2006/4/27  23:59

ももうら  diary

ユウジのパーソナルトレーニングではモモ裏とお尻、背中のエクササイズは管理重点的に行う。
その際に前かがみのポジションになってお尻を突き出し、背中をわずかに反らせた形を取る。

このポジションを取るのに、モモ裏の筋肉は柔軟性がなくてはならない。
モモ裏に柔軟性がければれこの体勢が取れず、このポジションが取れなければ、行うべきエクササイズの数が減ってしまう。
数が減れば、筋肉をつけるのも、代謝の高い高い筋肉を作るのも刺激を与える機会が少なくなってしまうので、結果綺麗な体を作ったり、体脂肪を落すのも遅くなっていく。

だから僕のトレーニングではモモ裏が柔らかくなくてはいけない。

でも固い人も多い。特に最初は。
あなたはデッドリフト、前かがみで、かかとに体重をかけ、膝を少しだけ曲げて、でも膝より前に出ず、お尻を引いて、上半身をわずかに反らせる体勢が取れるだろうか?
ちょうどエクササイズのコーナーで紹介しているデッドリフトのように。

このときにお尻を引いて上半身を倒したものの、腰が丸くなっている場合、以下のような運動でモモ裏のストレッチを行って欲しい。

まず、肩幅に足を広げて両腕を頭の後ろに組む。
そのままお尻を後ろに引きながら、顔は前を見たまま上半身を前に倒していく。
このとき前に鏡を置いて自分がその鏡をまっすぐ見るよう顔を上げているか確認しよう。顔を思いっきり上げて背中を少しそらせたまま倒し、モモ裏をストレッチしていく。
前に倒れて十分モモ裏を延ばした状態で5秒ほどキープしたら、一度起き上がり、再び倒れる。また5秒。
これを繰り返してしっかりとモモ裏を伸ばしてみよう。

運動の種類が増えます。


今日の写真。
尾道名物「みなと祭り」で踊っている甥っ子コウスケ(真ん中)。
クリックすると元のサイズで表示します
昔、調度彼の年のころ僕は鼓笛隊でトランペットを吹いてこれに参加したことがある。

2006/4/27  0:25

ホリエモン保釈  diary

ホリエモンが保釈!
というニュースが今日流れた。
しかし、僕が注目したのは保釈金3億円ではない!
この拘置期間の間、いままで不規則、睡眠不足、カロリーの高い美味しいもの大好きといわれた彼が、あのヤクザ映画で言う「冷たいメシ」で毎日過ごして、8kg体重が落ちたというサイドのニュースだった。
これ、微妙な数字だなあ。
あれだけ体脂肪があった人が冷たいメシで過ごしたら、もっと減っていてもよさそうなものだが、独房では運動量が足りないからなあ。
このへん僕の友達も出演している「刑務所の中」っていう映画でよく分かるので見て欲しいのだが(面白いし)、冷たいメシなので、大晦日のコンビニ蕎麦がすごいご馳走で、翌日正月のかまぼことか寂しいコンビニ弁当のようなオセチが嬉しいらしい。
質素なもんなんだ。
だからもっと減ってもいい感じもするのだが、これまた映画で分かるのだけど、運動時間は1日の中で決められていて、1日15分とか。
あ、でも拘置所か。刑務所じゃないのか。
じゃあ、結果は運動なしで食事で8kg痩せたっていうすごい結果だ!食事はダイエットにすごく重要ってことで!


また、さっきワールドビジネスサテライトでやっていたが、最近は年老いた犬の為のスポーツクラブもあるらしい。
老犬は足が弱っているので、そのまま歩かないとさらに足が弱ってしまう。人間と一緒。
だから水の中のランニングマシンで犬が歩く。
なんかあまりいただけない光景だけど、そういうので犬が前より動けるようになったそうだ。
そのほか専門の人がついてもっと深いプールで運動をしたりする。パーソナルトレーニング。
人間がしていることを最先端の犬はしているんだね。
よーし!筋トレも犬用を考えておこう。これから流行るぞお!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ