2007/4/21  23:46

1:1:1の調整  diary

基本はあくまで炭水化物:低脂肪たんぱく質:野菜(芋を除く)=1:1:1の食事を勧めます。

ただここから人によって、というより仕事の内容によって炭水化物の量を変えていきます。

1日の中で仕事に費やす時間は一番多いですよね。

その仕事であなたはどのくらい歩いているか?体を動かしているか?
これが重要です。

僕のクライアントの中で、貿易会社、法律系、大学の先生、ミュージシャン、雑誌編集など座っていることが基本の仕事の人は体脂肪減少に関してなかなか苦労しているところです。

それはほとんど座っているから。

僕なんかは、1日中歩き続ける、ダンベルを持つ、という行動が4,5時間続き、またその後数時間続く。心拍数は微妙な100オーバーが1日で7、8時間ある。
さらに間に自分のトレーニング。このときは心拍数バクバク。

こんな人は少々炭水化物が多くないと低血糖に陥ってしまって、動けなくなる。
でもそんなに多くないけど。

座り仕事の場合、これと同じ量を取るわけにはいきません。

まずは1:1:1で始めて、それで体重、体脂肪の変化がなければ炭水化物を少し減らす必要がある。
それで変化があれば、そのまま同じ量を続ける。

ただ減らしすぎにも気をつけよう。低血糖はだめです。

そうやって変化がない人は調整して見よう。




さて、昨日のロッキーCDですが、ジムのフリーウエイトエリアで1日中流していても、もういい!と言う人はここに来る男の人達の中にはいないし、音量を上げる人もいる。
オートリプレイになってない場合、自分でプレイを押す人もいた。

中には口ずさむ人もいる。

ここらへんの男達はやっぱり好きなようだ。
「今日はやる気なかったのに、あの音楽でやる気出たよ。」と。

今回のCDよーく聞いてみると面白い。
ところどころスタローンのセリフ入りなのだ。

最後の18曲目に「DJリミックス」というのがあって、「なんで使われていないのが入ってんだろう・・」と思っていたら、これ例のロッキーのテーマを少し変えていて、基本的にはあのテーマなんだけど、DJのキュッキュ、キュッキュと言うときになんとスタローンの声でセリフが入り、それがラップになっているのだ!!!

普通の映画の中のセリフを抜き出してるだけなのに、リズムと合って、ラップになっている!!すごい!

最初の「My name is Rocky Bakboa」から始まり、「I just wanna say one thing」という4で試合後リングで喋る前に言う言葉、そして今回の映画の「どんなに打ちのめされても、こらえて前に進み続けることだ。決しあきらめずに」のところもラップになっている。
さらに、「・・・エイドリアーン!!」と叫ぶ声も入っている。
これがうまくできているんだなあ。

何回も聞いちゃお。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ