2006/9/27  23:59

S-Reggae  diary

あの、質問なのですが、ウエイトトレーニングの翌日に、一時的に体重が増えることってありますか?
先日、トレーニング後、特に過食もしてないのに、1キロも増えていました。
原因が分からなくて・・・。
筋肉とかと関係があるのでしょうか?


ということですが、トレーニングをした後は筋肉は回復しようとしますよねえ?
その回復しようとする筋肉細胞は炭水化物グリコーゲンと水分を吸収しようとします。これが体重が一時的に増える原因ではないかと思います。必要なことです。
心配しなくても大丈夫です。
それに体脂肪は1日では増えません。体脂肪を増やすのも減らすのもコツコツとなんです。
それと体重を毎日計っても変動は絶対にありますので、それに振り回されないように。
僕は1ヶ月に1回くらいしか体重計には乗りません。見た感じとか触った感じも大切にしているので。






クリックすると元のサイズで表示します
D.Iさんのレコード会社から10月4日に新しく発売されるCD。
S−Cawaiiという雑誌のモデルの子が中心になって?集めた曲らしく、その名も「S−Reggae」(エス・レゲエ)。
結構大物が入っていて、ビーニーマンとか、ウェイン・ワンダー、TOKも入っている。
最近ジムスタッフの中で僕は年が上のほうなので、僕だけロック好きなんだけど、多くのスタッフはこういうの好きだからジムでも受けそうだ。
楽に走るときやドライブにいいと思う。
これは買いです!
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/26  23:59

イルマーレ  diary

昨日は別なことを書いていたら「イルマーレ」を見たのに、それについて書くのを忘れてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
ご存知のようにキアヌー・リーブスとサンドラ・ブロック主演の恋愛映画。
この映画が韓国映画のリメイクだということは前日に知った。
そしてこの映画は・・・・韓国映画だった。というより、韓国ドラマだった・・。
あまりにメロドラマで、理想的。ありえない偶然で2年間の時空を越えて二人が現実に出会おうとする。
そのありえない偶然があまりにドラマ過ぎてリアリティにかけてしまうとどうもしらけてしまうんだよね・・・。
それにずーっと映画の5分先の展開が予想できてしまうのだ・・・。これって映画にとって致命的。のめりこめない。観客の想像を越える、または想像を裏切る展開、想像出来ない展開をしなければ驚きもなければのめりこめない。
ゆえに、今回は厳しいですが、イマイチでした・・。
次のターゲットはニコールキッドマンの「記憶の棘」「レディ・イン・ザ・ウォーター」だ。




クリックすると元のサイズで表示します
今回のサファリの表紙はジャスティン・ティンバーレークか。
ジーンズ特集でした。

2006/9/25  23:24

動画スクールUNSELF正式OPEN!ユウジ登場!!  diary

前々から話に出していたネット動画スクールのUNSELFアンセルフが正式にオープンしました!

。        UNSELF         。


そしてついにYUJIのスクールも始まりましたぁ!
ええっとぉ、第1回目は先に言っておきますが、僕はちょっと固いです・・・。
2回目以降は話はスムーズになっておりますので。4回目からはキャラを変えようと思ってますが。
結構まじめにやっていますので、ああ真面目な人なんだな、と思ってやってください。

ひとつの講座が焼く15分。
最初に今日のトレーニング部分の筋肉の説明。
そしてそのエクササイズ。
最後にカーボサイクルダイエットの食事コーナーとして食事について話をしています。食事をちゃんとしないと結果出ませんからねえ。
で、このサイト、ヒット数がものを言うので1日何回も見て下さい。
友達にアドレスを送ってください。
ブログで紹介してください。
よろしくお願いします。


BBSでの質問。
私、この3ヶ月で11kgのダイエットをしました。
間食を一切やめて、できるだけ体を動かすことに。
そのダイエットの際、飲んでいたのが
ゼナドリンというダイエットの補助サプリメント。
結果的に痩せたので、良かったのですが、
こういうサプリメントの併用って、体に害はないのでしょうか?
飲み続けるかどうか、ちょっと迷ってます...
飲まないとまた太るのではないかという、ちょっと依存ぎみではあるのですが。


まずゼナドリンという商品ですが、あまり公に商品を否定的なコメントをするのはなかなか危険なのかもしれませんが、この商品については、飲み始めた女性が心拍数が高くなって動悸がするとか、少し気持ち悪くなったという人に何人も会いました。

また全く違う製品でアメリカでのみ販売されていたエフェドリンまたはエフェドラという成分の体脂肪燃焼促進サプリメントは、確かに心拍数が高くなり体脂肪燃焼を促進するのですが、この手の心拍数が高くなる商品というのは人によって心拍数が上がりすぎたり、ショックが大きかったりすることがあるようで、アメリカでは数人死亡しました。コワイです。
その後いまから3年程前にアメリカでは全面的に販売禁止になったのですが、これがスーパーのサプリメント棚でも売られていたのです。法律が認めたのでしょうがないですが、でも禁止されたと。
そしてその物質が入ったものを日本でも手にする人は多くいました。
個人輸入で販売しているところか購入した人、友達がおみやげに買ってきてくれた、というなんの成分かも知らないで友人という信用だけで飲んでいたのです。
でもエフェドラはゼナドリンよりも人に合わないことが多いようで、2、3人身近に飲んだ人がいたなかで全員最初気持ち悪くなった、めまいがしたなどと言っていました。
何ともない人もいます。実は僕も試しに一粒だけ飲んだことがありますが、何ともありませんでした。体によると思います。

しかし心拍数を高くするサプリメントはそれが合法であっても僕はお勧めしません。
負担が大きいと思うからです。
また例えそれが体脂肪を落すものであっても、それをやめたあとはどうするのでしょう?また太る、体脂肪を溜め込むタイプの生活をするのでしょうか?体脂肪を溜め込むような食生活はただ体脂肪を溜め込むだけでなく、それと同時により体脂肪を溜め込みやすいシステムを体に構築しているのです。
大量のインシュリン分泌からインシュリン抵抗を生み、それを超えると糖尿病へと発展していく。
それでは意味がありません。
常に僕が言うように、適正な食生活と運動習慣を身に付け、生活の中に取り込む調整をして、体に負担を与えたり体脂肪をためるような生活に戻らない自分になることが必要なのです。
だったあなたはこれから何十年も生きるのですから!
先を見越したことをやっていきましょう!!
ここを読んでいるあなたには賢く生きて欲しいのです!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ