2008/2/29  23:29

アカデミー賞の人々  diary

先日アカデミー賞が発表されましたが、ノミネートされた人たちのこんなニュースがありました。


まずは主演男優賞を取ったダニエル・デイ・ルイス。
昔オスカーを取った後、靴職人になった人だ。
ジョニー・デップもロハスな私生活を送っていることで知られているが、ダニエル・デイ=ルイスはロハスどころではなく、殆ど仙人のような暮らしぶりで有名だ。
過去10年間に出演した映画が4本という“寡作の俳優”である彼は、ふだんはアイルランドのウィックロー州の山岳地域にある自宅で靴作りと木工作業に明け暮れており、その木工作業への没頭ぶりがあまりに本格的なので「9歳になる息子のローナンは、最近まで僕のことを俳優とは知らず、大工だと思っていた」と本人がインタビューで語っているほど。
そんな彼には今年の春にも映画スタジオ入りする予定があるが、今度は妻のレベッカ・ミラーの監督作(原作も彼女)「The Private Lives Of Pippa Lee」に、俳優としてではなく、セットをつくる大工作業スタッフとして参加するらしい。
その年のアカデミー賞俳優が撮影所の片隅でぎこぎこ大道具を製作しているというのはすごい光景だが、彼ならやるかもと思えるところが仙人デイ=ルイスの仙人たる所以だろう。

(AOL)

なるほどねえ。靴もやってるけど木工作業ねえ。
山ほどハリウッドからオファーがあるのにそれを選ぶとは。
今回の映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の監督も彼に役をお願いするのに緊張したそうだ。

こんな記事も。

今年のアカデミー賞主演男優賞の最有力候補と言われているダニエル・デイ=ルイスは、ノミネート作「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」撮影中、役作りのため他の俳優と喋ることを一切拒否し、その様子が本当に “クレイジーで怖かった”ので降板した俳優がいたという噂もある。
また、「マイ・レフトフット」ではカメラが回っていない時にも車椅子で移動してスプーンで食事を食べさせてもらったし、「ラスト・オブ・モヒカン」に出演した際には森の中で生活した。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」では、本物の肉屋で修行したり、ホテルのジムで会った共演者のリーアム・ニーソンを役名で呼んで喧嘩になったこともある。
こうした超ストイックな彼の演技法を“洗練されたサドマゾヒズム”と呼ぶ人々もいるが、本人は違うという。「人々は僕がいつも洗練されたサドマゾヒズム状態にあると思うようだが、それはまったく違っている。仕事は楽しいことだよ。もしある世界を想像しようとしたら、想像力を刺激できる手段はどんなものであれ全て使うだろう。それがメソッド・アクティング(自己の経験・感情を用いた写実的演技法)だよ」とエンパイア誌に語っている。





今年のアカデミー賞で最多8部門にノミネートされた「ノーカントリー」での演技で、助演男優賞の最有力候補と噂されているハビエル・バルデムだが、名演のために犠牲にしたものもあったようで、武田鉄矢を連想させる70年代風ヘアスタイルのおかげで撮影中は激しい欝状態だったという。
「彼は撮影中欝になってたよ・・・・・。3ヶ月はセックスできないと思っていたようだし。本格的な欝だ。本当にひどかった。彼は自分の外見を嫌っていた。ずっと家に閉じこもって、外出しようとしなかった」と共演者のジョシュ・ブローリンが語っている。
バルデム自身もこの“ヘア欝”の事実を認めており、「自分自身を見るとき、自分の髪型が見える。それが自分の心理を通して、あれほど微妙に自分自身に影響を与えるなんて知らなかった」と語っている。


アカデミーにノミネートされるにはやっぱりそこまでやらないとたどり着かないんですね。





2008/2/28  23:59

ボディビルダー山田 雑誌に登場  diary

ルネサンス三軒茶屋のフィットネスチーフ山田さんが、雑誌に登場した。

数日前に「今度雑誌に出るから、見てね。」と、言うので

「何の雑誌?」と聞くと、
「ボディビルディング!」

「ぼ、ぼ、ぼでぃびるでぃんぐぅぅぅ」

見てくれと言われて、「はい見ましたよ!」じゃなんなので、買ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、今までコテコテのごっつい表紙だったのが、なんだか可愛らしく。
お、いきなり表紙に山田さんが出てる。

えーっと、、、
クリックすると元のサイズで表示します
コーナーの表紙がこれですかあ!!

インタビューの中で印象的なのは、先日も紹介した大会に向けた絞り、体脂肪燃焼。
これから半年かけて落としていくという、ゆっくりと確実に落としていく方法を取っています。
1ヶ月に2kgを目安にしているとのこと。

急ぎすぎないのが筋肉を落とさず体脂肪を落とすコツ。

ボディビルって毛嫌いされますが、僕達は基本的にはこれと同じ事をやっているのです。
少し柔らかいバージョンで。

ボディビルって車で言うF−1です。
あんなのいらないって言われますが、F−1があるからよく曲がり、よく止まり燃費がいい車が出来るのです。
それの技術を一般車が使っていく。

ボディビルも同じ。
筋肉を作って体脂肪を落とす。

そこで切り詰めたことをやって、ギリギリを目指すから、効果的な体を変える方法が分かってくるのです。

なので普段も山田さんの話を聞いてて参考になることは大いにあります。

女性の体作りでも同じなのです。
ただ一般的には感情面を考慮し、マイルドな運動が流行るんです。

クリックすると元のサイズで表示します
しかしこんな一生懸命な顔見たことないなあ。
いつもなんでも余裕がありそうな雰囲気なので。


もう一つ雑誌ネタ。
クリックすると元のサイズで表示します
なんとあの怪物GT−R(480馬力)は1年後にVスペックという軽量化された530馬力でポルシェGT2に対抗するバージョンを出して来るのだが、さらにその後にこんなSUVのGT−Rを出してくるとの噂!というか雑誌にスクープ!

確かにこれをすれば開発資金が今の高いと言っても内容的に格安な770万は回収できないと言われたものが、回収できるでしょう。
しかもそのまま480馬力でトルクも60kgとは!
クリックすると元のサイズで表示します
でも僕は今のGT-Rがいいな。
両方あれば尚よし。

あくまで夢です。

2008/2/27  23:59

初めてのエステ  diary

今日はなんとエステに行ってきました!

えー、産まれて初めてです。

体には十分美と健康を気遣っているので、ここらで1回は行ってみようかな、と。
まあ、そういうのが気になる年頃でもあるとも言えるのですが・・・。

一応年齢よりは若い方だと自負しているのですが、そうは言っても、目元とか、やっぱ変わってきているしね。

行ったのは赤坂見附にあるスパリッシェ赤坂

ラ・クラーテという会社が展開している赤坂店です。

施設は小さなところですが、逆にそれがひっそりと人知れずというのがいい感じでした。

今日は90分のコースで、最初30分は体のケアとマッサージ。
残り60分は顔です。

めったに人に揉んでもらうことはないので、幸せ気分。
ずーっとやっててー!って思っちゃうよね。

顔は色々コースはあったのですが、脂ぎっていることもなく、老廃物も感じられないので、アンチエイジングコースに。

ただこれを選ぶと逆に年をとっていると言ってるようで、それが気になったが・・・。

クレンジングをして、マルチビタミン(特にAとE)配合の美容液をなじませ、その上から石膏で固めます!
フローラル系とメンソール系とあったのですが、メンソールを選んでみた。

すると固めた石膏のしたでカッカカッカと血行がものすごくよくなってきた。
でも石膏で逃げられない。

その後さらにクリームを塗り、終了。

終わった後は、普通に昼寝するより力が抜けてたみたいで、再び体を動かすのが重かった。

顔はプルプルのスベスベで女の子のようになりました!


今後は伊勢丹新宿に行って男性化粧品に凝ってみようかと思ってます。


ただ仕事柄、肌が白いというわけにも行かない。
白い筋肉質じゃ体操選手みたいだし。SEXYじゃない。
やっぱり小麦色じゃないと。
じゃあ、塗るヤツ??







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ