2005/10/30 | 投稿者: kaya

地上波で御覧の方々、ネタバレ注意!!!

↓↓覚悟の出来たかただけクリック!↓↓↓
続きを読む
0

2005/10/27 | 投稿者: kaya

このブログで、まだたった3つしか載せていない読書感想文のうち二つが藤沢周平さんということでわかっちゃうかもしれませんが、十数年前から少しずつですが愛読させていただいております。(あ、獄医立花登手控はもっとずっと昔だぁ・・・)

囲碁をたしなまれたんですねー
名作秀作を長年にわたり多数世に送り出しながら、生涯(おそらく最初に購入したのでしょう)二つ折り碁盤を愛用されていたというのも、なんとなく小説の主人公たちと重なってしまいます。

結核療養所で囲碁を・・・とありますが
私の母の知人も結核療養所に入り、初めて囲碁に触れて、元気になって退院(?)する頃には初段になっていたということを聞いた記憶があります。
母も若かったころということでしょうから4,50年前のお話でしょうか・・・・・
0

2005/10/26 | 投稿者: kaya

mixiのプロフィールのための「みゃさま」を描いてみました。

リクエストは「伊藤かずえ」だったのですが描いて行くうちに・・・・ということで、使ってやってくださいm(_ _)m ペコリ
クリックすると元のサイズで表示します
↑ mixi用

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと大きいのも載せてみた。
0

2005/10/25 | 投稿者: kaya

プルマンベーカリーの一番人気「男爵カレーパン」。
デパート催事場でも、毎回長蛇の列です。
前回は、ここでメロンプリンパンを紹介しました。
こちらも大変おいしゅうございましたが今回は置いてませんでした (T∇T)。

で、男爵カレーパンですがこれこれ!↓↓
クリックすると元のサイズで表示します

きっぱりはっきり美味しいです。
だってカレーいっぱい入ってるんだもーん。
男爵いもも大きくて、ほっくほくなんだもーん。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、ちょーっと油っこさが@@;
やっぱり、メロンプリンパン・プリーズ♪
0

2005/10/23 | 投稿者: kaya

涙、涙の先週でしたが、チャングムもとうとう一人で生きて行かねばなりません。
木の根を食べ、たくましく山から下りたチャングムの目に先週の、あのがめつい女の家が目に入ります。
因果応報というのでしょうか、結局彼女(と、その一家)はチャングムを引き取ることに・・・・
しかし、あのおばさんもすっかりチャングムが気に入ったようですね。
尻に敷かれているおじさんも、忍び込んだチャングムに米を分けたり倒れたチャングムに粥を与えたりと、かなりいい人のようです。

さて、現在の王様とその重臣イム・サホンの悪政で都周辺はキナくささを帯びて来ます。
オギョモとその部下ユン・マッケは王の異母弟を推し立ててクーデターを計画するのですが厳重な監視下におかれている、その王の弟にクーデター計画を知らせる役目に出入りの酒屋に目をつけます。
その酒屋こそ、チャングムが世話になっている あの「トックの店」でありました。
そして、現在なまけもののおじさんに代わって酒を運んでいるのはチャングムだったのです。
これが運命というのでしょうか。

チャングムの働きで王の弟と連絡がつき無事クーデターは成功し、新王がたちます。
その功績で、チャングムは女官候補として宮中へ・・・・・
母との約束「最高尚官」になる第一歩を踏み出します。
しかし、酒屋の養女であったチャングムは 身分が低いという理由でイジメを受けます。

・・・・・ここまでが今回のストーリーなのですが
ポイントとして、いくつかの重要な出会いが、またありました。
まず、トック夫妻(と、その息子)ですね。
そして新しい王様。
女官見習いとなって、早速友情を育みつつあるヨンセン。
(カメを愛する大人しい性格の親友って、どこかで聞いたことあるような・・・
 キャンディ・キャンディのパティのような・・・)
そして今回イジメを扇動したヨンノです。
さらに忘れてはいけないのが、夜中にお祈りをささげていた美少女。
彼女の言葉
「親に無理矢理 王の女として一生結婚できない女官にされてしまった」ので「難しい国の試験に合格して、王様からお茶を振る舞われているお兄様」へ「お別れ」の祈りを捧げていた。
はい、ここが今日の重要ポイントです。
この言葉が生きて来るのは何話か先の話になってしまいますが覚えておいて損はないでしょう。

そして今回、先週に続いてハン尚官さまが登場しましたね。
彼女についていたおしゃべりっぽ赤い服の女官もレギュラーであります。
楽しみですね。

ところで、先週のおさらい。
「チェ・パンスルは、イム・サホン派」ですが今回イム・サホンはクーデターで倒されて家も焼失してしまいましたね。
クーデターの首謀者オギョモに「兵はスラッカンの最高尚官の手助けで薬で眠らせる」というアイデアを出していた男は間違いなくチェ・パンスルでありました。
そしてもちろん最高尚官はミョンイを陥れた張本人で、チェ一族であります。
つまり、あの一族はたった一週間で新しい権力へイム・サホン派からオギョモ派へ寝返っちゃったんですねー。
そういうヤツラだったんですよー。
え?、わかってたって!!!

オギョモに擁立された新しい王様。
クーデター計画に深く悩んでらっしゃいました。
非常に真面目で良識ある新王なんですね。
そのことが今後の政治に深い影をおこしそうな予感が・・・・・。(功労者がオギョモとチェ一族なだけに・・・)
0

2005/10/22 | 投稿者: kaya

ラスト2話となってしまいました。
来週いよいよ最終回なんです。
しかし今回、ひしょーにデジャヴュが多かったですねー。
地上波か始まったばかりだからこそ気付けた幸運。
第1話のちょびっとだけ映った、ミョンイがチャングム父を追ったあの道が・・・・
そして、予告編には第1話のラストであり、第2話の冒頭であったあのシーンの再現が・・・
先の先まで見越した布石だったんですねー。
そして弓の競い合いも第1話に登場しました。
アノお二人は、チャングム父よりずっと腕が上のような(==;

女性(相手)の成長をさまだげない愛し方というのは、どこかで聞いたことがありますね。
(;゜◇゜)「宗方コーチ&藤堂さんっ」
いや、なつかしい・・・・

最後の目まぐるしく働くチャングム。
見た目、まったく変わっていませんがしかしあれは、数年から十数年を表現してたと私は思います。
「大長今さま」という呼ばれ方も板についておりました。
この期に及んで、まだチャングムは最後の賭けに出るようで・・・
次回、感動のフィナーレの予感であります。
0

2005/10/21 | 投稿者: kaya

名古屋駅新幹線口前にあるケーキショップTiffinティフィン
ワンコイン(500円)ケーキセット。

クリックすると元のサイズで表示します
マンゴームースと

クリックすると元のサイズで表示します
モンブランです。

ティフィンのケーキは定評あるので、このセットもまずますなのですがショップで売ってるケーキのセットだと650円で、この150円の差がびみょー

名古屋市中村区椿町7-1 OVA21ビル1F
052-453-6500
朝10:00〜夜10:00(LO夜9:30)、(日・祝)朝10:00〜夜9:30(LO夜9:00)

※2011年現在、このお店は現在うすけぼーになったようです。
http://gourmet.walkerplus.com/153158607001/
ぱっと見、以前と雰囲気かわらないような。。。。
0




AutoPage最新お知らせ