2006/12/28  23:59

硫黄島  diary

もうセールに行っちゃった!
またまたDIESELディーゼル!
ディーゼルのなんとか会員になっているので、優待セールのはがきが来たので一足先にお安く買えちゃう!のだ。
ここのところ洋服への出費が多いのだが、ディーゼルはやっぱかっこいいので、やめられない。
Tシャツ2枚と、10年ぶりくらいに買う薄手のニット。ニットは本当に買っていなかった。薄いものが好きで、ゴワゴワするものは着ないたちなのだけど、すっごいかっこいいので、10年ぶりに買ったのだ。着て見ると一層かっこいい!間違いのない買い物だった。



さて「硫黄島からの手紙」を見ました。
この映画についてはいまさら説明はいらないでしょう。
他の話を。
映画の中に憲兵が犬を殺すか殺さないかというシーンがあって、そこに登場する母親役の女性が、僕がLAにいたころ同じ演技学校に通っていた人なのだ!ゆかりさんという。
びっくり。
ラストサムライやさゆりにも出てるらしいけどそれはよく分からなかった。
でも「がんばってるなあ・・・!」と思った。あれから10年近く経つのに臥薪嘗胆の日々を貫き、こういう役を得る。
ほんとにねえ、皆さんが思っている以上にふだんの苦労はすごくて、毎日が葛藤で、なかなかうまくいかなくてつらいんだ。
とにかく毎日前を向いて進むしかない、と自分に言い聞かせる毎日。
でもそれを僕が知っているだけで10年やってきた彼女はこうやってスクリーンに登場している。
脱帽。
僕の元ルームメイトで今日本にいる俳優をやっているのに聞くと彼はもっと知っている人を「硫黄島」で見つけたそうだ。見てるほうは複雑な心境だったみたいだけど。
それと、最後のエンドロールでユミ・タカダさんという日本人キャスティングデレクターの名前も見つけた。
僕や周りの日本人が皆お世話になっていたキャスティングの人。やっぱこういう映画にはかかわっているんだなあ。
ああ、1度夢破れた僕はそういう意味でなかなかつらいものもあったかも。
でも僕は今までの人生でそうやって一生懸命やってきたことが自分を創り、今があると思っている。
敗れたけど、自分なりに全力で生きていくことは絶対にその後の前に進む力になると信じている。
映画を見ながら、映画以外のいろんなことを考えた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ