2013/8/29 | 投稿者: kaya

公式サイト

以下、感想です。すでに見た人用ですね(多少ネタバレあります)

まず、よく言われている「計算尺萌え」。

この話を聞いたとき、きっと主人公が製図板に向かい、手慣れた手つきで計算尺を使うシーンが何度も出て来てそれがかっこいいんだろうなと想像していたのだけど、あの使い方は盲点だった。もちろん関東大震災の混乱のあのシーンです。

まぁ、あれは惚れます。



次に「ビン底眼鏡男子萌え」。

かつてダサイの代名詞だったはずなのに。

眼鏡を取ると、二郎がかなり端正な顔でであることは少年時代のシーンで描かれてます。
大人になってからは一度。あとはずっと眼鏡姿なのだけどその眼鏡のつるとレンズが二郎の顔に影を落とす。その影のゆがみ具合で度がかなり進んでいることが伺い知れる。そして、その眼鏡を通した光景が微妙に歪んでいる。その表現の細やかなこと。
そして菜穂子危篤の電報に飛び出し電車に乗るシーン。
車中でノートを開き、仕事を始めるけどノートに水滴が。あぁ、涙なんだろうなと思った瞬間スクリーンは二郎の顔のアップ。涙が眼鏡のレンズに大量にたまり溢れ出し、それがノートに・・・そこまではさすがに読めなかった。


次に、よく批判の対象にもなってる声優と煙草問題。

○声優 二郎はスペック高い。いじめっ子に立ち向かったり、キヌ(菜穂子 付きの女中)を震災の混乱の中おぶったり、三菱で最も優秀な新人技師だったり、「会議は踊る」を原語で歌い出したりする。こんなキャラを、たとえば宮野真守だったり福山潤だったり緑川光だったり子安だったり石田だったり、とにかくイケメン声だったら背中がかゆくなって腹が立って暴れ出しそうなので、よく考えると庵野でよかったというか、慣れた。むしろ棒な庵野で安心した。


○煙草 同期の本庄や高原のホテルで外国人相手に煙草をあげたりもらったりのやり取り。2、30年前まで煙草はコミュニケーションツールでもあったということを思い出した。



二郎に計算尺を届けたのはキヌか菜穂子か。

キヌだったとしたら、縁談が決まっていたので会わずに初恋にさよならする気持ちで帰ったんだろうなぁ・・・ここには映画では描かれないキヌのドラマがあったに違いない。
二郎はキヌと思い込んでいたのだけど菜穂子の線もやっぱり捨てきれない。二郎の所在を突き止めのは菜穂子の家の財力と思う。(菜穂子の実家にしても、娘と女中まで助けてくれた恩人)

夢のカプローニは二郎の水先案内人か。。。。

カストルプ、クレソン食べ過ぎ。



ゾルゲがモデルって話、たぶんそうなんでしょうね。日中戦争(らしき)話を二郎に話している最中に他の人が横を通り過ぎるときピタッと話が止まったし、彼と接触したから特攻に目をつけられたのだろうし。。。


会議は踊るの原語の歌。
避暑地の高原ホテルでカストルプがプロっぽい達者な手つきでピアノを弾き歌い出す。これは外国人設定だからいい。次に二郎が歌い出す。歌えますアピールか!さらに菜穂子の父も歌い出す。「私はお金持ちなだけではない。留学経験もあるインテリなんだよ〜ん」と聞こえたのは私のひがみか。いや、そうではない。結局そういう階級の人たちの物語アピールなのだ。(カストルプも外では日中戦争、ここはそんなの関係ないといった台詞もだめ押しのようにあったし)

会議は踊る

技術の粋を集めた機体のテスト飛行を昔ながらの牛で運ぶというハイテクとローテクの対比。そんないびつさが当時の日本。名古屋から各務原までご苦労様です。。。牛。


黒川さんは最初、嫌な上司なのかなと思ったら部下を守るすごくいい人。でもって奥さんがこれまたすごく美人で出来た人だった。あと、
二郎の妹。宣言通りに医者になる。この辺のキャラクターは地に足をつけて現実を生きる人たちという気がする。(刹那を生きる二郎と菜穂子はやっぱり夢の住人なのだ)

あと印象に残ったのはドイツの夜の飛行機工場で逃げ出す男と追う警備員。捕まるシーンは不気味な影で表現。(よく考えるとナチスが台頭して来たわけだし)


以下 超ネタバレにつき反転 クライマックス↓↓

零戦のテスト飛行の場面。
二郎を取り巻く空気だけ一瞬変わり、風が吹く。
おそらくここで菜穂子は死んだのだろう。
空の戦闘機白く美しい。それが大量に増えて黒く巨大な雲に飲み込まれて行く。雲の下は炎に包まれた市街地。続いて無数の零戦の残骸。
夢のように美しい映像の連続だったこの作品の裏で進行していたもう一つの残酷な現実を一瞬で語ってしまう。
二郎が精魂傾けた美しい夢の結晶がただの一機も戻って来なかった現実が。


↑↑ここまで。



それから映画に見入っているのについつい日常に戻ってしまう名古屋のシーン。名古屋駅。(映画見終わって、現代の名古屋へ向かって歩いてなんとも言えない気分に)。路面電車に「栄」の文字。あのへんか・・・とつい。
カブトビールは半田で、三菱は今も娘の高校の隣にで〜〜〜んとあったな。おかげで駅から遠回り。(と思ってあとでググったら映画は大江の方のだった)

http://www.akarenga-handa.jp/beer_sale.html (カブトビール)

映画のせいで行きたくなった。

あと、ツイッターでもつぶやきましたが隣の席の女性が後半から最後までずっと号泣でした。
悲しくなるシーンの少し前あたりから泣き続けていたので、すでにもう1回(あるいはそれ以上)見ていて、これからの展開を想像して泣き始めた、そんな感じでした。

席にははずれたかもしれない(ーー;;;;;

最後にこの映画は2、3回見直して新たな発見あるパターンと思う。とにかく画面の情報量が多いです。

関東大震災の重い瓦屋根の家並みが波打つ場面。波打つ汽車。仕事を求めて線路沿いを歩く人々。
金融崩壊の取り付け騒ぎの人波。そこを縫って走る路面電車。

あと、シベリア食べたくなりましたね。それもお茶は紅茶ではなく緑茶。
3

2011/10/2 | 投稿者: kaya

FateZeroというアニメが今期話題らしいというので見てみたら、なんか見覚えある建物が出てくるんです・・・・・そう、明治村のフランク・ロイド・ライトが設計したというあの旧帝国ホテル!

クリックすると元のサイズで表示します
↑これです。
こちら←に第一話の検証ページがあるのですがもう、もろ帝国ホテル!

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず中の写真(自前)を探したのですがなかなかいいのがなくて。でも雰囲気つたわりますよね@@;

クリックすると元のサイズで表示します

「FateZero」「明治村」で検索するとこのようなブログが・・・もう間違いないでしょう。こちら

あとあと、たぶんなのですが聖ザビエル天主堂も出て来ちゃいました。オープニングの19秒目あたりです。

クリックすると元のサイズで表示します
これですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここも何度も出た気がします@@

クリックすると元のサイズで表示します
あと、三重県庁舎のホールも・・・・

まぁ、勝手に舞い上がってしまってすみません@@ちょっと嬉しくて・・・・・
明治村への聖地巡礼が増えるかもしれませんね@@

参考サイト
FateZero公式サイト
2chニュー速vipブログより 新アニメ「Fate/Zero」が史上最高級のクオリティで凄すぎるwwwww
 さざなみ壊変より TVアニメ「Fate/Zero」に愛知県から帝国ホテルが登場!明治村は洋館だらけでいいところだぞー。
4

2008/3/13 | 投稿者: kaya

いつのまにやら出てたんですね・・・すっかり忘れ切っていました(==;
いやぁ、4巻あたりからちょっと疲れて来ていたんですが5巻を読んでまた持ち直しました@@
で、感想ですが
Pluto5

◯やっと大きな伏線一つ回収(しかし500ゼウスの謎がまだ・・・)

◯やっとヨハンとエプシロンの区別がつくようになった

◯でもまだ天馬博士がシンジくんのお父さんに見えてしまう

◯金八先生、未来社会では小学校に赴任されてるんですね(メカ金八と呼ぼう@@)

◯原作とは似ても似つかないようでいて、やっぱり原作を思わせる(あたりまえか)
一応反転→ヘラクレスの戦いとアトムのチューンナップ ←ここまで

悪口とも思えることを書いてしまったかもしれませんが、愛です。愛!

ワカマル ←ノース2号に似てる!

一巻の感想・・・というほどではないのですが→こちら
0

2007/9/20 | 投稿者: kaya

ホームセンターのチラシを見ていて、ある工具が気になってしまった。
 その名も「インパクトドライバー」
電動でネジを締める道具らしいのだけど、その容姿・・・

初号機に似てる。

零号機だ。。

微妙に参号機。。

おお、量産機まで!

スーパーインパクトというらしい。(なんとなくセカンドインパクトを連想させる)

でも、アスカの2号機がないなぁ。。。。

デザインした人、ぜったいエヴァ意識してると思うのだけど・・・
それともただの新劇場版見たい病になっただけなのだろうか(−−;
0

2007/8/10 | 投稿者: kaya

今週連日NHK-BSで押井守の名作アニメやってるのですが・・・たぶんほとんど見てるので今回は見たり見なかったりなのですが今日は特別♪

大昔、同じNHK-BSの朝(夏休みだか冬休みだかのアニメ特番?)で見てぶったまげた「御先祖様万々歳!」なんだもの。
まぁ、いろいろな意味でヘンな話なのですが、簡単に言ってしまうと家族崩壊・反社会・小劇場風コメディ?@@
で、第一話中盤で主人公一家の住むマンションの一室に訪問客を知らせる「ピンポーン」の音が響き、母親(鷲尾真知子さん)の一言
「セールス、宗教は断固撃退。それからNHKもよ!」
(くどいようですが、最初にTV放映されたのはNHK-BSです)

私は思いました、これを放送してしまったのはNHK的にはきっと事故なのだろうと・・・・
ところが特番でまたこれをやると・・・まぁ、NHK太っ腹!!

ワクワクTVつけて画面に集中しました。
・・・・・・約10余分後・・・・・あれ?
主人公がドアを開くまで、とうとう「NHK」という単語は出てきませんでした。
やっぱりカットされたのね、そりゃそーかもだけどorz
0

2007/6/15 | 投稿者: kaya

チェーザレ・ボルジアって、それほど詳しくないんですよ。
野心的な政治家で父親はローマ法王だとか、妹のルクレツィア・ボルジアは絶世の美女で政略のために3度結婚させた(2度目の夫は暗殺、犯人はチェーザレ説)とか、ボルジアの毒薬「カンタレラ」で、他にも政敵を次々毒殺したとか、しかも、それらは通説にすぎないらしいとか、歴史の教科書に必ず載ってるマキャヴェリの「君主論」では指導者として褒めちぎられてたとか。

・・・まぁ、その程度しか知りません。
しかし、イタリアルネッサンスを語るには外せない重要人物であるわけです。
それが、惣領冬実さんの手により作品化され、どうも話題のようであります。

物語の案内人はメディチ家出入りの石工の孫・アンジェロ。
メディチ家当主ロレンツォ(イル・マニーフィコ)に才能を見いだされ、援助を受けピサの大学に通うことになる。
入学後は当然のようにロレンツォの息子ジョヴァンニ率いる学生団(派閥のようなものか?)に組み込まれるのだが、凡庸なジョヴァンニ(学生の中では優秀らしいが)より、上下分け隔てない態度・品格・大胆さを兼ね備えたスペイン出身富豪ボルジア家のチェーザレに深く惹かれていくことになる。
つまり、アンジェロ(性格・天然)の目を通して歴史が語られていくわけですね。

  1巻では、ヨーロッパ名門師弟が集う大学内での派閥 フィオレンティーナ団(フィレンツェ=メディチ家)、スペイン団(ボルジア家)、フランス団等々の対立を描きつつ、各国、各地方の複雑な歴史を背景をざっと解説。
大学内のもう一つの勢力ドメニコ修道士会を登場させ、あのサヴォナローラの不吉な陰を漂わせちゃったりしてます。

  2巻では、政治的重要人物(後のローマ法王たち)の他 コロンブス、レオナルド・ダ・ビンチら超有名人がさりげなく絡んできます。

  そして3巻ではマキャヴェッリ登場、まだ16歳であるチェーザレ(とジョヴァンニ)周辺がいろいろ政治的に生臭くなっていく気配を漂わせつつ、まだ発売されていない4巻ではいよいよルクレツィア・ボルジアが登場するらしいです。

しかし、彼らはまだ16歳。
チェーザレの父ロドリゴ・ボルジアもまだ枢機卿という段階なので、先はホントに長そうですね@@;

歴史を専門家の監修のもと惣領冬実さんのすばらしい絵でヴィジュアル的に勉強でき、息をのむ緊迫感に包まれたストーリーも楽しめるオススメの一品です@@

しかし惣領冬実さん、あの「MARS」の人だったんですね。。。。。。作風違いすぎ(==;

惣領冬実オフィシャルホームページ
0

2007/6/11 | 投稿者: kaya

さきごろ手塚治虫文化賞を受賞し、某新聞紙上で華々しく紹介されていたので どっかで見たタイトルって思った人も少し(100アクセスに2人くらい)はいるかもしれない@@。
美少女姉妹の妹・六花(ゆき)の小5から中3にかけての成長を描いたバレエ漫画というと前時代的少女漫画なのね、と有らぬ誤解を受けてしまいそうなのだけど、なにしろ原作はあの「日出処の天子」や「天人唐草」の山岸凉子さんなので。。。。。

六花ちゃんにはバレエ教室経営者(元バレリーナ)の母と天才少女の姉・千花(ちか)がいる。
小5の時点でのレントゲン診断で180度開脚できない骨格であることが発覚、母は六花に期待をかけることをあきらめるのだけど・・・

技術の高さは当然として、心の強さ、生まれ持った肉体、理想的な体の成長まで持ち合わせることが当たり前の世界。
それに答えようとしていく才能ある少女たち。(おそらく地元教室では天才少女で通っているんだろうな)
不幸な事故による怪我、体質改善失敗による摂食障害、姿の見えぬ嫉妬や悪意。
人間の心の深淵を これでもかと見せつけられてしまいます。

残酷な悪意の正体が(伏線貼りまくりにもかかわらず)最終巻までつかめませんでした。
ベタなドラマにありがちな、むき出しの悪意だったらそんなに怖くないんですけどね・・・ドロドロというより氷点下の世界。

「たしなみ」「趣味」「習い事」の域を超えた世界に、まだ年端もいかぬ少女が身を置くことの過酷さが、残酷さがこれでもか!ここまでやるのか!!、とばかりに表現されています。
私事だけど、私が子供の関わる世界に無知だったのは 少なくとも私にとっては幸せだったのかも。娘の立場からするとわからないけど(==;
おこがましいのだけど かなりかさなってしまいました・・・入院、手術、リハビリ・・・そりゃもうイロイロ

なので気がついたら、千花ちゃん、六花ちゃん姉妹を見守る近所のおばさん気分になって感情移入してしまいました。。。

全十巻で第一部完結しております。
第二部開始前の今がまさに旬(読み時)かもしれませんよー。

第二部は、もう一人の天才・空美(くみ)ちゃん(と、その一家の謎)がからんでくれることに期待。

(追記)山岸凉子さんのバレエ漫画と言えば35年くらい前に描かれた「アラベスク」があるのですが、旧ソ連体制時代を舞台にしたこちらもおすすめ。
0




AutoPage最新お知らせ