2005/10/20 | 投稿者: kaya

なーんか、すみっこでチョコチョコ描いてるな・・・と思ったらこれでした。
ここのところ、あのフラッシュ見てないのに
記憶だけで描いちゃうあたり・・・・私以上にはまっていたらしい。
クリックすると元のサイズで表示します

チラシの裏に描かれたもので、これがほぼ実物大。
もちろんオリジナルはモナーby 2ch・・・・でいいのかな?
どこからか、苦情が来たらすみやかに削除します@@
0

2005/10/17 | 投稿者: kaya

先週から地上波で始まったチャングム。
今週はいよいよ子役「チョ・ジョンウンちゃん」の登場です。(先週、ラストにちらっと)かわいいんです。
お父さん、娘にあまあまです。
お母さん、そのぶん厳しいです。
そりゃそうだ、二人とも時の権力に追われる身なのですからそして、その死を「予言」されている身なのです。
うかつなことをして目立ってはいけません。
チビチャングムは、言い聞かされてはいても あまりにも幼いです。
そして先週の「予言」の内容で、聡明な視聴者ならすぐおわかりと思いますがお父さんを死なせる運命の3人目の女。
間違いなく、それはチャングムです@@;
いいんです。
さらに「予言」は、3人目の女は多くの命を救うと続くのですから><;
ちなみに手配書のお父さんの似顔絵・・・・似てませんでした。

ところで先週、太皇太后さまの食事に毒をまぜたところをミョンイに見られたソングム、そしてそれを命令したと思われる最高尚官。
今週は彼女たちの実家、チェ家が登場しました。
チェ一族の現当主はソングムの兄パンスルです。
再び都に現れたミョンイを(男の子に化けた)チャングムごとさらってしまうのですが、女官時代のミョンイの親友ハン尚官(先週ミョンイの「万が一のための用心よ♪」で命拾いした女官のペギョンですね)によって、役人に踏み込まれます。
そのとき、パンスルは「私はイム・サホンさまの御用を預かるパンスルだ」とかなんとか言いましたよね。
ここ、今週の要チェックです。
チェ一族はイム・サホン派であります。
覚えておきませう。

もう一つのポイントは、ミョンイに金をせびったがめついおばさん。
腹たちますよねー、人の足下みて!!!
でも、彼女のことも来週まで覚えておきましょう。
そうそう、あと一人。
ミョンイを捕まったお父さんに会わせようと、えらいお役人ぽい人に「罪人の妻ではなく妹です」と偽って会わせようとしていましたよね。
そのときの右側の緑の服のおじさんも覚えておくといいかも
って、すでに誰もおぼえてないかもしれませんね><;
あのおじさんの次の登場は5話あたりです。(ようするに、二人ともレギュラーメンバーになるわけですが)

あとね、あとね
チャングムがお母さんに食べさせた野苺が、のちのち・・・・
なんていったらきりないですね@@
ではまた、第三回よろしくっ。
0

2005/10/17 | 投稿者: kaya

チャングムは、王様は、ミン・ジョンホは官僚たちの慣習の壁を打ち破ることができるのでしょうか。
おそらく歴史上、こういう例はいくらでもあったのだと思うけど 特殊な例として特殊な立場(役職)を作って切り抜けてきたのだろうなぁと思います。
ドラマでは闘っていますが、本物の大長今も「大」の名をあたえることで、あくまで特例として存在したのではないかと想像します。
しかしドラマは一歩踏み込んで、才能があれば誰もが・・・という環境を作ろうとしているのではないかと思います。
今までチャングムの努力を知りつつも、その功績を貶める発言をし続けたウンビが今週にいたって、「チャングムにできるならわたしだって・・・」と上を目指す努力をはじめています。
このウンビも歴史書に名前が残っているそうですが、これも実際に研鑽し合った結果だったのでは・・・・・
 と、いいつつも ドラマはまだまだ多難な52話でした。
さぁ、ラスト2!!!
0

2005/10/11 | 投稿者: kaya

イラストというより、写真加工なんですけどね@@
せっかくペインターかあるのに、眠っていたので・・・・
しかし、慣れないので それなりに難しかったorz
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/10 | 投稿者: kaya

■ 総合TV「宮廷女官チャングムの誓い」第1話
 とうとう始まりましたね。
今回は韓ドラお決まりの「親の時代の因縁編」です。
チョンス(チャングム父)か関わってしまった中宮様毒殺事件。
あまりにもゴーインで問答無用の処置は、裏の政治的駆け引きが匂うし、後々の陰謀の数々が宮廷の伝統だったのね・・・と思えます。
しかしチョンス気が弱いですね@@
予言を信じて40過ぎまで女性に近寄らなかったために免疫が出来ていなかったんでしょうね。
問題の女性と知りつつミョンイにコロっと・・・けど、やってること完全にストーカーでしたね。
でもでも、さすがに武官は強い。
目の前のアクションでミョンイもコロっ。

ペギョンはミョンイの「万が一のための用心よ♪」によって助かったことになります。
そしてペギョンも暗がりと、どさくさにまぎれて解毒剤を・・・手紙までしのばせて!!
素早いですね@@

Blood+
種デス、早々に見切りをつけ こっちの放送開始を楽しみにしていました。(ファンの人ごめん)
制作は飛ぶ鳥落す勢いのProduction I.G
元ネタは実は見ていないんだけど数年前、超話題になった「BLOOD THE LAST VAMPIRE
攻殻キル・ビルな匂いがプンプンしますね。
しかし第1話の血なまぐささは・・・これ夕方6時台に放送していいの?@@
冒頭のベトナム戦争思わせる戦場での兵隊と鬼、逃げ惑う人々。
ラスト近くの学園に現れた鬼。
餌食になる先生の描写はの生々しいこと。
来週も絶対見ちゃうんだけど、子供に見せて大丈夫と言えない私のお年頃♪
まぁ、とりあえずムスメも一緒に見てましたが怖がって画面きちんと見てなかったようにも見えました。

■(新番組じゃないけど)焼きたてジャぱん
前回はスペシャルでした。

パンの国際大会のはずなのですが、審査員のヘンなリアクションの方を期待してしまっています。

「僕にはまだ帰れるところがあったんだ、こんなに嬉しいことはない」
「ピエロ、行きまーす」
「悲しいけど、これ戦争なのよね・・・」
これ、全部審査員ピエロのパンの感想として語られたセリフです(==;
目だけピエロの名探偵コナンも登場しました。
(だいぶ前には、ガイア、マッシュ、オルテガがパン職人としてジェットストリームアタックを披露してます)
そこまでやるか? って、たぶん誰もが思っているでしょうが、これはもう、そういうアニメなんだと割り切るしかないですねっ。

前々回、原作に登場した板東英二がハクサイに差し替えられていたのは大人の事情なんでしょう。
このまま行くと来週はメー○ルが登場するはずなのですが予告に登場してないので、これも大人の事情の可能性が・・・何に差し替えられるんだろう。
ドキドキ

■先週から始まったデザイナー
ついさっき、初めて見ました。
おおむね原作(一条ゆかり)で見たシーンなので、「ふむふむ、順調に進んでるな」と思ったのですが公式サイトのストーリーを見ると、ずいぶん新しいエピソードが加わっているようで、そりゃコミックス2巻で連ドラなのだからしかたないかぁ、という感じです。
鳳麗香・国生はちょっと若い&顔が丸い感じがして冷酷な感じを受けません。
亜美・松本莉緒、彼女はほんとに70年代少女漫画にしか登場しないようなゴージャスキャラ演じたら天下一品ですね。
朱鷺はやっぱり、今では韓ドラくらいにしか登場しない超金持ちの王子様でした。

↓注・ややネタバレ?
彼に付き従う柾さんも、ほぼイメージ通りですが
連載当時小学生だった私には、いい大人の男が主人に服従するあまり小娘に嫉妬するあぶないモーホーというのがまーったく理解できませんでした@@;

↑ここまで
ということで、今後の展開がちょっと気になりますね。
まぁ、毎日は無理ですが ちょっと見て見ようかな・・・という感じです。
0

2005/10/9 | 投稿者: kaya

地上波で御覧になりはじめた方はネタばれ覚悟で呼んでくださいね♪

えっと、まずウッチャン出てましたよね。
そうです、あの「医女さまーm(_ _)m 」のレゲエっぽい三つ編みいっぱいのおっさんです。
見れば見るほどよく似てます。
社交ダンス部でラテン踊ってたとき、あんな感じじゃなかったかなー

今回、皇后の「医女なんかに大事な子供を云々・・・」「医務官ならできたはず・・・云々」が、状況を大きく物語ってました。
ドラマとして見ている私には、チャングムにしか救えなかったというケースを連続技のように見せられたのですが、当事者たちには「チャングムはたまたま状況に恵まれた。男の医者なら簡単にできた」なんですね。
だからウンビには「目立ちたいだけ」にしか見えなかったのでしょう。

イクピルさんは、自分が(優秀な)医者だから なんとなくわかってはいたのでしょうけど頭でわかっていても、認めることができなかったということでしょうか。
技術ではなく「愛」だったと気付くことで素直に非を認めることができたのでしょうね。

ウンビが気付いたのは「医術に携わるものは、人を救ってなんぼだ」ってことかな・・・と、ミもフタもなく書いてしまう。
シンビが指摘したように仲良しクラブでいることより多くの患者を救うことこそが大切ということですよね。

皇后は・・・・・どうなんだろ。
不思議なのは(他の医務官が手をこまねいてたのに)チャングムが救ったという事実に もはや誰も驚かなくなってること。

チャングムに官位が与えられて大騒ぎになったのは男性用の官位だったからなんですね、きっと。
順番だけだったらミン尚官やヒラ女官のチャンイよりずっと下なのにあれは男に与えられるものだ、だから許せないということなのでしょう。
そして実績をどれだけ見せても認めることができない(自分の命を救われたらコロっとかわるんでしょうね)石頭の官僚たちにオークションのように反発するかのように位をつり上げる王様。
優秀な医者に、医者としての位を与えることの何が悪い。。。。ということかな。

チョンホさまがあれだけチャングムの仕事に理解があったのはというか、けしかけていたのは
最年少で科挙に主席合格して、年齢にそぐわない地位を与えられ性差ならぬ年齢差の壁で似たような経験をして来たんでしょうね。

予告を見る限り、来週は官僚たち「女性としての官位ならOKよ」という懐柔策を取るらしい。
すなわち「側室」です。

われながら、まとまりのない文章で失礼しますm(_ _)m ペコリ
0

2005/10/8 | 投稿者: kaya

今日、母が無事退院しましたー。
1ヶ月ちょっとの入院ということで(最初は3週間くらいという話)
でも、状態は当初思ったよりかなりいいのでよかったです。
娘の最初の骨折より治りが早いくらい。

病院でドイツ製の杖をリハビリ用に購入しまして、それがおしゃれだったのでかなりご機嫌でした。
たしかに、すれ違うお年寄りの杖と比べると・・・ダークなグリーンがヨーロピアンテイスト。


みた目、重厚でいて実用性に富んだ所など(軽さ、グリップの握りやすさ)、まるで高級ドイツ車を思わせる。(メルセデスかっ(;゜◇゜))
0




AutoPage最新お知らせ