2006/9/26  23:59

イルマーレ  diary

昨日は別なことを書いていたら「イルマーレ」を見たのに、それについて書くのを忘れてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
ご存知のようにキアヌー・リーブスとサンドラ・ブロック主演の恋愛映画。
この映画が韓国映画のリメイクだということは前日に知った。
そしてこの映画は・・・・韓国映画だった。というより、韓国ドラマだった・・。
あまりにメロドラマで、理想的。ありえない偶然で2年間の時空を越えて二人が現実に出会おうとする。
そのありえない偶然があまりにドラマ過ぎてリアリティにかけてしまうとどうもしらけてしまうんだよね・・・。
それにずーっと映画の5分先の展開が予想できてしまうのだ・・・。これって映画にとって致命的。のめりこめない。観客の想像を越える、または想像を裏切る展開、想像出来ない展開をしなければ驚きもなければのめりこめない。
ゆえに、今回は厳しいですが、イマイチでした・・。
次のターゲットはニコールキッドマンの「記憶の棘」「レディ・イン・ザ・ウォーター」だ。




クリックすると元のサイズで表示します
今回のサファリの表紙はジャスティン・ティンバーレークか。
ジーンズ特集でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ