2007/5/19  23:15

挙上重量と体作りとの「男の」ジレンマ  diary

さて、今日も男の話です。

Eさんとこんな会話をした。
ベンチプレス途中、
「今のがやっと体重と同じくらいですか!いやあ、いつになったら100kg上げられるようになるんですかね?」

「これはですねえ、正直言いますと素質と言うものがあります。上げられる重量には素質が関係してきます。
 初めから60kgがすいすい上がる人もいれば60kgまでなかなか到達しない人もいます。
 これはまず筋肉の素質もあって、こういった短い時間に収縮するのに才能を発揮する筋肉を持っている人もいれば、重い重量は上がらなくても100m走がはやかったり、長距離が早い人もいます。
 それと身長や手足の長さも影響することがあります。
 手足が長いとてこの原理で支点と力点が遠いので重いものが上がりにくくなります。
 背が小さい人で体重の2倍のベンチプレスを上げるひとはそういう大会に行けばゴロゴロいます。しかし、180cmを超える人で体重の2倍以上上げる人はなかなかいません。
 そうそう、体重も関係あります。体重が多いほど重いものは上がります。もちろん全てが体脂肪ではあまり関係はありませんが。
 でも体脂肪があるほうが上がるもの事実です。

 確かに男としては、重いものを上げられる強い男でありたいわけですが、筋肉をつけるのには、必ずしも重いものを上げる必要はありません。自分にとって重ければいいのです。
 ためしにやってみましょうか。
 ダイレクトトレーニングの手首、パワーセンター、前腕垂直、肩甲骨閉じを全てきっちり行います。
 そしてポガティブで下ろすときに最初の降ろし初めから、下ろすんだけど押しながら下ろしていきます。
 そして下で2カウントストップ。このときただ止めているんじゃなくて、押している感覚で止めて胸にツッパリを作って止める。
 そして押し上げる。胸で肘を押し上げる。

 胸が十分きついでしょ?
 この感じでやって、胸に緊張を維持し続けて、それでいてやっと自分なりに最大限に重い重量を扱っていく。

 そこで初めて重い重さになるんです。

 それさえやれば、人と比べて重いものじゃなくても、自分にとって重ければ筋肉は反応し、成長ホルモンは分泌され体は変わるんです。
 それでいいんです。」


要は自分にとって、自分の筋肉にとって重い重量、負荷をかけることです。
ダイレクトトレーニングぜひ見てね!  

2007/5/18  23:10

男の前腕トレーニング  diary

昨日は2回目のパーソナルトレーニングの女性もいました。

1回目にやった動きを忘れていたらしく、また修正しなおしながらやりました。
トレーニング自体初心者です。

まず彼女には、毎日、お腹と、お尻の運動の動きのフォームチェックを家でして下さいと伝えた。
それは仕事が座り仕事の場合、体を使うことを意識しないで1週間が過ぎてしまうので、体が忘れてしまうのです。

なので、疲れるほどやることはないけど、フォームチェックをする程度に試しにやってみて、ここだな、と確認をしてほしいと。

それと彼女には明日、つまり今日、どこが筋肉痛になったかを確認するように伝えた。
筋肉痛になることで、それがどの部分かを確認することで毎週使い方がうまくなっていくから。

すると今日
「今日、筋肉痛になりました。特に背中とお腹とおしりが痛いですが、ちょっと効果が分かって嬉しいです☆」
とのメールが。

お尻もしっかり来たようでよかった。お腹も。




トレーニングの質問なんですが、ダンベルを使用してアームカール等を行っています。
手のひらの真ん中で強く握っていたので同時に前腕のトレーニングにもなって?前腕が太くなったのですが、パワーセンターでもった場合、前腕にはあまり効かなくなってしまいました。(当たり前ですね。。)
これからTシャツになるのに上腕二頭筋や三頭筋はボリュームアップできても、リスト、前腕が細いのがコンプレックスです。
なにが良いトレーニング方法はありますか?



ということですが、もちろん背中や腕をトレーニングするときにあまり前腕を疲れさせたくはないですね。

前腕を鍛える方法ですか。
これは古典的ですが、ベンチに肘から手首を手のひらを上に向けて水平に置き、バーベルを握る。
手のひらはベンチから飛び出している。
握ったバーベルを指を開くように指先まで落としていく。
指先で引っ掛けるところまで行ったら、再び巻き上げて手首をカールさせる。

またこれの逆で手のひらを下にしてベンチに腕を置いて、バーベルを握り甲の側に手首をそらせていく。これを繰り返す。


僕はこれに関しては何もしていません。
背中のトレーニングでもパワーグリップを使っています。

しかしそれでも高重量を扱うので、背中の運動でも、胸でも前腕をそれなりに使っています。
また重いダンベルを持って歩くことが多いので(自分のトレーニングでもPTでも)それで鍛えられる。

あとは体脂肪が少なければ血管が肘内側から手首まで浮き出るので、それが男らしさを増すでしょう!!
わざと重いもの持って血管浮き立たせたりなんかしちゃってね!

最終手段は前腕を忘れて上腕を出してください。
ノースリーブかタンクトップです!
二頭、三頭、肩が十分ならそこを出せば前腕はどうでもいいです!!




今日は時間があったのでお買い物。
リーバイスのデニム半ズボンでステッチの効いたいいのがあって3週間前に見て、やっぱり欲しいので買いました。
夏はすぐ半ズボンになっちゃうんです。
筋肉が熱くて。

そしてまたDIESELに脚を踏み入れてしまったなあ。
これまた2週間前に見たバッグでいいのがあって、仕事行くときに使うのに調度いい多きさで、使えるしかっこいいのでそれを買おうと。
それはその店舗になかったので、別のお店のを取り置きにしてもらった。
そこまでは予定通りなのだが、また予想外なことが!

当然他の商品、服やアクセサリーを見てまわるのだが、まずいことにものすごいかっこいいGジャンが目に入った。
ライダースジャケットみたいなものすごくかっこよく、タイトで、ジッパーが各所に着いたもので、とりあえず試しに着てみた。

まずいことに、これがものすごい体にぴったり!
タイトなライン、腕の長さ、ぴったり!

最後に1着しか残っていないものが、サイズぴったり!
サイズが合わなければあきらめたのに。

1度着て、脱いで、しばらく考えていると「また着てみます?」と店員に聞かれた。
「いや、あれが十分かっこよくて、ぴったりで、僕に似合っているのはよーく分かっているんです」とわけの分からないことを答える。「今買っていいものか、悩んでて・・・。」

DIESELはいつも小ロットで出してくる。多くを作らない。ゼッタイに残り物セールになることはない。今買わないとない!という戦略で来る。

すっかりそれにはまっている僕は、これを買い逃したら出会わない、と思い・・・・買っちゃいました。また。



2007/5/17  23:59

これから始めるパーソナルトレーニング  diary

今日はケイコさんと言う方の始めてのパーソナルトレーニング。

背中の運動をダンベルでやってみたが、なかなか肩甲骨をどう動かしていいのか、分からない。
ためしに立ったまま肩甲骨を寄せてみてもらったが、それでも最初はどうやって寄せていいのか体で分からなかった。

ダンベルプレス。
下ろしたときに胸の張り具合を感じてもらいたかったのだが、これも1発で分かるのが難しかったようだ。
3セット目にはなんとか大丈夫だったが。

ライイングフレンチプレスで三頭筋をやったのだが、これも最初の数回では前腕が使われているようだった。
1セット目の後半ではなんとか三頭に感じられたが、もう少し早く感じてほしかったなあ。

腹筋のクランチも最初はどこを使っているのかかんじられなかったようだ。まあこれもその日のうちには十分分かるようにはなったのでいいのだが。

これはだれでも最初はこんなものです。

普段、日常では頭から指令を下すのは手先ばかり。特にPCを使う仕事では。
体の中心部、胸や背中、お腹、お尻などには指令を下すことはめったにないので。

なので最初はどんな運動をしても腕にばかり力が入っていく。

最初に運動をしてもらったとき、まずは筋肉が伸びるのを感じてもらう。

そして翌日に筋肉痛になてもらう。

その2つで痛いという感覚を筋肉から頭に知らせる。何度も何度も。
そうしていくうちに次第に反対に頭からその部分へと指令が下せるようになる。

さてここから早いうちに体に使い方に革命を起こし、次第に体の形にも革命を起こしてもらおう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ