2006/5/25  23:51

スクワットの落とし  diary

久々にとある人をパーソナルトレーニングしたのだが、スクワットをチェックしたところ、最初やった重量よりも結構重くしていたので大丈夫かなあ、と思いながら見ていたら。やっぱりお尻が落ちていない。
男性なので、つい重くしてしまったんだろうけど、スミスマシンでのスクワットはお尻をしっかり落としてモモが水平になるのがベスト。
重量よりも、水平まで落としてしっかりとお尻、モモ裏を伸ばしていきたい。
お尻が落ちていないといくら重量を上げていても、あまり何も変わらない。筋肉もつかなければ、形もそれほど変わらない。
特にこの方の場合、モモ裏が硬くて、腰がしっかり折れてこないので、軽めでしっかり落として、筋肉のストレッチも兼ねてやったほうがいいのだ。
このモモ裏や腰が硬い人の場合、重量より、運動範囲を広げるために、少し軽くてもしっかり落として伸ばすべき。
他の種目でも同じです。
でもこの方の場合、しっかり落としたことで重量を軽くしたにもかかわらず、いつもよりきつくて汗が噴出してきた・・。

今日は僕も足のトレーニングだったのだけど、スクワットもしっかり落として、しっかり下で止めて行った。
レッグエクステンションも強く上げるものの、トップで絞りきって必ず止める。
ここを抜かないこと。
自分が思っている以上にこの止めるとか、下ろすとか出来ていなくて、スッと通り過ぎてしまってトレーニングに無駄が出てしまうので、パーソナルトレーナーでもいいし、トレーニングをしっかりしている人に見てもらうと違いますよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ