずの2.3世議員のなれの果てでは。
 国民に目を向け差す為にも、意思表示の行動を起こそうではありませんか。

 映画の中で、アメリカでは国民が政府を恐れているが、フランスでは国が国民を恐れているとインタビューにこたえていました。
0

2007/9/13

安倍改造内閣の顔ぶれが・・・  税金の使われ方

あかん!!
安倍ちゃん、辞任やて。体調悪いんやて?
下痢・・・ウチの局長の持病と一緒!! 


あああああああ〜
まだみんなのこと全部書いてへんのに。


しゃーけど、社会保険庁の奴ら、時効やて、メチャ気分悪い。舛添はん、あんた頭ええねんから、知恵もありそうやからなんか出来へんの??



ココで終わりや、このコーナー。
なんも出来へんでおわってもうたわ、すんまへん

でも、なんでこんなに金・金・金の不祥事が暴露されるんや!!

次は麻生さん???



http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2007/09/k0911.html
厚生労働相舛添要一大臣の記者会見閣議後記者会見概要(H19.09.11(火)10:49〜11:32 省内会見場)
記者の質問にしどろもどろ
ややもすると頭から湯気状態
誰かに釘をさされてるのか、勉強不足なのかしら??


          


模様替え・・・涼しいかな、っておもったけどやっぱし暑い

安倍改造内閣の新閣僚が27日、決まったんですね。
官房長官に元通産相の与謝野馨氏(無派閥)を。
外相には元外相の町村信孝氏(町村派)、
財務相には元防衛庁長官の額賀福志郎氏(津島派)、
新官房長官の与謝野氏が同日夕、首相官邸で発表した第2次安倍内閣の新閣僚は次の通りでした。

●首相 安倍晋三

●総務相 増田寛也(民間)

●法相 鳩山邦夫

●外相 町村信孝

●財務相 額賀福志郎

●文部科学相 伊吹文明(留任)

●厚生労働相 舛添要一
この方は、自分でも母親を長年介護を体験した人。期待してみようかな。


●農相 遠藤武彦
信じられん!!
http://seikainoanun.iza.ne.jp/blog/entry/290421
の4コマ漫画が面白いよ。
でも、なんでこんなに不祥事が次から次に出てくるんじゃ〜?
これって普通に<犯罪>でしょ、でもその<犯罪意識>が無いんやね。これが政治家ですかね。補助金の不正支給。。。。一回この補助金てのをネットでググって見ようぜ、皆の衆。(9/5記)


●農相 若林正俊氏(73)に決まりました・・・どんな人???

●経済産業相 甘利明(留任)

●国土交通相 冬柴鉄三(留任)

●環境相 鴨下一郎
=鴨下環境相 資金団体の借入金に差額800万円 訂正へ=
記載のつど担当者が代わり、整合が取れなかった・・・・
って、ころころ担当者が変わるんは何でや?もしかして、まさか、ちゃうよな?(9/6記)


●防衛相 高村正彦

●官房長官 与謝野馨

●国家公安委員長 泉信也

●沖縄・北方担当相 岸田文雄

●金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)

●経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)

●内閣府特命担当大臣 (少子化) 上川陽子
こんな担当大臣いるんですかね。<大臣>ってつくからには、お手当ても出るんでしょ。でもそれってさ、血と汗と怨みのこもった税金だよね。
前任が高市早苗(旦那の山本拓前農林水産副大臣が松岡利勝前農林水産大臣の事務所費について、「芸者の花代に使った」(その日の内に撤回)と発言したことに対しては「(松岡前大臣の)遺族の方に不愉快な思いをさせ、本人も不適切だったと撤回をして謝罪をしている。適切に言葉を選ぶべきだった」と陳謝 )だよん。
なに考えてるんか、でもこの話が出たときは、ヘンに納得できた(領収書下さい、とは云えんよな)。
ぐわああああっ!税金で芸者遊びすなっ!
しゃーーーけど、だけどですよ、ミンナやってるんでしょ。
個人的には(又これって問題発言かな?)使ってもいいから、どういう政策を持ってそれを、どう実行していったかが大事なんだと思う。いちいち見張ることなんてできないから、おかしいと思ったら声を上げることだと思う。(8/28記)

=資産等報告書で貸付金に記載漏れがあったとして訂正を届け出たことについて「事務的なミス」=
こんなんでええんや!税務署の調査で使わしてもらわな、な!(9/6記)


なんか、一人ずつ、調べていったら結構おもろいわ!
民商と関係ない・・・・大丈夫、見てる人少ないから
0

2007/9/13

ビックイシュー日本版  

ビックイシュー日本版
これは、トップページにも書いてありますが
『ビッグイシュー』は英国で大成功し世界に広がっている、ホームレスの人しか売り手になれない魅力的な雑誌のことです。
その使命はホームレスの人たちの救済(チャリティ)ではなく彼らの仕事をつくることにあります。
1冊200円で販売。110円が販売者の収入になります。



駅などでよく見かけますが、タダ立ってるだけのように見えて、無理やり売らされているんのかなあ、ぐらいにしか思っていませんでした。


今日のこのことは、たまたま遊びにいった<フェア・トレードの店 アチャからの通信>で知りました。


第14回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品
『路上に賭けた人生 〜ビッグイシューという挑戦〜』
(制作:フジテレビ)
<8月12日(金)2時35分〜3時30分放送>
 【8月11日(木)26時35分〜27時30分放送】
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/14th/05-246.html


明日は梅田に出るので買ってみようと思います。
どんな内容か、ご報告します。
0

2007/9/11

エクセル会計で自主計算活動交流会  パソコン記帳講習会

2007年9月10日(月) 大商連会館 3F

市販の高い会計ソフト買わんでも、エクセルで独自の会計プログラムを作っちゃえ、と作った会員さんがいます。
ほんまにおーじょしまっせすんません、ビックリしまっせ、です。

市販のソフトでは、融通性が悪くても我慢我慢、しかし自作のプログラムであれば、使い勝手が悪ければ自分でドンドン改良できる、そこでは、こんなに強い見方があったのだ!ってなことですよ。

政治家のおっさんやおばはん(ガラ悪ぅ)は「正しい記帳」もせんと自分の事は棚にあげ、国民、それもヒーヒーハーハー云うてる中小業者には、ちゃんとせんかい!

これってヘンじゃない??


商売してたら、帳面つけるん、当たり前だのクラッカー。
お上から押し付けられてするもんちゃいます。自分の商売のためにするんじゃ〜


怒っててもしゃーないちゅうことで、
みんなで勉強会しよな、
タダで出来るエクセル会計やねん、
そやけど、多少は簿記もしっとかんと出来へんしぃ、
ついでにパソコンもせなあかんしぃ・・・・・


と、ちょっとパソコンや簿記の初心者さんにはシンドイかもしれませんが、これって自分に降りかかる火の粉を、いかに交わすかにかかってます、あくまでもご自分のことですから、強制するものでもありません。

各民商の事務局には、大正民商・東住吉民商・豊中民商で作成したエクセル会計のデータをCD-ROMで渡してあります。

大正民商ではWebサイトの【エクセル計算】というページにいろいろあります。太っ腹です、全てフリーウェアで勝手に使えますよ♪
私はここの<18年度源泉徴収簿兼賃金台帳 マクロ使用>は使わせてもらいました。
HPがあるのは↑ここだけなんで、残念ですがサイトからのダウンロードはしたくても出来ません。先ずはお近くの民商にご連絡下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
今日は3Fの会議室が満員の盛況でした、皆さんの注目の度合いがわかります。
1

2007/9/10

第15回全国商工交流会に行ってきました!  西区民商ニュース

静岡での全国商工交流会に行ってきました!
って、即UPしたのは、
大阪中小商工業研究所 衣食住関連部会
のブログで、それから暫く時間が経ってしまい、内容をはしょってしまうかもしれませんが、ここのブログも宣伝して来た以上、頑張って書かねばと思いますが、もし間違っていたらコメントで訂正のご指示をくださいまし・・・・

          

西区民商からは、レインボーパパ&okatan&ワタシの三人が参加してきました。
途中で他の民商さんの会員さんや事務局と合流になりメチャクチャ、ハチャメチャ盛り上がった「ヨルの全国商工交流会」もやっちゃいました。
この時の画像が無いのが残念!
でも食べた料理が美味いとか、飲んだ酒が美味い(ゴメン、これは美味かった)というよりも、知らない人との親睦がとれただけでも、意義がある(=無理くりちゃうしぃ)静岡の2日間でした。

          

会場は、毎度の事ながら、なんでこなとこにあんねん!から。
静岡県静岡市 グランシップ静岡↓
クリックすると元のサイズで表示します

会場では、地元の会員さんの物産展、その奥横では、<宣伝のヒント展>↓
クリックすると元のサイズで表示します

          

清水湊次郎長太鼓の壮大な太鼓の音から盛りあげてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


パネルディスカッション基礎講座には〔3時間でわかる新会社法〕に参加してきましたので、ここでの内容を少しだけ。
税理士/長谷川元彦氏(商工新聞にも記事を書かれている方のようです。)
司法書士/古川博昭(知り合いに超似てたんで最初ビックリしました、顔も体つきも。ここでは何の関係も無いです・・・ヘヘヘ)

有限会社制度の廃止はご存知ですよね、民商でも勉強してますから。
興味あった内容としては、役員報酬及び非常勤役員等の役員報酬が実質労働対価が認められるものでないと、認められない。
又たまに、業績悪化に伴い、減額する場合もやむ得ない場合(これはココで書くには説明が長くなるのでやめます。詳しくは当民商にお問合わせ下さい)1回認める、議事録を残す、事前確定届出給与、等の中小の業者にとっては手間と時間がかかるようになってきました。

ほんまに、中小零細の我々小市民をどこまで搾り取って泣かせるつもりなんでしょうね!!
我々としてはココで、全員海外に行ってしまうちゅう手がありまっせ!!
言葉の苦労はあるかもしれんが、それも試練じゃわい!!!


クリックすると元のサイズで表示します


第18分科会〔憲法と中小業者
名古屋大学大学院法学研究科教授 本(もと)秀紀氏
(↑Webサイトリンクしてます。歌も歌って下さるそうですが今回は歌ナシで・・・)

基本的には9条のこと、沖縄の基地の事情のことに興味があり参加したのですが、現実には、憲法と中小業者とは切ってても切れない関係であることが分かりました。

京都の着物の紋入れのお仕事の伊藤様
7.7禁令=贅沢品の製造から販売まで禁止された、というお話。
生活の糧になるもを取り上げて、市民の生活用品まで、取り上げて、それも隣近所が互いを見張る。戦争に行く前に死ぬぞ!

小市民の願いは、普通に小奇麗にしたいだけ。
これからの我々は人格無視の政策には断固反対し、自分で危機感を持って、勉強し考えていくしかないのだろう。

全くアクション映画ではないが、その世界となんら変わらない。

戦車や銃を作って売りさばく武器商人とその売先はアメリカ大統領であるとか、そのアメリカに内紛をけしかけられそれに乗って、夢うつつないかれたヤツ。
そんな国のトップは懐も厚くなり、弾が飛んでこないところで指示のみしとけばいい。

アメリカでも兵士は移民であるとか有色人種である。
結局は、上から押しつぶされるしかないのかもしれない。
ドンドン兵器も新しくなり、その実験体に、今は兵士という人間が使われているのだ。


   ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

日本の自衛隊の力も、決してアメリカに負けない!
と聞いた時には驚いた。日本で報道しない自衛隊の海洋での訓練の情報をネットで入手した、ということでその記事を読んでくださった本教授。

知らないでは済まされない。

基地問題も、沖縄の方が欠席(現地で集会参加?(ここんとこはっきり聞いてなくて申し訳ないです、多分大事な用でこちらに参加できなかったような雰囲気だったと思います))で、神奈川県の同じように横須賀とか座間キャンプで怒り爆発の方が3,4名(だったかな?)参加。
思いやり予算の話をされていました。
これは9条の取り決めを、当事の首相吉田茂(日本のボス)とマッカーサー(アメリカのボスの代理)がしたこと・・・もう一度、当事のことを書いた本を読んで見ようと思う。今回ここで勉強したことが、より深く理解できるような気がするので。


憲法とは
守らなくてはならないもの、私たちの暮らしを良くしてくれるもの、、、、、
国民を守るためには国をしばることも。
憲法を生かすも殺すも市民次第


憲法をもう一度解きほぐしてみよう!

これが、朝9時から夕方4時半までの分科会参加で感じたことでした。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ