2007/1/10  23:32

リトル・ミス・サンシャイン  diary

クリックすると元のサイズで表示します
今日はリトル・ミス・サンシャインです。
自分を勝ち組と思い込んでいる実は負け組みの悲しい側面をそれぞれが持つ家族の話。
希望や上昇志向はあるのだけど、結果になっていない人達。
でもこれは多かれ少なかれ僕たち全ての人に当てはまるような気がして人事とは思えない感じで見てしまう。

それぞれのキャラクターがおもしろくて、あの「40歳童貞男」のスティーブ・カレルも出ている。
そんな人達が娘が子供のミスコンの全国大会に出れるとなったとき、一家総出でアルバカーキーからLAへ向かう。
それぞれの惨めな側面を描きつつ、最後のミスコン会場へ。
このラストのダンスシーンでは結ういつこれから人生が始まろうとしているミスコンに出ている娘の惨めな瞬間になってしまう。
そこで家族がとる行動とは??
このシーンが悲しくも惨めでもあり、でも笑えて、それでいて家族の愛が感じられて涙が出てしまう、とってもいいシーンになっている。
映画全体がこのシーンのためにあるといっても過言ではない。

結構小さな映画なんだけど、これがアメリカでロングランになっている理由が分かる。
見るべし!
クリックすると元のサイズで表示します


やっと正月休みが明け、トレーニングをやっと開始し始めた人が多いけど、みんな年明けはどうも体が鈍っているなあ。
単にトレーニングを休んだ以上に鈍っている。
今日のおば様も、ベンチから起き上がるのに足を振り上げてフンっといって起き上がっていたのに、今日はうまく起き上がれない???
そんなあ!
腹筋が弱くなったのか、体の使い方を忘れたのか・・・。
みなさんもう始めてますよね?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ