2007/7/4  23:48

スパルタンが教える男が男である方法  diary

今日は時間があったので、絶対映画を見なきゃ!と思って夕方渋谷に。
とはいうものの、結構時間がなく見たいリストの

300スリーハンドレッド
ダイハード4.0
プレステージ
ゾディアック
ラッキーユー

の中で唯一「300」が何とか見れる。
急いで渋谷に行き、早歩き。
この映画館が遠い。
六本木通りと青山通りの間の三角地帯にあるあのビル。
駅から遠い。

なんとか時間ギリギリに着いたが、ものすごいムシムシした今日、僕がべっとり汗だくで、椅子にもたれることは20分以上できなかった。
こっそりTシャツをパタパタ。

この映画、かなり残酷なところもあるけど、それがテーマではない。
スパルタンの男の厳しさ。

男が男として一本立つためにはどうすればいいのかを教えてくれる。
目先の利害だけを考えては彼らが歴史に残ることはなかった。
しかし今まで生きてきた生き方、自分らしさを突き通す。
そうして彼らは男であることを魅せた。

クリックすると元のサイズで表示します

主演のジェラルド・バトラーはオペラ座の怪人の主役をやった人だ。
これ見てもいまだに素顔をしらない。

この時代の男にあるものが今の男は持っていない。
どちらの時代がいいのかわからないけど。

でもいい映画だった。


クリックすると元のサイズで表示します
今発売中の雑誌DIMEにエクササイズDVD特集がされています。
その中で「部屋でも出来る男の本気トレーニング」が紹介されています!
クリックすると元のサイズで表示します

半ページは大きいですねえ!
もちろんこの企画はビリーあってのこと。
それについて4ページあって、他見4つのDVDが紹介されている。
カルメンエレクトラのセクシーボディレッスン。
テレビでもやっているターボジャム。
後は日本人の女性の格闘技系。

ビリーのがあって、紹介の場をいただいた。と。

この間のミラクルシェイプもそうだったなあ。
ビリーがあって、視聴率上がったところで、僕たちのダイエット企画。
結構多くの人が見たんだろうなあ。
見たら続き見たくなるだろうし、次回も視聴率いいはず!






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ