2006/12/2  23:06

ハリウッド曲線美ランキング  diary

ハリウッドの女優セクシーランキングが発表されたようで、記事ではむっちり系となっています。

1位はサルマ・ハエック
2位スカーレット・ヨハンソン
3位ビヨンセ
4位ケイト・ウィンスレット
5位キャサリン・ゼタ=ジョーンズとジェニファー・ロペス

ということだ。
CURVYということで曲線が重視されるランキングらしいので、ケイトウィンスレットが入っているんでしょう。



トレーニングしようか、すまいか迷っていた人が、心の中での「めんどくさい」という声との葛藤の末、トレーニングはちゃんとやった。
これは誰にもあることだが、体調が悪いならちゃんと冷静に判断すべき。
しかしそれがなんとなくやりたくないなあ・・・であればこれは葛藤の瞬間。
この葛藤の末の結果があなたを作る。

やめてしまうのは簡単だ。しかし前に進むには向かい風に立ち向かわなければいけない。
やめてしまうのは、ただやめればいいが、これはただやめるだけではなく、癖になるのだ。やめるという前例を作ってしまうのだ。自分の中に。
前例が出来るとそれは普通になる。
そうしてそれを繰り返す。

反対にここを踏ん張って足を運びやり遂げる。
これは大きな財産だ。
これもまた前例となり、普通となる。そうやって同じことを繰り返す。
この場合は目標に向かってどんどん近づくことになる。

しかしやめてしまうのは、その場に留まることではなく、後退を意味する。
時間は前に進んでおり、留まるのは後退となる。
前例をつくってやらないことが普通になると、完全に後ろに下がることになる。

前に進むのは、それは大変だ。しかしそれ相応に得るものがある。
だからやめるかやるかは、倍以上の速度で反対方向に進むことととなるのだ。

どちらの前例を作る人間になりたいですか?
今日の人は前に進む前例を作った。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ