2007/3/15  22:38

ロッキー、六本木を駆け上がる件  diary

スタローンが六本木ヒルズの階段を駆け上がることについてですが、公式HPでは急遽決まった来日に更新が遅れていたようで、応募締め切りは18日、来日、階段を駆け上がるのは25日!
おととい、もう応募は済ませてあるので、後は僕の熱い文章を評価してもらうのを願うばかりです。


でもほんとにロッキーやジャッキーがいなかったらこんな僕は存在しないわけで、まあそういう人は世界中にものすごく多く、多くの格闘家はみんなそう。
僕の場合は、この体を手に入れるまであきらめなかったこと、つらい?俳優修行中、LA時代もハングリーでいられたのはロッキーがあったから。
そしていまこうやって僕を通じて多くの人が運動をしているのは、ロッキーから受け継がれたもので、これはロッキーが残した大いなる遺産です。

ひとつの映画が、ここを見ている人、トレーニングを受けている人に広がっているのです。
この事実を本人に伝えたい!!!

ということを書いたんですけどね。

ほんと正直うだつの上がらない俳優の毎日はつらいです。でもハングリーがそれを支えてくれる。
「そりゃ怖いさ。打ちのめされるかもしれない。パンチを浴びるだけかもしれない。でもそこで這い上がってもう1ラウンド。なにがなんでも立ち上がってもう1ラウンド。それで全てが変わる!!!」
という言葉を何万回頭の中で繰り返したことか。

それは今でもそう。

そのころついた癖でもある。

決して今の自分に満足しない。
不満があるんじゃなくて、もっと前へ進むために自分を奮い立たせるために自分に言葉を唱える。

最近は今回の「ロッキー・ザ・ファイナル」「ロッキー・バルボア」の言葉の「まだ終わっちゃいない!」って言葉を唱える。
ここでもうだめ、自分はダメなんて思わないように。つらいときこそ本当に前を向いていられる自分であるように、自分を奮い立たせる。

そんな僕なので、六本木の階段を駆け上がりたい!!
(あそこは何回も映画見に行ってますが・・・)

25日かあ。もし当選したら日曜の17:30の方ゴメンね!朝やりましょう。

http://www.sexyfitness-shop.biz



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ