2007/5/3 | 投稿者: kaya

岡山県岡山市にある「吉備津神社」では、50年に一度の本殿・拝殿屋根の葺替修理が行われており、その様子が6月まで一般公開されています。(土曜日のみ)

先日、夫が見学に行き 修繕風景を撮って来たのでこちらの方にupすることにしました。
が、その前に「吉備津神社」の紹介をかねて今日は昔行った時の(バブルのころかも(==;)写真を紹介しますね。
クリックすると元のサイズで表示します
吉備津神社の入り口です。

クリックすると元のサイズで表示します
上の方に見える二つの屋根が今現在修理されているところです。

クリックすると元のサイズで表示します
10数年前でも、充分年季を感じる色合いですね@@

クリックすると元のサイズで表示します
境内に張り巡らされた回廊です。写真はほんの一部ですが、実物は見応えのある長さです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが本殿になりますが、屋根が切れててごめんなさい@@;

吉備津神社」では鳴釜神事という占い(神事)が行われています。
釜の鳴る音で吉凶を占うそうで、釜の火は1年を通して絶やされることは無く、その下には吉備津彦に退治された温羅(うら)という鬼の首が埋められていると伝えられていて 釜の鳴る音は温羅が鳴らしているものと考えられているうようです。(桃太郎伝説の元祖?)
吉備津彦は第七代天皇の皇子ということらしいので、軽く2000年を越えるくらい昔のことということになるのでしょうか。。。。

鳴釜の神事については雨月物語の「吉備津の釜」(江戸時代のホラーですね@@)で有名だそうです。

吉備津神社2(修繕風景)に続きます。


■おすすめリンク
岡山のオトクなグルメ情報クーポン!
倉敷のオトクなグルメ情報クーポン!
0
タグ: 吉備津神社

2007/5/1 | 投稿者: kaya

昨晩からNHKのBS-2で放送されているのですが、面白かったです。
   ↓
http://www.nhk.or.jp/kaiki/

昭和43年に放送されたもののリメイクなのですが(もちろん、本放送は知りません)、放送後にちゃんと旧作を放送してくれたんです@@

2007年怪奇大作戦セカンドファイル「ゼウスの銃爪」
   ↓
昭和43年怪奇大作戦「恐怖の電話」

X-Fileっぽいです@@(新旧ともに)
CG使いまくりでストーリーもSFちっくなミステリー作品を見たあと、同じトリックで、特撮で38年前に放送されていたことがわかるというのは、二重においしかったです。
ココリコの田中くんがいい味だしてたり。

今日深夜以降のスケジュールはこちらで確認して下さい
   ↓
 http://www.nhk.or.jp/kaiki/oa.html
5月4日(5月3日深夜)まで。
0




AutoPage最新お知らせ