国際ペア碁大会レポート♪

2011/11/22 | 投稿者: kaya

11月19日20日の二日間に渡って東京飯田橋ホテルメトロポリタンエドモントにおいて国際アマチュア・ペア碁選手権戦が行われました。
今回ウチのチビ、いや娘が某強豪Sさんとペアを組み出場を果たしました。→予選の時の日記
私もつきそいというか便乗して東京まで様子をのぞいて来たのでレポします。

クリックすると元のサイズで表示します
毎年世界各国からの代表が集まる国際ペア碁大会、今年で22回目になりました。歴史ありますよね。(もうちょっと世間一般に認知されてほしい;;)

クリックすると元のサイズで表示します
中央の女性、プロ棋士で国際囲碁連盟事務局長である重野先生。海外の来賓の方を紹介していただいたようで、なにやら衣装と名前に反応されてました^^;

クリックすると元のサイズで表示します
第一回戦の様子。なんとか勝てたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
海外の選手や来賓の方を交えての親善対局。
娘は台湾の代表の男の子とペアを組みました。相手は日本の九州代表の方とマレーシア代表の方(東海北陸地区・台湾 vs 九州地区・マレーシア)。マレーシアの方は四カ国語を操り検討のとき台湾の少年の言葉を英語にして日本人二人(娘と九州代表)に通訳していたそうです。才媛だなぁ。マレーシアでは四、五か国語が普通だそうな@@;
あとこの親善対局になんとあの国会議員の与謝野馨さんが参加されてたらしいです@@;;

クリックすると元のサイズで表示します
レセプションのごちそう。というかケーキ。お料理は各国の名物料理(たとえばドイツならソーセージとザワークラウト、スペインならパエリア)を1品ずつ用意されてました。高そうなチーズや生ハムがあったのでいっぱい食べました@@ちゃんとワインが用意されてたのですが体調イマイチだったので遠慮;;惜しかった><。。

クリックすると元のサイズで表示します
その場で切り落としてくれた生ハム。コクがあっておいしかったー。ワイン欲しいよね。ワイン。あったんだけど;;

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左から娘。娘の囲碁友達(ハンデ戦に出場して優勝する。現在東京の大学で囲碁ライフ満喫・囲碁ガール)と、マレージアペアと台湾代表の男の子。すっかり仲良し。

クリックすると元のサイズで表示します
出場者の舞台挨拶。そういえばここで結婚宣言してしまったペア、いえカップルがいたなー。しかも強豪のアマの方だったー。会場わきました。

クリックすると元のサイズで表示します
あこがれの女性棋士向井先生と。プロの先生は本当にたくさんいらしてました。もうオーラでまくり。関西のキムタクと呼ばれていた倉橋九段も写真よりずっとかっこよくてなるほどーと思ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンガリー戦。この対局はnet中継されマイケルレドモンドさんに検討していただいたそうです!うらやますいっ!!ハンガリーペアと娘ペアはこのあと一緒にお弁当を。お二人ともお箸の使い方がものすごくうまかったです!

クリックすると元のサイズで表示します
トロフィーとか楯。5位入賞したので楯もらってきました。賞品はパナソニックのドライアーでした。

クリックすると元のサイズで表示します
これはハンガリーペアと食べてたおべんとう。

選手権戦と一緒にハンデ戦荒木杯もやっていたのですが、こちらの方は小さいお子さんや大学生の出場が多かったです。
そして衣装がすごかった!!
どこの七五三?どこかで結婚式?と思ったら出場者だったー。結婚式と言ってもお色直しの花嫁さんの方のドレスね。ティアラもついて! 小さいお子さんにつきそってるお母様方も気合い入ってましたー。
女子大生の出場者はみなさんキレイさんでまさに今流行の囲碁ガールという感じでした。華やかすぎる。。。ま、まぶしかった。。。

そしてすんごい人数で大会の後はまた立食パーティーが待ってましたー。

また出場できるといいね。予選がなかなか厳しいけど^^;;

選手権戦、ハンデ戦荒木杯とも囲碁きっず関係者やヒカ碁クラブからの参加が多かったようですね。angelさん出場してたしパーティーでkuniさん会ったし。いや囲碁界はせまい@@

大会前には名古屋の有名な囲碁カフェkosumiさんでペア碁の練習対局をさせていただいたようです。マスターのしのさん、mixi kosumiコミュの方々ありがとうございました。
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ