2011/2/3

布引滝  

皆さんに楽しんでいただきました。

松阪市飯高町森布引の三段滝
氷瀑になると段差がはっきりしませんので比較をしてみました
下記をご覧ください
http://www.ma.mctv.ne.jp/~tkaoruzz/


2011/2/2

布引滝  

2月にはいると厳寒が和らぐとの予報に接し、急遽、布引滝を見に出かけました。期待通り滝は3年ぶりに見事な氷瀑を見せてくれました。
布引滝は松阪市飯高町森の迷岳(1,309.1b)中腹にあり、三重県第1位、全国第8位を誇る落差212mの長瀑といわれています(エリアマップ山と高原地図59「高見山香肌峡」9ページ調査執筆/仲西政一郎)。
滝は3段に落ちています。
クリックすると元のサイズで表示します
3段目の下半分です。落下した雪や氷が山となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2011年1月31日 場所:松阪市飯高町森
タグ: 布引滝 氷瀑

2011/1/21

布引滝の氷瀑  

布引谷の奥にある迷岳(左上に小さく頭を出しています)と布引3段滝の氷瀑です。
クリックすると元のサイズで表示します
3年ぶりの氷瀑です。現在の寒波が続いてくれると一層立派な氷瀑が完成します。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
撮影2011年1月20日 場所:松阪市飯高町蓮
タグ: 氷瀑

2010/5/7

唐谷の滝と渓流  

唐谷の三ノ滝
クリックすると元のサイズで表示します
渓流の合流

撮影2010年5月1日 場所:松阪市飯高町森
タグ: 渓流 

2009/11/16

布引滝  

野鳥に気を取られている間に、秋は深まり山の紅葉も稜線からだいぶ降り時期を逸したかなと思いながらも昨日蓮ダムの左手の布引谷の布引滝を見に行きました。
布引滝までには2ヶ所の沢を渡りますがどちらの沢も増水で渡るのに一苦労しました。
布引滝までの登山道下にある斜瀑は紅葉に取り囲まれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
斜瀑に続く、くの字の2段25mの滝です。
クリックすると元のサイズで表示します
布引滝は撮影に不向きな逆光位置にあります。長時間粘りましたが霞がかかった状況は解消されず諦めて帰路につきました。薄曇の明るい日に出かけるのが良いようです。もしかしたら、212mを落下する滝の飛沫による水蒸気で谷中が一年中霧がかかった状態なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年11月15日 場所:松阪市蓮

2009/1/18

もう少し  

布引滝下段は氷瀑状態に近くなってきました。
零下何度が幾日も続かないと、完全氷瀑にはならないようです。
撮影ばかりに気を取られ、双眼鏡で滝をアップして見るのを忘れることがあります。
覗いたときの、氷瀑の度迫力はたまりません。
クリックすると元のサイズで表示します
上段の滝も両脇は氷結しています。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年1月17日 場所:松阪市蓮・布引谷

2009/1/12

雪便り  

松阪市にもこんな風景があります。厳寒の布引谷は凍りついています。
布引滝上の尾根の樹氷です。
クリックすると元のサイズで表示します
布引滝手前の幅広10m滝と奥に布引滝です。
クリックすると元のサイズで表示します
今にも結氷しそうな布引滝
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2009年1月11日 場所:松阪市蓮・布引谷

2008/12/15

水の造形  

香肌峡にもこんなに見事なゴルジュ(谷中の両岸の絶壁が極端に狭まった地形)がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
撮っている背後の絶壁からは水滴が。油断をしているとレンズについた水滴を写す羽目になります。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年12月13日 場所:松阪市飯高地区奥香肌峡

2008/11/1

かくれ滝  

千石谷林道の奥にある幻の滝・赤倉滝、やさしく流れ落ちる斜瀑です。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年11月1日 奥香肌峡・千石谷

2008/10/26

絶景  

三重が誇る紅葉の布引滝
クリックすると元のサイズで表示します
撮影2008年10月25日 場所:松阪市飯高地区 奥香肌峡



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ