チャングム51話感想♪

2005/10/9 | 投稿者: kaya

地上波で御覧になりはじめた方はネタばれ覚悟で呼んでくださいね♪

えっと、まずウッチャン出てましたよね。
そうです、あの「医女さまーm(_ _)m 」のレゲエっぽい三つ編みいっぱいのおっさんです。
見れば見るほどよく似てます。
社交ダンス部でラテン踊ってたとき、あんな感じじゃなかったかなー

今回、皇后の「医女なんかに大事な子供を云々・・・」「医務官ならできたはず・・・云々」が、状況を大きく物語ってました。
ドラマとして見ている私には、チャングムにしか救えなかったというケースを連続技のように見せられたのですが、当事者たちには「チャングムはたまたま状況に恵まれた。男の医者なら簡単にできた」なんですね。
だからウンビには「目立ちたいだけ」にしか見えなかったのでしょう。

イクピルさんは、自分が(優秀な)医者だから なんとなくわかってはいたのでしょうけど頭でわかっていても、認めることができなかったということでしょうか。
技術ではなく「愛」だったと気付くことで素直に非を認めることができたのでしょうね。

ウンビが気付いたのは「医術に携わるものは、人を救ってなんぼだ」ってことかな・・・と、ミもフタもなく書いてしまう。
シンビが指摘したように仲良しクラブでいることより多くの患者を救うことこそが大切ということですよね。

皇后は・・・・・どうなんだろ。
不思議なのは(他の医務官が手をこまねいてたのに)チャングムが救ったという事実に もはや誰も驚かなくなってること。

チャングムに官位が与えられて大騒ぎになったのは男性用の官位だったからなんですね、きっと。
順番だけだったらミン尚官やヒラ女官のチャンイよりずっと下なのにあれは男に与えられるものだ、だから許せないということなのでしょう。
そして実績をどれだけ見せても認めることができない(自分の命を救われたらコロっとかわるんでしょうね)石頭の官僚たちにオークションのように反発するかのように位をつり上げる王様。
優秀な医者に、医者としての位を与えることの何が悪い。。。。ということかな。

チョンホさまがあれだけチャングムの仕事に理解があったのはというか、けしかけていたのは
最年少で科挙に主席合格して、年齢にそぐわない地位を与えられ性差ならぬ年齢差の壁で似たような経験をして来たんでしょうね。

予告を見る限り、来週は官僚たち「女性としての官位ならOKよ」という懐柔策を取るらしい。
すなわち「側室」です。

われながら、まとまりのない文章で失礼しますm(_ _)m ペコリ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ