2006/11/4  23:09

効果の出るトレーニングと、そうでないトレーニング  diary

今日も見たなあ。

あまり人のことを批判はしたくないんだけど、時間だけを費やす無駄が多いトレーニング。
まあ、それは毎日、かなり多くの人がやっていて、いつも気になっているんだけど・・・・。

今回見たのは男性のトレーニング。
まず、僕が見ていたときにすでに40〜50分はトレーニングをしていて、さらにその40分後に見たときまだ全然トレーニングをやっていた。

トレーニングは60分以内がいい。
おそらくこの人は2時間以上はやっていただろう。
まず、男のトレーニングの目的は基本的に筋肉をつけること。特にこの方は細身なので対脂肪燃焼が目的ではなく筋肉をつけたいというのは一目瞭然。
2時間トレーニングを行うような内容ではその目的気に対して中身が薄すぎると言わざるを得ない。
僕自身、今の殻を破るようトレーニングしている。そうするととてもじゃないけど1時間を越えるトレーニングは体力的に無理。精神的にも集中力が続かない。
筋肉をつける、今と形を変えるには筋肉に対する刺激が必要だ。
そのためのトレーニング強度が必要だ。
そのようなトレーニングをするなら2時間は続けられない。
ちなみにそれはアメリカのトップボディビルダーでもそうだ。そんなに長くトレーニングする人はいない。
まずは中身を濃くして、短くすべき。

次に、ダンベルの振り回し。
片腕でのダンベルアームカールを振り回してたなあ・・。
本人の体重、体格、実際の筋力、トレーニング歴(あくまで見た目)とまったく見合わない12.5kgのダンベルでのワンアームカール。
肘が体の内側に入り、体がねじられ、上げるときに腰を使い、腰を使うから反動でダンベルを振り上げ、腕の曲げ伸ばしは普通伸ばしたところから一番曲がったところまで角度が100度あっていいのに、実際には45度くらいだろうか。ダンベルは上下しているが・・・。
そしてトップポジションでは腕が垂直を過ぎ、二頭筋は緩んで緊張状態にはなく、負荷がかかっていない。
やっぱりそうじゃないよね。
ダイレクトトレーニングしなきゃ。

さらに、僕が見たいた時、二頭筋で腕をやっていて、その後背中、ワンハンドロウ。二頭筋をやった後では背中は無理。それに振り回して上げてるし・・・。
その後また別の二頭筋。
そして40分見なかったそのあとでやっていたのは胸。腕をやった後で胸は無理だぞぉ。
しかしその間も何か肩とかやってたんじゃないかなあ。
トレーニングには流れが大切でどの筋肉を先に使い、後で別な筋肉と、後に来る筋肉のトレーニングの妨げにならないようにプログラムを組まなければいけないし、さらに効かせたい部分にもっと効かせるような組み方に細心の注意を払ってしなければいけない。
ここらへんはしっかりとトレーナーに聞かないと分からないかもしれないですけどね。

でも女性でも同じです。ダンベルは振り回すべきじゃないし、十分集中した刺激のあるやり方でやったほうがいい。形を変えるなら。

大丈夫でしょうか??



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ