2006/8/31  23:49

まだこんな質問が?  diary

今日ジムに来ている(僕はトレーニングを行っていない)女性と話をした。
時々話をするのだけど、最近話をするようになった。
たまにトレーニングをしているのを見かけるが、本人は引き締めたいんだけど、ウェイトは腹筋背筋くらいしか行っていないようだった。

なので僕は「体脂肪を落して引き締めたいなら、向こうでやっているようなランジとか大きな動きのものをやっていったほうがいいですよ。・・・・・」

すると「でも変に筋肉ついちゃたりしないですかねぇ?それが怖くて・・」

って、ああ、ジムに来ている段階でもまだこんな質問が出るんだなあ・・・とちょっとショック。
日本のウエイトトレーニングに対する考え方は変わっていない。
まだまだ理解されていない。
この質問についてはもうここでは答える必要はないでしょう。
ただこの人には「モリモリになるのは大変なんですよ。モリコリになるのが怖いといって始めない人のほうが体脂肪落ちなくて、そこから抜け出せないんですよ」と伝えた。

アメリカではシュワちゃんが登場してから人々の筋肉に対する考え方、ウエイトトレーニングに対する考え方、常識、基準が変わった。
日本でも「ああ、やったほうがいいんだ!やるべきなんだ!」って思わせる人が登場すべきだな。
うーん、でも日本的ノリじゃ男の僕が主張しても難しいかな。
今トレーニングしているモデルの子にナイキモデルのようになってもらってそういう路線で売ってもらおう。

でもジムに来てる人でも結構上のような言葉はよく聞くので、ジムに来てなきゃ全然なんだろうなあ。
ヨガはそういう「あの人もやっている!」というのでうまく行ってるのになあ。

そういえば、三軒茶屋にはルネサンスの数十m先にホットヨガスタジオLAVAがあって、それはセキゼンという安売りショップが入っている横長のビルでその2Fにあるのだが、その同じ建物の2軒隣、すなわち歩いて7歩のところにビクラムヨガが9月末にオープンする。
これ大丈夫なのかね?いくらブームでも2軒隣?しかも同じ熱いヨガ?
最近はコンビニ並みに増えてるなあ。
ちなみにこの間行ったアメリカでは誰もヨガでダイエットとは言ってません。
あくまでヨガという文化であり、精神と体のつながりを求めるものです。

2006/8/30  22:59

音楽が流れるシューズ  diary

DADAというバスケットシューズメーカーがある。
そこから発売されたのが CODE-M というシューズ。
これi-podなんかと同じでシューズのよこにあるジャックにUSBを差し込んで音楽をシューズ内のチップにいれるだけ。30〜40曲入るらしい。
これをシューズのベロの部分にあるボタンで操作すると、横についている丸いスピーカーから音楽が流れるのだ。
よくビッグスクーターでステレオをガンガンにしている人とか喜ぶのかな?
電車に乗る場合には、ワイヤレスヘッドホンに音を飛ばせるそうだ。

最近今のジョーダンから新しいシューズを探している僕。
これ冗談半分で買ってみようかな。いきなりここから音出して、それに合わせてランジとかやってもらったりして・・。それいいかも!
2万以上と結構高い。



オリンピック候補地が東京に決まりましたね。
正式に決まった際には、うちの近くの駒沢競技場では昔の東洋の魔女が伝説を残した場所なのでバレーボールを行うそうだ。
マラソンは昔は甲州街道を走ったそうだが、このときには銀座を通って、皇居横、そして浅草も走って観光名所もアピールする目論見らしい。
多くの会場は東京湾埋立地になるらしいね。
大混雑になるのかな?
2016年。10年後か。
俺は何してんだろ。一応人生の計画は立ててるけど。

2006/8/29  23:59

週1回のトレーニングで現在最高  diary

今日はとある年配の女性のトレーニングをしたときこんな会話をした。

いやあ、確かにきついなあって種目もあるんですけど、たった週1回、週に3分この筋肉(肩)を動かすことで筋力も維持できて、ちゃんと上がるように維持できるし、きついけどすごく意味のある中身の濃い3分だと思うんですよね。ほんとに意味があるトレーニングだと思います。
ちなみに僕は足は週1回のトレーニングなんですけど、週1回約45分下半身をトレーニングします。
かなるいきつくやるんですけど、でもこの週にたった45分のことで、足の形、筋力、持久力すべて20歳のときと比べて落ちていない、というより今のほうが重いものを扱っている。
確かに昔のようにバスケットをやったりしてはないのでそういう運動では分からないけど、今そういう時間や仲間、場所を持つことが難しいからトレーニングになってますけど、それでも20歳のときよりいい。
だからこの45分、大変だけど貴重な45分で欠かせないし、意味あるトレーニングだなあと思うんです。
だから週1回のトレーニング、はりきっていきましょう!

というオチになるんですけど・・。



テレビを見ていて、先日の高校野球の例の2人のピッチャーを含め、この間あんな激闘が終わったばかりで、それで1週間でもう日本代表とかで集められて、アメリカへ国の代表高校生として試合をしてくるなんて、いくら鍛えぬいた素晴らしい彼らと言えども普通の高校生なんだから、ちょっと気持ち的に精神的にいっぱいいっぱいなんじゃないのかなあ・・・と心配してしまった。
だって海外にだって行ったことなかったりするわけで。
甲子園の余韻も感じないままにねえ。
大人が振り回しすぎていないかと。
僕が高校生だったらとき、そんなんムリだよ。
あ、そういう高校生じゃなかったか。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ