2008/3/29

5分咲き  花木

さくら、さくら
クリックすると元のサイズで表示します
さくら、さくら
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年3月29日 松阪城

2008/3/28

ペン♪ ペン♪ どこから  山野草

一瞬、蕎麦(そば)畑かなと思いきや(蕎麦は秋ですね)
阪内川のナズナのお花畑からでした
クリックすると元のサイズで表示します
ズームアップ
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年3月27日 別名ペンペン草

2008/3/27

やっぱりこれ!  花木

春は桜です。
クリックすると元のサイズで表示します

阪内川に、ほんまの春がやってきました
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年3月27日

2008/3/26

二番煎じ  

新聞に掲載された氷曝布引滝。
新聞朝刊に掲載されました。
掲載記事
 三重県松阪市の登山愛好家・riverさんが、同市飯高町森の迷岳(一三〇九・一b)中腹で、「布引三段滝」の雄大な水溶(ばく)を撮影し、提供してくださいました。
一月上旬から現地に4回足を運び、登山口付近の駐車場に車を止め、カメラ機材を担いで約2時間かけて現場に到着した。
 登山歴20年のriverさんは、「目の前で、滝が流れ落ちるまま凍り付いている光景にビックリした」と、氷結した大自然のダイナミックな滝に大感動したそうです。』

2008/3/16

阪内川美人草  山野草

阪内川に春の訪れ
クリックすると元のサイズで表示します

ズームアップ
クリックすると元のサイズで表示します

さらにぐっとズームアップ ミスSAKANAIです。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影 2008年3月16日 和名ホトケノザ

2008/3/15

改名します  山野草

松ヶ島城跡のそばの畑に咲く青い花を四百年前の人は
「スプリングブルー」
と呼んでいたそうです。旧名称はもう忘れました。
 織田信長の次男北畠信雄がこの地を松ヶ島と命名した。
 1580年天正8年(約400年前になります)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
撮影 2008年3月15日
撮影場所 松ヶ島城跡のそばの畑

2008/3/11

リラックス  野鳥

水ゆるむ阪内川

夕日を浴びて、キジバトひとりぼっち
クリックすると元のサイズで表示します
二人で水遊びのムクドリ
クリックすると元のサイズで表示します
撮影 2008年3月11日

2008/3/9

月世界から  野鳥

まだ月世界にいます、後方にクレーターが見えます
クリックすると元のサイズで表示します

紅梅が咲く松阪の阪内川に舞い降りました。
「ミュー」という鳴き声の方を見ると、頭上に長い冠羽のある
タゲリでした。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影 タゲリは2008年3月9日何れも阪内川で

2008/3/8

見つけた!  野鳥

冬の阪内川には目立たない、こんな小鳥もいました。

バン 一人ぼっち、普通、バンは2羽でいるのですが?
黒っぽく見分けにくいです。首を前後に振って泳いでます。
クリックすると元のサイズで表示します

チドリ 餌をついばんでいます。水面に映ったクチバシに注目!
こちらも保護色ですから、動かないと存在がわかりません。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影 何れも2008年3月6日

2008/3/3

ゴイは何色?  野鳥

ゴイサギの幼鳥 撮影2008年3月2日
クリックすると元のサイズで表示します
まだ明るい午後4時前の阪内川の川原に、夜行性のゴイサギの幼鳥を見かけました。
シラサギ、アオサギとサギは色から名がついているが、さてゴイとは何色ですか。ちょっとネットで調べてみました。ちなみに、ゴイサギの成鳥は背中が黒っぽく、胸や腹が白い。調べた結果、ゴイとは色でなく、爵位のある偉(エラ)い鳥でありました。
『名前の由来は、平安時代に「五位」の爵位を授けられたことから、という物語伝承がある。
「大鏡」によれば、醍醐天皇が京都、神泉苑に遊んだとき、池に一羽の鷺が見えた。天皇は下人に鷺を捕獲するよう命じたが、鷺は飛び回りかなわなかった。廷臣の一人が「勅なれば畏(かしこ)まれ」と叫ぶと、鷺は天皇の下へ飛来し、羽根をたたんだ。天皇はこの鷺の行動を喜び、「従五位」の官位に叙したという。』(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ