2006/8/4  0:26

カロリーのない砂糖  diary

甥っ子の徹君(中1)からタンクトップのオーダーが入った。
突然のオーダーメールに嬉しかったなあ。
でもMじゃあ大きいぞ。ユウジおじちゃんがこの身体でタイトに着るのにSで普通に着てもMだ。
徹君がいくら育ち盛りでも・・・・・待てよ!まさかっ、、、1年半会ってないからそんなに成長してるのかぁぁぁ?
お盆にこっちに呼んであげたいけど、休みはないのよね。月曜だけじゃなあ・・。お台場冒険王行きたいんだろうなあ。


場所によっては放送していないけど明日のワールドビジネスサテライトという番組でカロリーゼロの糖という商品を紹介するようだ。
これは人口甘味料、代用砂糖ではなく本物の砂糖ではあるようだけど、いったいどんなものなんだろう。
ただ問題もある。と思う。僕は。
今までの人口甘味料も甘さだけあってカロリーはないけど、今まで血糖値上昇が激しい食事の取り方を長年している人(すなわちすでに体脂肪がかなりついている人)は炭水化物が身体に吸収され血糖値が上がったときの、その炭水化物に対する反応が強く大量にインシュリンを分泌してしまうと言われている。
同じ量を食べても大量のインシュリンによって一気に筋肉細胞内に取り込もうとするのだが、そんなに一気に取り込めないので体脂肪に溜め込まれる。太りやすく、自分でしてしまったのだ。
それで一気に血糖値が下がったらまた食べたくなるという気分になってくる・・。

そんな癖が身体にある人にとっては甘いけどカロリーはないというのはあまり助けにならないそうだ。
「甘い!」と感じたらインシュリンがパブロフの犬のように条件反射で分泌されてしまうらしい。
だからカロリーを取っていないのはいいけど、体が調整されていないままなので、その次に食べた炭水化物はまだ溜め込みやすい体のままなのだ。

だから本当は甘くなく低GIのバランスの取れた食生活でちょっとずつ修正していかなければいけないのだ。

とりあえず明日見てみよう。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ