2007/3/4 | 投稿者: kaya

香港シリーズのラストであります。

クリックすると元のサイズで表示します
百万ドルの夜景も最後であります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
なんでもないビルの上が、さりげなくチャイニーズ。

クリックすると元のサイズで表示します
啓徳空港 離陸直後の窓の外

クリックすると元のサイズで表示します

で、これが 今は無き啓徳空港(カイタックくうこう 中国返還後閉鎖)。
その狭さ、市街地に近いことから「世界一着陸の難しい空港」「パイロットに最も高度なテクニックを要求する空港」として名高かった。
乗客も、けっこう命がけ。
当時の九龍に高層ビルを建てちゃいけなかったのも、この空港ためだったらしい。wikiの香港カーブの項

余談ですが、この時期からさらに遡り
20年近く前に香港を訪れたという友人は、ちょっと信じられなかったのですが「貧民街」が観光コースにあったと言っております。(写真もあったかも(==;)
スラムと同義語だった九龍城砦は解体され、世界一危険な啓徳空港も閉鎖。
タイガーバーム ガーデンも・・・・・
日本もそうだけど、時は急速に流れていく。
1●年て一瞬で偉大だなぁ・・・と感じるわけでした。(終

この頃のカメラはスリムT(Slim T)というカメラを愛用しておりました。
カール ツァイスのテッサーレンズという魅力から、デジカメに移行するまで結構長くおつきあいしておりました。

■おすすめリンクセレクトSHOPぶるーまん

ビンテージ中国茶(プーアール茶)・七宝焼(景泰藍)・寒天ゼリー用中国茶
0

2007/3/2 | 投稿者: kaya

ストックも残り少なくなって来ました。
思いつくままに並べてみます。
くどいようですが 1●年前、バブル崩壊直後くらいの香港で、現在とは異なります。(たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
左・今は亡きタイガーバームガーデンの壁面
右・なぜか李錦記のビル。豆板醤やオイスターソースで有名ですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
左・レパルスべイにあった大黒様?
右・たぶん、ホテルからの眺め。(どのへんだろ)


クリックすると元のサイズで表示します
↑クリックすると画像が大きくなります。
ヴィクトリア湾をはさんだ九龍です。

クリックすると元のサイズで表示します
↑クリックすると画像が大きくなります。
九龍の夜の姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
で、こちらが香港島側

香港島と九龍を結ぶ地下鉄 尖沙咀(チムサーチョイ) - 中環間 も乗ったのですが
外も中もメタリックでかなり近未来的なデザインに「負けた・・・ ( ̄∇ ̄iii)」と、思った記憶。
二階建てバスやトラム(路面電車)、前回ちょこっと紹介したスターフェリーと、日常の交通手段もすごくバラエティに富んでるなぁと感じた記憶があります。(1●年前の話ですが)

香港ラスト続きます。

ところで現在フィギュア、世界ジュニア選手権の真っ最中。
男子はちょっと残念!だったのだけど
女子は(アメリカ代表)長洲未来ちゃんに期待・・・・かな。
0

2007/3/1 | 投稿者: kaya

ちょびっとだけ、香港の街中です。
クリックすると元のサイズで表示します
↑クリックすると画像が大きくなります。
香港の街中ですが、九龍(カオルン)のどこかは記憶にありません^^;
(左上)「康和里」って尖沙咀(チムサーチョイ)の中の通りの名かな
(右)「加掌分道」(カーナボンロード)らしいです(==;;

クリックすると元のサイズで表示します
香港島、たぶん中環(チュンワン)のショッピングモールの飾り

クリックすると元のサイズで表示します
「あ、○タチのビルだ」と、ただそれだけで嬉しくて撮ったんだと思う。


クリックすると元のサイズで表示します
↑クリックすると画像が大きくなります。
スターフェリーから見た香港島の夜景
フェリーは香港島と九竜をつなぐ便利な足と言う感じでした。

この旅行中、風邪ひいてしまって 夜はぐったり。
夫にコンビニで菊茶(これが、なんかノドにいい感じだったんですよー)やサンドイッチ買ってもらってました。
コンビニとドラッグストアはやたらに多かったです。
後者はスイスやイタリアのチョコとか化粧品など、ちょっとしたおみやげ品がかなり充実してフェレロ ロシェのチョコ思いっきり買った記憶。

  FERRERO ROCHER

ところで、今日は新選組!録画忘れてました。
「池田屋」だったのに信じられない・・・・あーん、私のバカバカ><;

香港5へ続きます。
0

2007/2/28 | 投稿者: kaya

香港仔=アバディーンの水上レストラン「JUMBO」です・・・・・今もあるのかな、あるみたい。(==;
かつて、多くの水上生活者いたそうです。
こちらもドラマやマンガやB級映画の舞台としてもよく登場してました。
密輸品の取引現場になったり、任務に失敗した組織の人間の遺体が浮いていたりしたところなのですが(いや、ドラマの世界でのお話です)
実際目にしたのは、こんな感じでした。↓
クリックすると元のサイズで表示します
絢爛豪華な巨大レストランです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
水上レストランの名前の通り、水上にあります。
中では食事を終えた貴婦人たちが麻雀をしておりました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
このような電飾の真っ赤な船でレストランまで流れて行きます。
まれに降りるの忘れて海上一周しちゃう人もいたようです。。

昔は外見だけで味は・・・だったのですが、今は美味しくなったそうです。

しかし、よくよく考えると日本国内の - たとえば横浜港とか - 多羅尾伴内の映画などで(インドの魔術師とか片目の運転手とかウロウロして)裏取引や銃撃戦やらやってたので・・・似たようなもんですかね@@>アバディーン
香港4へ続く
0

2007/2/27 | 投稿者: kaya

歴史に「もし」という言葉は禁句なのだけど、
もし私に予知能力があって「タイガーバームガーデン」が閉鎖されることがわかっていたら・・・
写真撮りまくって、トンデモ観光地っぷりをもっとアピールできたのに><;

はい、今回ご紹介するタイガーバームガーデン、
タイガーバームという、なんにでも効く塗り薬で億万長者になった社長さんの邸宅であります。
個人の家といっても、当時としては「はずせない」観光名所だったのであります。
なんというか、当時の気持ちとしては はっきり言っちゃうと
ここはおざなりでした(==;

クリックすると元のサイズで表示します
お屋敷です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
庭のいたるところに、このようなお人形さんが配備されているのですが 残念ながら写真はこれしかありませんorz

クリックすると元のサイズで表示します
なかなかキレイな庭園ですよね。
いやぁ、作りがテーマパークなんですよ(==;

クリックすると元のサイズで表示します
またまたお屋敷。

考えて見ればこの庭も、かつてのヨーロッパ王侯貴族が愛したという人工の洞窟庭園「グロッタ」と紙一重な庭園と言えなくもないんですけどね・・・
でも、このタイガーバームガーデン なんか「ジョジョの奇妙な冒険」に登場して一部では知る人ぞ知るという感じらしいですね。

次は一変してビクトリアピークからの夜景です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地平線にうっすら映る金色のラインが九龍のビル群だと思います。

昨日の昼間の写真と見比べてもいいかもしれません。
香港3へ続きます。


セレクトSHOPぶるーまん
 
  中国工芸茶4種セット、中国茶器
0

2007/2/26 | 投稿者: kaya

誰も興味がないであろう新撰組!の話ばかり書いて自己陶酔してばかりいるのも健康に悪いので、ちょっと前に上海写真をupしているということで
ここで中国つながりの香港写真をupしてみることにしました。
と言っても、返還前(1997年返還)まだイギリスだったころのなのでかなり古いです。
バブルの崩壊頃でもあるので、ファッション等ちょっと引いてしまわれると思いますが
そこはタイムリーな映画も公開中のということで割り引いて御覧になっていただければ幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します
香港島、ビクトリア・ピークからのビル群の眺めです。
ヴィクトリア湾の向こう側に、かすかに九龍の街並が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
高層ビルは香港島に固まっています。
九龍側は(ガイドさんのお話だと)高さ制限があるとのことでした。

クリックすると元のサイズで表示します
言われてみれば確かに・・・歴史あるペニンシュラは当然としてグランドハイアット、インターコンチネンタルとハイクラスのホテル、皆低層だったような。。。



クリックすると元のサイズで表示します
こちらはレパルスベイ。香港の中の高級保養地的なところだったと思います。
セレブな人たちのためのマンションも、こちらに固まっておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
海の側は派手な色彩の中国的(テーマパークのような)建造物が多数ならびます。

クリックすると元のサイズで表示します
レパルスベイは、映画「慕情」の舞台として有名らしいのですが、ちょっと世代的に知りません。(って、ホントはTVで見ました)

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
観音様も、ヘンな顔のオブジェも、すべてが派手です。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、この極彩色のあずま屋ばかり撮ってますね。

クリックすると元のサイズで表示します
よっぽど印象深かったのだと思います。

今は昔になってしまいますが、香港というとかなり怖いイメージを持っておりました。
それはすべてゴルゴ13だったり、ブルース・リーだったりGメン75だったりの責任なのですが、その話はまた。

香港2に続きます。
0

2007/1/20 | 投稿者: kaya

人民広場です。
繁華街のど真ん中にある、とっても大きな公園です。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口です。
ここにもハーゲンダッツが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
このテの公園にありがちな池。。。

クリックすると元のサイズで表示します
上海都市計画展示館
(人民広場にある未来的な巨大建造物ということで、これが上海博物館と誤解してた(==;)

クリックすると元のサイズで表示します
ホットドッグは熱い狗@@;

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
けっこう古そうなビルもあったり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
朝だったので、お年寄りの憩いの場的公園だった。
太極拳やってた人も、ほんの少し・・・カメラにおさめてないけど(==;

   ◇おまけの話(最終回)
・ツアーの現地スタッフの人は推定20代、ノキアのケータイに8ギガのiPod-nano。
 漢方薬は信じず、新天地のカフェ(スタバだったかな@@)がお気に入りで歩く速度は名古屋の会社員の1.5倍(当社比)。
 日本語堪能で、日本には来たことがないという・・・
 そして、勤め先は外資系(日本のツアー会社)
 典型的な中国の大都市の今の若者なんだろうなーと、ちょっと思った。

と、これで上海旅行写真は終わりとなります。
長々おつきあいありがとうございましたm(_ _)m
0




AutoPage最新お知らせ