人間社会の中で生きる 南米アマゾン出身の
アオボウシインコのピー太郎(実は女の子だった)のライフスタイルを紹介しています。
みなさんからのコメントや感想、鳥ちゃんに関する情報などもお待ちしてます★

 ピー太郎のおしゃべりムービーのページを更新しました♪



ピー太郎のプロフィールはこちらから〜♪♪♪


2006/9/27 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します

今日は横浜小鳥の病院の診察日でした。
ピー太郎の大嫌いな病院の日なので、朝からいつもの元気がありません。
予知能力に優れたピー太郎のこと、今日は病院に行くというのを察知しているようでした。
アクリルキャリーにお薬を溶かしたお水とご飯を入れると
何やらゴニョゴニョ話していました。

基本的にピー太郎はお出かけが大好きなので、大抵はすんなりキャリーに入ってくれます。
ところが、今日は「ぴーちゃん、お出かけだよ。行こっ」と言っても
手に乗るのを拒み、お出かけに行く意志を見せません。
抵抗ぎみのピー太郎を手に乗せ、玄関まで連れていき、キャリーに入れようとしたとたん
部屋に飛んでいってしまいました。
最近では一番すごい飛び方だったので、よっぽど行くのが嫌だったんでしょう。。。
やっぱりピーちゃんは病院だってわかってるのね‥(〜_〜;

ボスが「ピー太郎は病院に行くのをわかってるんだね」と言いながら
ピー太郎をもう一度手に乗せて、
「今日は〜♪ピーちゃんとかずリンと**リンとおでかけ〜♪」
と歌を歌いながら、ピー太郎をすんなりとキャリーに入れてしまいました。

うちの愛車、MERCEDES BENZのステーションワゴンが先日おかま掘られて修理に出ているため、今日は大雨の中、代車でのおでかけでした。
その代車ったら相当古い車種で、走るたびにボコボコ揺れ、私自身も車酔いしてしまうほどのひどい乗り心地。しかも道が大渋滞していて、ピー太郎にとってもしんどかったことでしょう。
いつものようにおしゃべりもせず、歌も唄わず、落ち着かない様子でした。

診察時間の夕方4時30分ぎりぎりに病院に到着。
いつものごとく病院の駐車場はいっぱいで、さらに駐車場が空くのを待っている車もいました。
ボスには車で待っててもらうことにして、私はピー太郎を連れて先に病院に入ることにしました。
扉を開けると待合室にはあふれんばかりの人。この大雨の中、ご苦労様って感じでした。
ピー太郎を見たとたん、「かわいい〜」「すごい大きいのね〜これはオウム?インコ?」「なんて言う種類の鳥なの?」とまだ受付もしてないうちにあちらこちらから質問攻め。
到着していきなり皆さんの声に私もピー太郎も圧倒されました。

受付をすませ、キャリーの中のピー太郎を抱え、名前が呼ばれるのを待ってる間も私自身が質問されたり、ピー太郎も「かわいいわね〜」「名前は?」「こんにちは」などとあちこちから声をかけられてました。
ピー太郎は毎回病院の待ち合い室で落ち着かない様子でパニック状態になってしまうので、
私はキャリーの扉の格子の間から小指で頭を掻いてあげます。
そうすると大人しくいい子ちゃんになってくれます。
それを見て、また周りから「おとなしいわね〜」とか「頭ふくらましちゃって、かわいい〜!」「ぴーちゃんは大スターね〜」などと褒め言葉をもらったので、ピー太郎も少し気分が良さそうでした。

「**さ〜ん、どうぞお入りください」と看護婦さんに呼ばれ、病室に入ると、ピー太郎の嫌いな先生が待っていました。(先生はとても良い方です、念のため)
先生はキャリーの中のピー太郎をタオルで包みながら出して、羽根の部分を手で触り、羽根の状態を見て
「やっぱりしこりは取れませんね。これは後遺症で残ってしまうでしょう。腫れの方は引いたので、もう薬も飲まなくて大丈夫です。とりあえず通院はこれで終わりです。もう飛んでも大丈夫でしょう」
とおっしゃいました。

結局、ピー太郎の右の羽根は、後遺症で少し下がったままになってしまいました。
しかし、家出から帰って来た時は全然飛べなかったのが、今はかなり飛べるようになっています。
以前のように必要以上にバタバタ飛ぶ事はなくなりましたけど。。。

クリックすると元のサイズで表示します

上写真は2日前に撮影したもの。
今ではここまで羽根を広げることが出来るようになりました(^-^)

とりあえずピー太郎の通院は本日で終了となりました。
帰りの車の中では、私の肩の上で景色を見ながら話しをしたり、羽根繕いをしたりして、だいぶ落ち着いた様子でした。
様子を見て、また病院に健康診断と爪切りでお世話になるつもりです。

余談ですが、病院でボウシインコを連れて来ている方はまだ見た事ありませんが、
前回はヨウム、今回はキバタンを連れてきている方を見ました。
2年前くらいは、こんなに混んでなかったのに、最近はいつ行っても人がいっぱいです。
鳥さんを飼う人口が増えているんでしょうかね??

1

2006/9/6 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します

今日は横浜の鳥の病院に行ってきました。
家出から戻ってきた時のピー太郎は右の翼の部分が下に落ちていて
飛ぶことが出来なくなっていました。
この写真は家出から1週間後のピー太郎ちゃん。
シャワー後に撮影したので羽根の所々が茶色に変色してます。
写真をみると手前の右の翼が落ちているのがわかりますよね。

家に戻ってきてすぐ横浜の鳥の病院に連れていって事情を話したら、
骨が折れているかもしれないからレントゲンを撮ってみましょうと言われ、
すぐにレントゲンを撮りました。結果は骨折ではなく捻挫でした。
2〜3週間すればまた飛べるようになるそうです。
後遺症で右の翼の部分(人間でいうと手首の部分らしい)が
落ちたまま戻らないかもしれないと言われてしまいました。
捻挫した部分を触らせてもらったら、確かに翼の付け根のところが腫れていました。
この腫が引かないと下がってしまった翼も上に上がらないようです。
痛みがあるようなので、痛み止めの粉薬を毎日飲ませています。

今日は先週に引き続き2回目の診察日。
あいかわらず、ピー太郎の翼は落ちたまま。
元気がないのは、痛みのせいだと先生は言ってました。

家出から戻って来たばかりの時は黒っぽいフンだったけど、
翌日あたりから緑色に戻ってきました。しかし量はいつもより少なめです。
体重も1週間前とあまり変わらず。
おしゃべりしたり、食事をしたり、徐々に元のピー太郎に戻ってきているけれど心配です。

先生の話によると、羽根をずっと動かしていないと固まってきてしまうらしく
1日数回羽根を広げたり引っぱったりしてあげるようにアドバイスをもらいました。
かわいそうなピー太郎。。。

病院はピー太郎にとって怖いところです。
しかも2週連続なのでかなりのストレスで、とても疲れている様子でした。
今日はこれで終わり。
0

2006/3/29 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します
今年初めての投稿です。ピー太郎がうちに来て2年と3ヶ月がたちました。
今4歳くらいだと思います。
ここ最近のピー太郎(←ひつこいけど女の子です)が発情期みたいで、耳障りな声でキャーキャー叫びます。もしかしたら発情期が原因ではないかもしれないけど
とにかく今の時期は情緒不安定みたいで、一日中私に引っ付いてまわり、ちょっとでも離れるもんならすぐに鳴き声を上げます。普段から甘えん坊だけど、今はとくにひどいです。
昨日あたりから発情する声を何度か聞いたので、発情期なのは間違いないと思います。
発情期のピー太郎はやきもちやきで、怒りっぽい。

つめも伸びきっているので、よけいにピー太郎の我が強くなっているのかも。
つめきりはやすりで削ってるのですが、もう7ヶ月以上たってるので、爪の先は針状態。
さすがに私の手や肩、背中などに切り傷が目立ち始めました。
シャワーを浴びてもしみるので、彼に頼んで一緒に爪切りをしてもらうことに。。。
ところがこの爪切り、ピー太郎の世話ごとの中では私にとって一番大変なことなんです。
爪切りには本当まいってます。
誰かよい方法あったら伝授してほしいですm(_ _)m

普段ピー太郎と呼んで手を出せばたいていはすぐに飛んでくるし、よっぽど気がたってない限りは頭も背中もお腹も爪も手も触らしてくれる。私の顔や手に自分の顔をなすりつけてくるくらいいつもそばにいるのに、爪を切る時にピー太郎を掴んで固定させることが出来ず、いつも彼に捕まえてもらう始末。本当情けないです。。。
彼にピー太郎を手で固定してもらっている間に、私がやすりで爪を削ります。
その間のピー太郎の様子ったら。。。
この世の終わりのような声を上げて、身体いっぱいで反抗します。
終わった後もしばらくは「はぁはぁ」いいながらなかなか打ち解けてくれません。
でも2年前は、爪切りの後に、もとの関係に戻るまでに数日間かかったけど、今は数時間かかりません。とにかく一つ一つ出来るように(慣れるように)なるまでにすごく時間がかかります。以前は鳥のお医者さんに爪を切ってもらっていたのですが、先生にタオルでくるまれ爪を切られる方がもっとつらそうだったので、結局自分達でやることにしました。(とはいっても、先生の爪切りはすばらしくあっという間に終わってしまうんですが)

この爪切りは一緒に生活していく上で必要なことなので、もっとお互い楽に済むようにしていくことが今後の課題です。

これから気候のいい季節がやってくるので、ピー太郎と一緒にお出かけするのが楽しみですが、アクリルキャリーが重いのが悩みです。ハーネスは付けるのが大変。。これを楽に装着出来るなら爪切りも簡単に出来るようになっているでしょうね〜
1

2005/10/31 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します

明日から11月。。。
最近本格的に寒くなったので
ケージにペットヒーターを取り付けました。
すでに夜寝る部屋では、ピー太郎の止まり木の下に
オイルストーブを置いて寝かせています。

アオボウシインコは他の種類の鳥さんと比べると、強くて丈夫らしいが
寒いのだけはかなり弱いらしく、徐々に寒さに慣せていかないとすぐに風邪をひくらしい。

うちではめったにないけれど、鼻水を垂らしているのを発見した時は、
すぐに部屋の湿度を高くしたり、部屋をあたためている。
基本の食事(ペレット、シード&ナッツ)以外に
野菜やビタミンCが取れるフルーツを与えて、
しばらくかまわないでいると、
気が付くと鼻水は止まっている。

これからの季節は寒さに油断出来ないので、
ピー太郎の健康管理には気をつけないと。。。
0

2005/8/20 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します

長くてきれいなピーたんの自慢の羽根。
そっとなでるように触ると、キャっと嫌がるふりをするが、喜んでいるようにも見える。

じつはこの子は女の子だったのが今年になって判明。
ずっとピー太郎と呼んで男の子のように育ててきたのに‥

発情するとエビのようにおしりの羽根を曲げて、変な声を上げてすりすりするのは
女の子らしい★

初めて発情したのを見た時は病気かと思い、小鳥の病院の先生に相談。
「発情しているんじゃないかな?」と言われた。
ぴーちゃんは2002年生まれなので現在3歳くらい。
発情期は1週間近く続く時もあり、その間は気が荒くなって落ち着きがないように感じる。
ひどい時は朝起きてすぐに私の肩や背中で発情したり、ボスの頭の上で1日に何度も発情したり‥。
まっ健康な証拠なのかな??
0

2005/8/3 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーをした後のピー太郎はいつも不細工すぎてかわいい。
羽根全部を思いっきり広げてココに水をかけてって要求してきます。
全身がびっちょりなるまで、上から下から左右からスプレーのシャワーをかけ続けます。
真水ではなく少し温めの水で、全身にかけます。
夏以外はすぐにドライヤーで乾かします。
ちなみにシャワーは月に1〜2回してます。

シャワーが好きなのかどうかはわからないけど
水道の蛇口からピンク色のプラスチックのシャワー用のボトルに水を入れ始めると
すぐに肩に飛んで来て話しを始めるから、多分好きなんだと思う。
シャワーをかけてほしい所に自分から身体を寄せてきたり、
羽根を大きく広げだり、またはいきなり飛んだりといつも大騒ぎのシャワータイム。
気持ちよさそう〜
0

2004/2/29 | 投稿者: Birdie

クリックすると元のサイズで表示します4日前にペットショップで爪切りをしてもらうことになり、
当然ピー太郎はパニックをおこして、私達に対して不信感を持ってしまったらしく
2日間ほど様子がおかしかった。
こんなことになるなら‥と判ってはいたつもりだったが
爪切りをしたことを後悔したりもした。

今後も爪切りをすることで関係が悪化するなら
爪切りなんて必要ない‥って思ったが、
爪は短い方が本人も便利そうに見えるがどうなんだろう??

しかし一昨日キャリーでドライブに行ってからは機嫌もよさそうで、
以前のようにカキカキを要求してきたりおしゃべりしたり
部屋から出て行くと鳴いたりといつものピースケに戻りつつあるようで嬉しい‥。
つうか話し過ぎ‥。

今日の食事はぺレット、大根の葉のフリーズ少々、ミックスベジタブル少々
はっさく1房、おまめ少々、ピーナッツ、

今日は久しぶりに放鳥タイム。
ほとんど外に出ているので精神状態も良さそう★
相変わらずケージをガーガーやるが今日は少し控えめのようだ。
ケージの脇につけたはしごの破壊に夢中の1日でした。

今日もいきなり3回飛んだんだけど
着陸がうまくなってきてビックリしてしまう。
「すご〜いっっピーちゃん♪」というと
ピースケも「すご〜」と言って喜んでいるようだった。
でも3回のうち2回はレスキュー。
今までは止まり木を向けると怖がって飛ぶし手には絶対乗らないし大変だったけど、
キャリーだとすんなり入ることがわかった。
今ではこのアクリルキャリーは我が家のかかせないものになっています。
あと最近野菜も与えるようになり、緑の苦みも慣れてきたらしく
少しずつ食べるようになってきた。

一昨日のドライブではようやく車の中でも話をしたり、
中から出てきたりと好奇心旺盛のためか
何事にも慣れるのが早いのでいつも関心する。
ボウシインコは物事への順応性に優れているようだ。

0




AutoPage最新お知らせ