2007/1/15  23:20

FYTTE  diary

今日は雑誌FYTTE(フィッテ)の取材のための打ち合わせだった。

今回はフィッテでミラクルスティックというグッズで筋トレ、ストレッチを紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します

ストレッチポールという青い筒状のポールがありますよね?

あれが、へちま型になり、脊椎の湾曲に自然な形でフィットした状態で左右のアライメント調整ができたり、やわらかいので硬いポールではできなかったエクササイズもできるのです。
この上に寝たり、座ったり、足を乗せたりいろいろ。
表面にツボツボがあるのでマッサージ効果もあります。
種類が2つあって、細身のものと、湾曲が強い太目のものがある。

中に入っている芯を抜くともっと柔らかくなるので、柔らかさの調整も効きます。

このグッズを使っていろんなエクササイズを紹介します。

この仕事、誰からいただいたと思います??

なんとあの永井大さん!

先日いきなり携帯に電話がかかってきたら永井さんだった。

なんでも、この間のミラクルシェイプの放送後、FYTTEがあれを紹介する記事を作りたいということで、永井さんが僕がいいんじゃないか?と紹介してくれたのです。
で、永井さん本人が雑誌社やグッズの会社より先にわざわざ電話をかけてきて、「そういうことなんですが、大丈夫でしょうか?」と。

そりゃ、大丈夫で、ありがたいことなんですが、永井さんの律儀なところに驚いた。

その後、会社の人から電話があって、また永井さんから電話。
「急にそんなことお願いしてすみません。よろしくお願いします。」と。

すごい人だなあ。
紹介だけして、あとは業者まかせで十分いいと思うのに。
今回、よーく彼の人柄がわかりました。
みなさん、安心して彼のファンになってください!
いい人ですよ!

今日はその打ち合わせでした。



個人的なところでは今日は休みだったので、修理に出した車を取りに。
傷ついたドア1枚、ついでに前後のフェンダー部分、と右半分を塗装しなおし。
もっのすごい高かった。
保険つかっちゃったんだけどね。
どっちにしろいたずらで僕が出費することには間違いない。
すっかりキレイになって帰ってきましたが。
ほんと家の中に入れたいくらいだよ。あの渡辺篤夫が紹介する家みたいに。

2007/1/15  0:25

甥っ子の、いとこの、しょうちゃん  diary

今「ショウビズ・カウントダウン」という映画情報番組で、ロッキー6をやっていた。
今までにないくらい長い予告クリップだった。
いろいろセリフも入って!
今回の映画は脚本も監督もスタローンだ。
みんな知らないと思うけど、彼は結構作るほうに才能があるんだよ。
だってロッキー1を生み出したのは彼なんだから。脚本も。
ロッキーは全部書いているはず。ランボーも書いている。
結構今回は力入れているようだ!
番組でも、「5はなかったかのように、今回は1のスピリットを復活させている!」って言ってた。
この番組結構厳しいのに。



この間正月に田舎に帰ったとき3,4年ぶりに甥っ子のいとこになる「しょうちゃん」に会った。
高校3年生の男の子で、僕のお兄さんの奥さんのお姉さんの子供、次男だ。
3,4年前に甥っ子の徹と一緒に2人で東京に遊びに来た。新幹線に乗って。
東京駅まで迎えにいったんだけど、しょうちゃんはすごく大人しくシャイな子だった。

それは高校3年になった今でも変わらないんだけど、彼の来年からの進路を決定した意図に驚いた。

彼は理学療法士になるための専門学校に行くというのだ。

18歳ごろ僕は何になりたいのかそんなに明確なものは持っていなかった。
なんとなく俳優になりたい、見たいな。夢物語。
疑問に思ったので聞いてみた。

「なんでしょうちゃんは、それになろうと思ったの?」

「じいちゃんが、足が悪いから、それもあるし、そういう人のためになるから・・・」

うう・・・僕は涙が出てきた。
彼のおじいさんは足が悪いのだが、小さい頃からおじいさん子らしくて、可愛がられ、面倒を見てくれたのもおじいさんらしい。

だからそんなおじいさんの助けになりたいということなのだ。

立派だなあ。
すごいや。
僕は18のとき、そんなこと考えなかった。
尊敬したなあ。

今度東京来たら、うまいもん食べさせてあげよう。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ