2007/2/24  22:34

銭湯。意外な秘密。  diary

クリックすると元のサイズで表示します
昨日発売のフィッテに僕が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスのミラクルシェイプの時に番組で取り上げられたミラクルスティックです。

番組からのからみでこの記事でエクササイズを紹介することになりました。

ストレッチポールのように使うこともあれば、エクササイズボールのような使い方もします。
その両方の融合といったことができます。




昨日から家のボイラーがおかしくてお湯が出ない。
すなわちお風呂に入れない。
週末ということも会って、修理はなんと月曜までおあずけ。
お皿を洗うのも水です。
しかもよりによってここ2日間すごい寒いじゃないか!

ということで今日は今から銭湯です。

銭湯といえば・・・・。

銭湯には隠された僕の秘密・・ルーツがあるのです。誰も知らない秘密。

僕が広島から大学受験に来るとき、親から「(東京に一人暮らしをしている)いとこのお兄さんと横浜の大学に行っている先輩のアパートがどんなもんか見て来い」と言われた。
親も東京のアパートの相場が分からないので、見て来いと。

その2人がよりによって当時3万5千円の風呂ナシに住んでいた。
それが普通と解釈したうちの一家は僕もそれと同じにすることにした。

しかし!!
大学に行って見るとみんな風呂があるじゃないか!

風呂がなかったのは知っている中で自分ともう一人だけ。あとは見渡してもいなかった。

しょうがない、ということで、銭湯通い。

7月ごろ自分の家の近くの駅の前にスポーツクラブがあったのに気がついた。
レヴァン練馬。今のティップネス東武練馬。
何回も前を通るたびに先のいとこのお兄さんが「お前は体鍛えたいんなら、ジムの会員になって、トレーニングして風呂入ってくれば一石二鳥じゃん。銭湯毎日と月会費は変わらないよ。」というのを思い出していた。

何回かそれを考えた後、「あれ?もしかしたらバイトなんかあっちゃったりするのかなあ?もしあったら一石三鳥じゃん!」と思った。

でも自分に何ができるのかわからない。
アルバイトは春に引越し屋をやった以外に何もやったことがない。
しかも田舎では見たこともないスポーツクラブ。
しかも今から18年前。
自分がそこでなにが出来るのか全く検討がつかない。

しかし若いとは恐ろしいもので、思い立ったら、トコトコと自動ドアを入って、フロントで「すみません。アルバイト募集してますか?」と今考えると考えられない行動をとった。

するとフロントの人が「どこのセクション希望ですか?」と言うので、え?え?え?え?せくしょん??
と思って戸惑っていると、「ジム、プール、フロント、ラウンジのどれを希望ですか?」と言うので、ものすごい頭を回転させて、自分が興味あるのはジムだしなあ・・・と思って「ジム!」と答えた。
「では後日履歴書を持ってきてください。そのとき面接します」と。

で、そのときは僕だけ、一人だけ面接に受かった。

今があるのは、あのときの偶然です。

いとこのお兄さんの言葉がなかったら・・・。
駅前にスポーツクラブがなかったら・・・。

風呂なしじゃなかったら・・・。

あれ?風呂なしだったことに親に感謝すべきなのかな??

それ以来、ずーーーーーーーとジムで働いています。



運命とは分からないものです。

勝手に回る運命と自分の意思の融合ではあると思う。
これがまさにそう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ