2007/10/19  23:38

筋肉に効かせる方法。  diary

久々にある人のトレーニングを見ると、「ああ、やっぱりいつの間にか楽な方法でやってんだなあ。ちゃんとやるとすごい効くなあ。」と言われた。よく言われる。

ダンベルプレスの場合、下の筋肉が伸びるところはきついので男性は重量を追い求める代わりに範囲が浅くなる。
その下の部分でさらにバウンドするように早く通過させてしまう。
前腕が中に倒れると三頭筋に分散されるので実際には楽になり、それで何回か多く、または重いものを上げられた気になる。

でもそうやって上げても、上げている感覚だけあって体が変わらない。
なぜならそれら全てが肝心の胸が楽に感じる、負荷がかかっていないやり方だから。

そんな風に体が動いてしまうのは当然といえば当然。
重いものを移動させるには一番楽な方法を体が取るのは自然の摂理なのだから。

でもトレーニングは反対。
きちんとターゲットに負荷をかけるために、そのほかの筋肉や反動は動員しない。

上の例で言えば、
きちんと胸の筋肉が大きく伸びるところまでしっかり下げる。(ただし肩の前に負担がかかるほど下げない)
反動を使わず、下の位置では頭の中で2カウント数えて止めてから押し上げ始める。
前腕は常に垂直に保つ。他人に確認をしてもらうと良い。
などなど。

これだけでかなり変わります。


こういうのは身についている人はその違いが見えるのだけど、身につけないと見えない。
しっかり身につけて無駄なことはやめよう!






クリックすると元のサイズで表示します
ネットでDIESELの帽子を買いました。
意外とネットっていろいろとお店にはないものが売っているものなんですねえ。
店では見なかったぞ!
この前の部分の大きなエンブレムがかっこいいし、前半分は後ろ半分より長く作ってあるのでかぶる部分が半円ではなく、前が伸びた形になっているもの面白い。
色も気に入った。
ワイルドな色合いがDIESELでいい。


クリックすると元のサイズで表示します
もうひとつ。
中国軍隊っぽいかんじ。
ニセ芸能人っぽい感じで。
この色もジーンズに合ってかっこいいなあ。

でも普段は髪おっ立ててるのでかぶることは少ないんだけど。

2007/10/18  23:48

ゼロカロリー?  diary

今日のWBSではゼロカロリーのコーラなどを特集していた。

現在はカロリーは多いが、必要な栄養は足りない状況の人が多い。
だからカロリーも問題だが、栄養不足も問題なのだ。ビタミン・ミネラル、たんぱく質の不足だね。

ちなみにカロリーがないドリンクでも人口甘味料を使用している場合、体に入ってくるカロリーはないものの、甘い!というのは感じるということ。
この場合、すでに体脂肪が多い人やインシュリン分泌が多すぎる人(体脂肪を溜め込みやすい人)は気をつけなければならない。

すでにそのような状況の人は、甘いと感じるだけで、実際に甘いもの、炭水化物を食べたときと同じようにインシュリンが分泌されると言われている。
だからまだまだ安心できないんですよ。

そして小麦のふすまから作ったパンを使ったハンバーガーなどが商品のカフェを紹介していた。
小麦のふすまでそういうことが出来るんですねえ。これはちょっとビックリなのと、いいかも!と思った。
そのパンなら吸収される炭水化物はほぼゼロなのだそうだ。
厳密に言うと、いつもそれでは栄養が足りなくなるので、半々でできれば、後は中身をいいものにすれば理想的な外食も可能なのではないでしょうか?


あるフィットネス系の雑誌で「石器時代の食事のすすめ」と題して記事が書いてあった。
4万年前の時代から人の体はほとんど変わっていなく、しかしながら、1その後農耕などが始まり、特にここ数十年で加工食品なるものが世の中の大半を占めるようになった。

体は変わらないのに、消化する方法に無理がある食生活にわずかな間で変わっているのだ。
今普通と思っている、サンドイッチ(パン、ハムなど)なども100年前にはありえなかったのだ。

僕は毎日買った食事はしない。(月曜をのぞく)
毎日肉そのものから、野菜そのものから(ジュースではないってこと)、お米は精製していない玄米、豆も納豆の豆の形。
出来るだけ素材そのものの形で食べている。

それが一番負担がないのだ。すなわち細胞に変性が起きにくいと推測される。

いつまでも健康に、元気にいられる秘訣です。

2007/10/17  23:27

出会い  diary

月曜日に、書きませんでしたが、次のある仕事のため西麻布で会合がありました。
場所は西麻布の中でも行ったことがないエリアにある、しかも会員制レストラン。

そこで今後間接的に仕事をしていくことになる人達と(直接的にも)集まり、飲みました。

そこで普段は会うことがない違う分野の方々と話をし、刺激がありました。


そのうち1人がトライアスリートの山本淳一さん。
http://www.keiyo-isc.org/jun1.htm
彼のテーマはSPEED-KING!SEXYFITNESSのようだ。
世界を転戦しているらしくあまり日本にはいないそうだ。
彼と僕はこの席でストイックな2人と言われた。

トライアスロンの話も聞いたが、なぜか彼が女子大で指導するのに苦労する話を聞く。
女の子は難しい・・・と。


そしてスノーボーダーの谷口君
女の子受けしそうな顔だったなあ。
かなりいろんな大会に出ているようで。


他にフードコーディネーターの藤本麻由美さん、陶芸家の石井さん、ライターの佐々木さん、ジェラートを作り、コーヒーパティシエを指導する方、モデル兼ヨガインストラクターの遠藤さんなど、いろんな分野の人と色んな話をしました。

ああ、たまには何かしら出かけてそういう出会いも楽しいもんだなあと思った。

この仕事については年明けくらいに発表しましょう!







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ