2007/4/19 | 投稿者: kaya

あれは・・・あれは・・・
懐かしい、あの「姉さん、事件です」で有名な
「ホテルプラトン」? ( ̄∇ ̄iii)

い、いいんですけどね。。。。高島弟とか石の森Jr。とか出てこないかな

ホテル・オーシャン社長(大杉蓮)の心臓発作シーンでウチの娘が一言
「デスノートに名前書かれたな!」 ・・・・や、やめてorz

お話は原作2話分以上を一気に飛ばしてましたね@@
砂漠に置いてきぼりシーンもなかったし・・・かわりにひったくりシーンが。
ヨンさまはオリジナルキャラなので、別世界の住人のように浮いていた気が・・・

あの奥様の役、誰がやるんだろ・・・とキャスト見て高橋ひとみあたり似合いそ・・・と思ってたらほんとに高橋ひとみが出て来たのには笑えた。

上戸彩が可愛すぎる気がする。。。キャリアウーマンぽくない
韓国語はオロナミンCのCMを思い出してしまった。

ホテリアー公式サイト
0

2007/4/18 | 投稿者: kaya

すっかり遅くなってしまいましたが、三谷・新選組感想のラストであります。

続編というより土方(山本耕史)と榎本(片岡愛之助)+大鳥(吹越満)の作戦会議がドラマの主軸で背景に函館の戦い。
おまけの新作回想でお亡くなりになった方々とのなごみシーンという感じでした。
続編と言うより、大河巨編の番外編という雰囲気。

本放送では裏番組に古畑(犯人は沖田の藤原竜也)というとんでもない悲劇に見舞われ視聴率に恵まれなかったのですが、89分の短い時間で 「もし五稜郭が落ちなかったら・・・」な世界が土方の戦略、榎本の北海道開拓計画として語られて いい夢を見せてもらった心地になりました。

土方の最初の「待たせたな(ニヤリ)」はファンサービスですね@@
尾関は相変わらず旗持ち。
島田は怪力なのに気が弱い(ヘビにビビって大声)
劣勢が明らかな中、敵の兵糧ぶんどってくる元気さは、さすが新選組!レギュラーだった生き残りは3人だけど><;
近藤のよき理解者だった永井様(佐藤B作)は土方の助言者っぽくなってるし。
「ごめんなさい、でいいじゃないか」
名言です。

松平容保と斉藤一が回想シーンでひっそり都近藤のお墓を作る。
大鳥はせっせと五稜郭のジオラマを作る。
ツッコミ入れたるなるほど立派なジオラマだんだけど・・・・・これといい勝負なくらい

鵯越がなければ歴史は変わっていたのか・・・・・

サンドイッチが食べたくなってきた(謎
いま北海道に、牛は何頭いるんだろ。
彼らの夢の数十万等の牛は、おそらくかなってるよね。
北海道ワインも、ちゃんと存在するのね。。。。
夢が食べ物系で現在に実現してるということでハッピーエンドか。。。。。。ということで、ひとまず〆させていただきます。
0

2007/4/16 | 投稿者: kaya

◇第48話「流山」
流山で近藤の正体が発覚して捕縛されてしまうというのが全体の流れなのですが、古田新太の有馬藤太、と香取・近藤のやりとりは、まんま「勧進帳・安宅の関」でしたね。
有馬、かっこいいーの。
影から銃を有馬に向けている土方もかっこいいの。
緊迫した場面で、有馬を欺き通したと思いきや、捨助登場で「げげっっ」と焦らなかった人はよもやいないでしょう。
その捨助が最後の最後で空気を読んだというのが、いかにも芝居じみてるけどやっぱり、かっこいいの。

加納くん、よかったよ。
よくよく考えると今までの経緯からいって、あそこは「こいつが近藤勇だーっ!」みたいな流れになってもおかしくなかったはずなのに。
局長近藤勇と新選組隊士に戻ってたのよ。
「局長」って手をついて頭を下げるとき、もう背筋がピンと張ってるの。

続きを読む
0
タグ: 新選組!

2007/4/14 | 投稿者: kaya

今日は名古屋人の心のふるさと「コメダ珈琲店」名物シロノワールをご紹介します。
(最近は全国展開になって来たらしいですが>コメダ)

クリックすると元のサイズで表示します
平均的なコメダの入り口。

クリックすると元のサイズで表示します
ウッディでオーソドックスな店内。

クリックすると元のサイズで表示します
これがシロノワール。お好み焼きというか、モダン焼き大の厚さ大きさのデニッシュパンに、にょろっとソフトクリームがのっかってる。これにメープルシロップをたっぷりかけて食べる。パンがアツアツのため、ソフトクリームがとけきる前に一気に食べ切らなくてはならない。
がんばれ!!

クリックすると元のサイズで表示します
シロノワールのメニュー写真。直径9cmのミニサイズが390円で発売されたらしい。ミニサイズなんて邪道である・・・

クリックすると元のサイズで表示します
濃いめのコーヒー360円は、おなじみのおつまみ付き

パンにソフトクリームとシロップが乗っただけのシンプルなシロモノなので
これを名古屋名物と言っていいのか悩むところなのですがwikipediaに名古屋めしとして紹介されていたので問題ないようです。
0

2007/4/13 | 投稿者: kaya

公式サイトが、やっとオープンされました。
言わずと知れた韓国ドラマ「ホテリアー」のリメークです。

シニョンさんが上戸彩、ハン・テジュンが田辺誠一、ヨンさまが演じたシン・ドンヒョクが及川ミッチーのようです。
うわっ、ソン・ヘギョが演ったお嬢様役がサエコですね@@;
日本語版吹き替えの声のとイメージかぶるからいいのかな。
アノ役は竹中直人で、もうすべてが頭に浮かんでしまう・・・
社長夫人の片平なぎさは、原作よりヤリ手感が漂います。
副総支配人は東幹久かぁ・・・ある意味似合うかも><;

なんて言ってて今気付いたのですが、韓国ドラマとして見ると、先が見えなくて「ドキドキ」したんですが
(なんたって、あのヨンさまが憎まれ役で登場ですよ@@ はじめは主役の扱いとは思えなかったし)

配役見るだけで、なーんとなく内容 予想ついちゃうし。。。
なんというか「エースをねらえ!」や「アタックNo.1」や「アテンションプリーズ」な香りがぷんぷん漂うんですよね。
テレ朝・木9枠(アテンションプリーズ以外は)で上戸彩ということで覚悟しておかなければならないんでしょうねー。


ちなみに、本家と同じドンヒョク役でヨンさま登場というのがウリのようなんですがドンヒョクって、契約社会アメリカでエリートやってて 巨人の星で言えば花形的ポジションと言うか(激違

冬ソナのヨンさまで「ほわわーん」となった乙女たちにシャープで冷酷な一面を見せつけ、さらに「きゅわーん」とハートを鷲掴みしてしまった(?)役柄なのですが
サイトの画像を見ると「微笑みの貴公子by冬ソナ」になっちゃってますね・・・・・
0

2007/4/12 | 投稿者: kaya

◇第45話「源さん死す」
大阪城内の沖田の病室の広さ、ギャグかと思いました。
(わざとらしい程のカメラワーク)

幕府側のエラい人若年寄、出て来る人出て来る人威張るだけで何もしないの。
こういう上司って、いるいるー・・・みたいなタイプ。
鎌倉時代から抜け出たような鎧に着られているような老人とかも。

最近 けが人続出で 医術の心得のある山崎が呼ばれまくってます。
この活躍ぶりも、(再放送の)今から思うと次回への伏線だったりするのかな。

気弱になる岩倉卿。
そこで思いついた大久保の「錦の御旗」作戦。
これが当たっちゃうのだけど、ホントに歴史のターニングポイントってたくさんあるのね@@
続きを読む
0
タグ: 新選組!

2007/4/11 | 投稿者: kaya

とにかく大評判のようです。
(※safariで上記サイトへ行ったら、なぜか落ちました。firefox はOK)

娘と2人で視聴したのですが、彼女は床に突っ伏して笑い転げておりました。
純粋培養しすぎてしまったようで、耐性ができてなかったようです。
反省・・・

ストーリーはマジシャン美女軍団がイリュージョンショーで観客を洗脳。(サブリミナル効果)
人々を小ワルの道に走らせるというもの。
小ワルの内容の内訳は、幼稚園の砂場あらし、落書き(相模原を大相撲だったかな)、自転車のタイヤの空気を抜くという大掛かりな仕掛けで手間ひまかけた割に、効率の悪い悪事ですね。。。
(娘いわく「悪質っ!」らしい。もちろん良い子はマネしてはいけません)

パンシャーヌのシャワーシーンと思わせて、実は猫ひろしというのは視聴者のほとんどが読んでいたんでしょうね・・・

パンシャーヌの特訓・・・敵が暴れ回ってからって泥縄な。
トカベンで見たようなのやってたな@@
うさぎ跳びは・・・アナクロさを表現していたにちがいない。。。

来週は偽パンシャーヌ登場。
敵=ゲストはWAHAHA本舗の梅垣義明のようです。
彼の(観客が波打つほどのインパクトある)シャンソン(?)は、とても懐かしいです。


でも、感想はこれで最後かも・・・毎回同じこと書きそうで・・・

パンシャーヌ公式サイト
0




AutoPage最新お知らせ