2008/1/8  23:58

ピロリ菌で癌になる?かも?  diary

年明け仕事も始まり、皆さんはすでに運動を始めていますでしょうか?
うっかり正月の間食べすぎ、休みすぎた人は、逆にそれを反動にしっかりと運動をやっていきましょう!
まだトレーニングをしたことのない人も、新年から新しく始める!というのはいいキッカケです。
キッカケと勢いがないとなかなか始められないものです。
パーソナルトレーニングをはじめてみよう!と思っていた人も新年はいいキッカケでしょう。
お待ちしていますのでドンドン来てください!勢いあるときにやったほうがいいです!



ピロリ菌が癌を誘発する可能性があるとニュースでやっていた。
胃潰瘍の原因になると先日聞いたばかりですが。

ヘリコバクター・ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるたんぱく質を全身の細胞で作るよう、受精卵の段階で遺伝子操作したマウスを222匹作った。
うち2匹は約1年半後には胃がんを、4匹は小腸がんを発症した。さらに、17匹が白血病などの血液がんを発症し、CagAが胃がん以外にも関係する可能性も浮かんだ。一方、通常のマウス100匹も観察を続けたが、がんは発症しなかった。

ということです。
ピロリ菌があるから必ず癌になるって訳じゃなく、その可能性が十分あるということだそうだ。
なのでピロリ菌を除菌することは癌の発症率を下げるのに有効ということだ。

じゃ、ピロリ菌はどこから来るのか?を調べてみると、
ピロリ菌の感染経路ははっきりとは解明されていませんが、井戸水や河川の水などを通して、幼少のうちに感染することが多いとされています。日本人のピロリ菌への感染率は、先進国の中ではかなり高く、40歳以上では80%前後の人がピロリ菌に感染していると言われています。しかし、近年の上水道の普及など衛生状態の改善によって、感染率が徐々に低下する傾向にあります。

あれ?じゃ、僕なんか田舎の出のものは不利?





PS.
僕はヒラリーさんも今までいろいろやってきたし、いいんじゃないかと思うんだけどなあ。押しも利きそうじゃない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ