2007/7/3  23:59

男よ!重さに目をくらませるな!  diary

今日は7月3日でしたか。
トムクルーズの誕生日ですね。
昔覚えたこういうものは忘れないものですね。


さて、ジムで必要以上に重い重量のベンチプレスやスクワットを行っている男性を多く見かけます。

つまり、ベンチプレスを胸まで(もしくは肩が痛くなる手前まで)下ろすことが全く出来ないほどの重量で行い、上3分の1程度だけ動かしていたり、重すぎるスクワットでこれまた上3分の1くらいしか下ろしていないまま続けていたり。

もちろんそういったやり方を入れることもあります。
ただその場合は通常の下まで下ろす数セットの間に1,2セット挟むだけ。
しかしながらそれを全てのセットにおいて行ってしまう。
それも毎回、いつでも。


それでは筋力もアップしなければ、筋肉も大きくならない。
体は変わらない。

どうしてそうなってしまうのか?
それは周りで重い重量を扱う筋肉のついた人のトレーニングを見ると、男が燃えてしまうからです。

今日僕がトレーニングしていて、というかいつもなんだけど、60を越える男性2人が、僕がやっているのを見て、すごいなあ、あれくらいこんなのを軽々と綺麗にできたらいいよなあ。と言う。
60超えてこれなのだから、若いとなおさらです。

この60超えの2人にはきちんと話しました。

「重量は関係ないんですよ。
 重いのをやらないと筋肉が大きくなったり、形が変わらないってことはないんです。
 自分にとって8回から10回で限界を迎えるのが重い!ということであって、それより重くして3回しか出来ないのにやっても筋肉は変わらないんですよ。
 だから自分が8回から10回できついと思う重さでやればいいんですよ。
 人の重さと比べないで下さい。」

すると2人は「そうかぁ!そんなに重くなくていいんだな!よーし!」と余計に燃えさせてしまったかも・・・。


自分の重量を見つけましょう。
男なら周りに振り回されず。恥ずかしがらず。
目的が筋肉をつけることなら、つく方法をとればいいだけ。




さてカーボサイクルダイエットのDVDも98%完成しました。
パッケージも完成!

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい写真でしょ!
綺麗です!

DVDの中身は笑えて感動してためになるダイエットメソッドです。
食事については7割時間を割いています。
15日に発売できるかな?

お楽しみに!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ