2009/11/28

晩秋の秋桜  

阪内川河川敷入口に咲くコスモスです。
この場所には毎年普通のコスモス、背丈が1mくらいのものが咲き、散歩時いつも楽しませてくれていましたが、今年は背丈15cm位のコスモスが晩秋の夕日を受け一層の輝きをはなっています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月28日 場所:松阪市阪内川

2009/11/25

この実!何の実?  樹木

やっとたどり着きました。クコの実でした。
阪内川の堤防に自生しています。栽培されていた種を鳥が運んだのでしょう。どんな味がするかひとつ口に含み、噛んでみました。ほのかな甘い、ほおずきの味と似ています。枸杞(クコ)は中国では薬膳、漢方薬として、日本では焼酎又はホワイトリカーで漬けたクコ酒が有名です。
クリックすると元のサイズで表示します
この場所のクコは木の様子からすると何年も前から自生しているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
上の赤い実がなっている木にはもう花は咲いていませんでした。下流の何ヶ所かに若木があり、1ヶ所だけ花をつけていました。中国原産のナス科の落葉低木、なるほど花も実も特にヘタの部分ナスに似てます。分布を広げている外来種でもあるらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月21,25日 場所:松阪市阪内川

2009/11/23

松阪城跡の紅葉  紅葉

松阪城の表門跡左坂の銀杏
クリックすると元のサイズで表示します
桜松閣前の銀杏
クリックすると元のサイズで表示します
きたい丸跡のモミジ
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11年23日 撮影:松阪城跡

2009/11/23

赤い実  花木

この赤い実は阪内川の堤防に春白い花を次々に咲かしていたノイバラの実です。青空をバックにバックに赤い実が一層映えます。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月21日 場所:松阪市阪内川

2009/11/21

真鯉  生き物

写真展を見に行った帰り道、阪内川に生活排水が流れ込むところで大口を開けている多数の鯉を見つけました。餌になるようなものが浮かんでいる様子はありません。流れ込む水に栄養分か微小の虫などがたくさん含まれていてそれを飲み込んでいるのでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月21日 場所:松阪市阪内川

2009/11/16

布引滝  

野鳥に気を取られている間に、秋は深まり山の紅葉も稜線からだいぶ降り時期を逸したかなと思いながらも昨日蓮ダムの左手の布引谷の布引滝を見に行きました。
布引滝までには2ヶ所の沢を渡りますがどちらの沢も増水で渡るのに一苦労しました。
布引滝までの登山道下にある斜瀑は紅葉に取り囲まれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
斜瀑に続く、くの字の2段25mの滝です。
クリックすると元のサイズで表示します
布引滝は撮影に不向きな逆光位置にあります。長時間粘りましたが霞がかかった状況は解消されず諦めて帰路につきました。薄曇の明るい日に出かけるのが良いようです。もしかしたら、212mを落下する滝の飛沫による水蒸気で谷中が一年中霧がかかった状態なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月15日 場所:松阪市蓮

2009/11/15

飛び立つ  野鳥

松阪城より少し上の阪内川でマガモの飛び立つ瞬間を撮ることが出来ました。前の二羽が雌で、後ろ二羽が雄です。危険から逃げる態勢はいつもこうなっているのかな。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月14日 場所:松阪市阪内川

2009/11/12

リラックスのオオバン  野鳥

いつもの池に野鳥撮影に行ったのですが、寒さと、強風のためか、ほとんどいません。付近の狭い水路とか、小さい池など風よけができるところで、採餌していました。水路そばの道に車を止め辛抱図よく待っていると、あれほど警戒心の強いカモやオオバンが目の前までやってきてくれました。是非、画像をクリックし拡大画像でご覧ください。オオバンのチャームポイントの赤い目に注目!

水草の食事中です。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもなら後姿ですが、こちらに向かっています。
クリックすると元のサイズで表示します
潜って水草をくわえあがってきたところです。
クリックすると元のサイズで表示します
みなリラックスしているオオバンの撮影ができました。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月12日 場所:松阪市五主町

2009/11/11

光のいたずら  風景

阪内川の中部大橋に併設されている歩道専用橋の欄干にアーチ状の橋がつながって見えます。鉄柵の途中がねじれていて、そのねじれ位置の高さがアーチ上に配列されているのです。そのねじれ位置が光を反射してるのでした。
クリックすると元のサイズで表示します
人が渡っている証明写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとアップで見ました。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月8日14時14分 場所:松阪市阪内川の中部大橋

2009/11/9

クサシギ  野鳥

今日は阪内川を上流に向かって右側の堤防(左岸)沿いの道を川面を見ながら自転車で進みます。左岸を行くのは野鳥の撮影時に逆光を避けるためです。鈴の森公園付近の川面にセキレイのように時々体を上下に動かす鳥を一羽見つけました。単独行動のようですほかに仲間は見当たりません。餌を取りながら少しずつ上流に向かって移動して行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月8日 場所:松阪市阪内川



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ