〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2006/11/18

スイッチオン!にしく W  中小商工業交流会

大阪商工新聞からの取材もありました。
記事になるのは楽しみです・・・ちょっと恐いのもあり。


当日来てくださった村上さんの写真です。
大商連からもらったのですが・・・これって全部入ってるのかな??

重複しますが、UPします。


クリックすると元のサイズで表示します
今回パワーポイントで紹介するに当たり、
トップのデザインをヤーブリン(お仕事;グラフィックデザイナー)に
作ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく、今までに取材させていただきました20業者さまのご紹介を、
地図と皆さんの写真を使って紹介させていただきました。
西の会員さん、及び商工新聞の読者さんには折込として入るのかな?
(入れて欲しいですね、せっかくですから)


クリックすると元のサイズで表示します
ウチの素晴らしい経営対策部長Dさんと、一番若手部員Iさん(今回は司会担当)です。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで、ご自分のお店紹介をしていただきました。
さすがに、ご自分のお仕事への意気込み、自分だけでなくみなさまにも
。。。という気持ちが伝わってくる良いお話でした。有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します
聞かれる方も、真剣に、また2部の懇親会も豪華さはありませんが、
皆さんココに豪華に話し合っておられました。



0

2006/11/14

スイッチオン!にしく V  中小商工業交流会

画像第一弾をUP致しま〜す



当日は朝からシトシトピッチャンと冷たい雨が降っていました。
お陰さまで開演前は止んではいましたが、それでも傘は必要です。
そして


帰り際には、会場の入り口に置いてある傘立てに、傘が満タン!
皆さん、傘をお忘れです。



いよいよ素人イベントの開演です。パチパチパチ
我々スタッフ?は原稿片手に、

我が経営対策部部長の主催者挨拶が始まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
建築設計の設計士さんです。
バブルの時の話から、今に至る建設業界の話。
医者は金が無くても福祉施設の建物を、いかにして国の援助金で優遇されて建てたかなど。・・・話は尽きなくても、内容はいかに税金の無駄遣いがあるかが分かってもらえたのではないでしょうか。


次は、本来の趣旨である、プロジェクターを使ってパワーポイントで制作した画像を流します。同時に、小山局長のインタビューを交えております。

ご存知でない方に、
まず、彼、小山局長は話を聞きだすのが上手です(ゴマではありません)。
くすぐりながら、その場を楽しく持っていってくれる西の宴会部長です。
今回も、絶対前に出て話してはくれないだろう・・という会員さんがおられるのですが、彼女も躊躇することも無く、小山局長に手招きされたら
とととっと、前の席についてくれました (^-^ ) ニコッ 


クリックすると元のサイズで表示します

■Cafeミローさま
2000年12月に大阪市の認可を受け、障害を持つ仲間が働く作業所として出発。
大阪で人気のパン屋でもあり、ネットや電話でもご注文をお受けします。ぜひご賞味下さい。
大阪市西区南堀江3‐15‐7
TEL6531‐5036
土日はお休み


■Suitdesign&Order Gentryさま
古き良き時代の生地が眠っている!
この生地を使って・・と。
1950年〜70年代の英国製・イタリア製・その他舶来生地のオーダーメイド専門店をオープン。
大阪市西区阿波座1-2-4鳳ビル1F
http://www.suit-gentry.com
TEL/FAX 06-6532-2983
朝11時〜午後7時 日祝第1第2土休み


■あらかしさま
おまかせキッチンあらかしは体に優しく心に優しい料理のお店です。
きのこ料理専門店でもあり、ダチョウ料理も人気メニュー。
http://www.k2.dion.ne.jp/~arakashi/
http://konyaomakase.arakashi.net/
こちらは、奥様が日々更新されているブログです。
大阪市西区西本町3-1-43ーB1F 西本町ソーラービル
TEL・FAX 06-6538-5039
定休日 日曜日


■緑 屋さま
ケール葉(キャベツの原種)のしぼりたてを販売。
(有)遠藤青汁研究所で生青汁を飲んで、衝撃が走り、みんなに広めよう知ってもらおうと、お店を始めた。
目標は西区民全員に飲んでもらうこと。
大阪市西区九条1-24-16
TEL/FAX 06-6582-8139


つづく
0

2006/11/13

スイッチオン!にしく U  中小商工業交流会

民商に入るきっかけって何でしょう?

税金問題、申告から記帳までのこと、融資のこと、会社立ち上げのことで・・・・

諸々、個々の内容で入会されると思います。

西区で入会され、他区に引っ越されても、やっぱり同じとこがいいので、と西区の会員のままでおられる方。
ご紹介で、他区なのに、紹介者が西の会員さんでそのまま、なぜか西区に入会・・・これも様々です。


そして我々役員については、今回参加していただきました皆さんには聞いていただきましたが、今回の主催である経営対策部の部長Dさんが云われまてましたが、多分に事務局から目を付けられた人達が、悲劇にあう(?)運命なのです(笑)


民商は事務局があっての、会員ではありません。
会員があっての事務局なのです・・・
我々の意見が、また我々の商売が滞りなく運営されるために、ひとりでは非力な事業主であっても、まとまれば力を発揮できることを、実践しているのが事務局です(間違っていたら訂正しますので、どなたかアドバイスくださいませ)。

そして、日々の暮らしに関する健康保険のことから、消費税の問題、平和の問題、等などを、我々の意見・希望をまとめているところなのです・・



そして(そしてがシツコイですね)ご自分のお仕事とは別に、ボランティアでうごいているのが役員さん達です。

役の役割も分からずに、役員になっている(私だけ・・・トホホの役員です)私などは、人との繋がりが幅が広くなって嬉しい、という思いがあって続けていますが、一番の目的は、西から民商を変えるぞ!なのです。

古い体制の民商・・・・若い人の意見が通りにくいってことがありますよね。
自分の考えが一番じゃ〜って、その意識を全面にかもし出されるとひいちゃいます、私なんかは。
これって、いまの政局と一緒じゃないですか?
長いものにはまかれろ・・・では、新しいことが出来ません。

新しい業種がドンドン出来てきているここ最近の事情、それに対応出来ない(事業の内容が把握しにくいという意味です)んでは意味ないじゃん!!って思う、今日この頃です(ん?、どっかの日記に似てきた!)


で、西区も最近では
やるからには、何かを残さないと意味がない!!
と力強く言ってもらえる新人役員さんが出てきました。

そんな人達の応援を、また会員さんの事業もさまざま、こんな素晴らしいネットワークを上手く使ってコラボレションしていくのが我々会員の民商という組織を運用することではないかと。

今回<スイッチオン!にしく>は、そんな思いでスタートしました。



スンマセン、ウソです、ええかっこしました。

が、会議を重ねていくうちに、上からの命令ではなく、
会員がしたいことをやるほうがいいじゃん!

それには、こうしたら・ああしたら・・ってなっていき、今回の形に仕上がりました。

初めての試み・・・でしたが、ヤーブリンの独走もokatanの提案もしっかりと土台になりました。
そして、西区事務局のエンターティナー小山局長のインタビュアは左に出るものなし。。。え、右でしたっけ??

そんな小山局長に乗せら(^0^)て、楽しく爆笑させていただきました、ご参加の皆様にも熱い拍手を!!




民商のこと、イベントのこと、役員さんのこと、などちょっこと云いたかっただけですが、毎度の事ながら長くなりました。

取材させていたく会員さんの商売についてのポリシーは素晴らしいものばかりで、プラス素晴らしい人達ばかりだと、これが本当に知り合いになれて嬉しいことでした。
これからも宜しくお願いいたします。

(まだまだ続く)

0

2006/11/12

スイッチオン!にしく T  中小商工業交流会

A氏のしつこいまでの<スイッチオフ!にしく

辞めて欲しかったのか、

 off===停止中にしたいのか?
 on====活動中にはしたくなかったのか?
 どっちもoffの解釈しか出来ないが・・・



今、無事に済んで気分的に落ち着いてきたが、さなかでたえず聞かされると、めげるものがあった(私は、何してるんやろう!ってネ)







何度も何度も会議の繰り返しをした経営対策部の役員、
又一緒に取材に同行してくれた役員さん、
最後に事務局(小山&オカタン)の労力に 


ギリギリまでかかってしまった制作関係の

フライヤー(小さなチラシのことです)を作ってくれたヤーブリンは、仕事の合間での作業・・出来上がったのは開演ぎりぎり。

あわたんのパワーポイント制作も予定とは随分と違っていた。
予定では、前もって、こんな画像を発表する、ということを、取材先に見てもらう予定だった。
素人取材の勘違い、思い込みの修正が解消できる・・はずだったんですが。。。。
しかし、これも、結果はギリギリで当日の11時から事務局に行って仕上げをするという、綱渡り作業だった。
反省多々ありすぎのあわたん。


次回はもっとましなもの(これは私の個人的意見ですが)にし、会員さんだけでなく、会員さん外のかたにも参加してもらえるような、またPRできることにつなげて行きたい・・・会長の言葉にも、またヤーブリンの最後の言葉にもありました。

また、参加してくださった皆さん
個々に本当に素晴らしいスピーチ、有難うございました。


これは全く個人的なことではありますが、人としての思いやり、
昨夜、あわたんは、経営対策部の部長から、お疲れ様のメールを頂きました。
こんなメールを見ると、今までの苦労が帳消しになります。
部長は大腸ガンの手術をしてまだ間がない。
そんな自分が動けない分(我々部員は、部長が顔を出してくれるだけでも嬉しいのですが)を、我々にいつも気配りしてくださる。
メールは、涙が出るほど嬉しかった。


そんな部員さんの支えが、
快くお仕事の合間に取材を快く受けてくださった会員さんが、
今回の<大阪西区民商 商工交流会 スイッチオン!にしく>を大成功させました。


最後になりましたが
午前中は雨で、また肌寒い一日でしたが
多数ご参加していただきました皆さま、有難うございました。

随時、会場の模様は写真などをUPしながらご報告させていただきます。
0

2006/11/1

11.11 スイッチオン!にしく  中小商工業交流会

これが噂の
・・・だれも噂してない、ちゅう話もあるが、それは無視して・・・世界に羽ばたく
西区民商あきんどプロジェクト

クリックすると元のサイズで表示します


11月11日(土)
18:00〜21:00
ミローホールで開催!!

クリックすると元のサイズで表示します

                 






何しまんねん?


まずは参加してください。

数日間をかけて、役員数名が
ランダムに勝手な判断で会員さん20業者さんを選別し取材させていただきました。

おもしろおかしく、また、

地元では有名でなくてもクチコミで有名人も来るよ!

ってなお店も、

地元にもっとPRせな!!

と、今回の企画に賛同してくださったお店や会社の紹介をするんですわ。



今回だけやおまへん!!



続編もありまっせ!!!
・・絶対にせなあきません、と思うとります・・・・・

何かの縁で入ってもうた民商、会費分は回収せな・・・これも立派なPRでっせ!!

会員ちゃう人も参加OK
来たからって、

数人の黒服の男に囲まれて、


にいちゃん、え〜体してるなぁ、ええとこあるで〜ぇ、
民商入れへんか??


てなことは、めっそうもございません。
お気軽にちょっことでも・・・

前もって連絡もらってたらお茶のイッパイもあるかもしれませんよ〜


0

2005/9/6

バーチャルフェア  中小商工業交流会

4日はバーチャルフェアを見ただけで終わってしまいましたが、今回の超目玉(?)企画、各民商さん参加の会員さんの紹介、それもパワーポイントだけでなく、レトロな感じで仕上げたビデオもあり、で、動画だけでなく、BGMあり〜の、漫才のような台詞(大阪弁って普通に聞いても面白いんですが)あり〜ので全部は見れませんでしたが大成功だったように思います、楽しかったですよ。

このまんま営業ツールとしても使えそうですね。

会員さんの頑張りに、また事務局の応援にも感謝ですね。

多分最近になかった企画だったと思います。
大商連の皆様、応援スタッフ(会員さん)、お疲れ様でした m(_ _)m


藤井寺民商の原田さんが、藤井寺民商ブログに書かれていますので拝借してきました。原田さんが書かれている全くその通りで、成作に関わった方のご苦労は又これからの民商運動に良い意味で繋がるのではないでしょうか!

********************* *********************

私は、バーチャルフェアの担当で、すぐに10階の部屋でパソコンの設置をし、コンテンツを上映します。その横では、青年経営者、女性経営者の写真展の準備をしています。

今回、このバーチャルフェアの取り組みについて、新しいチャレンジが沢山あったと思います。パソコンの操作、パワーポイントの操作、デジカメ、ビデオでの撮影、対象者の掘り起こし、何をどのようにアピールするのか・・・それをいかに短くまとめるのか・・・などなど・・

心配事も沢山ありましたが、そんなものは吹っ飛んでしまいました。

今回の企画を担当してくださった方のご苦労を考えると頭が下がる思いとともに感謝・感謝です。

自分の反省としては、沢山の人が、会場にこられましたが、このコンテンツが各民商や団体の手作りであることが伝わったのかな?と言う事です。会員の力を合わせれば、こんなこともできるんだ。ITなんて怖くないことも、全国の人にアピールできたか?なんて考えています。

それよりも、今回、大阪全体でこれだけの企画を成功できたこと、これは大きな力で、これからの運動の輪を広げていく大きなヒント・きっかけになったのではないでしょうか?皆さんの評価が気になります。

・・・二日間立ちっぱなしでかなり疲れましたぁ〜

(経対部:原田)

********************* *********************

原田さん、お疲れ様でした。
0

2005/9/6

中小商工業全国交流・研究集会A  中小商工業交流会

第14回中小商工業全国交流・研究集会にoaktanも行ってきましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します
全国から1,230人の参加でした。

okatanはサービス業の「本物時代の心の通う仕事!」分科会へ。
ここでは、
東邦学園大学教授 芳野俊郎先生
全経済産業労働組合中央執行副委員長 熊谷正伸さん
全商連常任理事 木村正則さん
宮城県商工団体連合会 「葬儀社」の石田光男さん


石田さんの話がすごかった!この方、10年前まで年商3億円の建設業の会社を興してたのですが、いろんな理由があって1円もお金がなくなって会社を倒産・・・。

その後、たまたま見た雑誌で納棺師(亡くなった方を綺麗にする仕事)という仕事を知り、札幌で有名な先生に手紙や電話で会いたいと連絡し続けたが断られ続け、直接会いに行く。そこでも、また断られ・・・次の日、先生が「一度だけ仕事に来い」と言ってくれ、先生の仕事ぶりを見て、今でもなぜだかわからないのだが・・・涙を流して見ていたと。それから、弟子にしてもらい、ずーっと先生につきながら、大学ノートに玄関の入り方・ボタンの閉め方・・・など書いて覚えたそうです。

仙台に帰り、納棺師の仕事を始めたが、2〜3ヶ月仕事はなく(宮城では納棺師という仕事は無かった)、葬儀屋さんに無料でやらせてほしいと頼み、仕事を続けていたら周りの見る目が変わり半年後には超多忙に。2年間で1400件納棺。

その後、あるお坊さんから「お金も出すので、葬儀屋をやらないか」と声をかけられ、マニュアルも一切無く、あちこちの葬儀会場に出かけ、見よう見まねで総合葬祭業として仕事を始める。

葬儀の仕事で出会ったお客さんと信頼関係が生まれ、ボランティアでしていた御用聞き(買い物を手伝ったり・送り迎え・・・)から訪問介護業(介護タクシー・訪問介護)に参入。もともと建築士の資格があるので家のリフォーム業もはじめ、今では従業員10名・登録ヘルパー6名の年商1億円の会社に成長したそうです。

石田さん曰く「相手の困っていることを一緒にやっていたら商売につながった」と。
従業員の方の誕生日会・月1回の慰労会は欠かさないとも。いろんな人との「信頼関係」を築き、どの仕事にも探究心をもって取り組み、現状に満足せず、常に前へと進んでいる。ほんとにすばらしいお話を聞くことが出来ましたよ〜。
0

2005/9/6

中小商工業全国交流・研究集会@  中小商工業交流会

第14回になるという、中小商工業全国交流・研究集会in大阪に参加してきました。

日程及び会場は
9月3、4日 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)です。

中小業者の今後のあり方、今の情勢などを、15の分科会に分けて、一部大学の先生や経済界から専門的な話が聞ける意義あるものでした。

     クリックすると元のサイズで表示します

西から参加した分科会です。
01 ものづくり
05 サービス業
06 料理飲食業
07 新製品・新分野
08 中小業者のネットワーク
11 女性経営者

*********************************
あわたんは「08 中小業者のネットワーク」に参加しました。
ここでは、
兵庫県立大学経営学部教授 佐竹隆幸先生(ズボンをプレスする暇もないのかと思ってしまいました(^@^)先生、ごめんなさい m(_ _)m )
関中協ウイックグループ 河村さん(グループ化で中小企業のパワーアップ)
北海道商工団体連合会 三浦さん(地域経済再生の取組み)
四万十川ウェディング企業共同体 小椋さん


中小業者が、互いに不足している部分を補うことで、存在基盤が強化される。結果「強い企業」さらに「良い企業」として成長することが可能になると。

ここでパネラーとして話してくださった方々は、最初から上手く行ったのではなく試行錯誤を繰り返し、結果的には『本気』の人たちが残って成功した例である。

別枠で、
「わくわくする工務店になりたい」田中工務店さん
ここは、社員が会社に対し不満を持たないこと、お客様・社員様が一番なんだと。
ふむふむ、と聞いていながら
自分の意見を通うそうとするトップダウン式、進歩しないトップの固い頭、そこでは従業員はもちろん、地域とのコミュニティも保てないのがわかる。

共通すことは、地域密着型で、佐竹隆幸先生が“10年前から云ってるのに流行らん!!”といわれていた『亜業種交流』・・・似通った業種が交流する、ということだろう。


先生のお話を聞いていて、あわたんは20年前から『亜業種交流』やってるいるので、今更なんでかなあ、という感じでしたが、西区民商ではやってないんですよね。会員でありながら、他の会員さんのことがわからないから交流ができない、これだけの会員さんがいるのに宝の持ち腐れ。個人情報をオープン出来ない人は別にして、今までの内容は継続しつつ、これからの民商は会員さんの事業をアップさせることができる場にすることではないのか!


会員名簿を早急に作ることを提案してみよう!
とは思うが・・・・・・如何なものかなぁ 


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ