2008/2/1  23:39

甘いものに慣れてしまった舌。そうでない舌。  diary

マイクロソフトがYHAOOを買収するかも、ですか。
でかい話ですねえ。
5兆円の買収だそうで、これはもう国家規模ですな。




コーヒーなどに砂糖を入れるのをやめられないと言う人がよくいます。

体作りをしているなら、もちろん砂糖なしのほうがいいわけです。
通常炭水化物はお米だけで十分足りています。

これをやめられれば、食事はもっと美味しくなります。

野菜それぞれの味とか、肉や魚の味を感じることが出来ます。

僕は水と、コーヒーブラックと無脂肪乳しか飲みませんが、ここ7、8年食事もカーボサイクルダイエットなので味は薄い。

すると次第に野菜の味を十分感じるようになり、焼き魚も醤油をかけなくても十分美味しい。
鮭を塩鮭、甘塩鮭などで食べるとしょっぱすぎて食べれない。

玄米も美味しく感じ、逆に白いホカホカの白米はやはり甘く感じる。

こういう舌でまたに美味しいイタリアンなどを食べに行くと、その微妙な美味しさを以前よりしっかり感じるようになったと思います。

しかしここれを変えられない人は多いもので、先日スーパーにスナック類のコーナーを見に行ったら、こんにゃくゼリーはやっぱりダイエットには助けになるんだろうなあ・・と見たら・・・・なんと1個25g中に6.5gの糖質??

味付け??甘く??

隣にあった寒天ゼリーを見てみる。
同じ!!??

ああ、やっぱり甘くしないと売れないのね。
でも買う人は寒天だから太らないのよ!美味しいし!と言いながらどんどん糖質を取ってく・・・。

さらに隣にあったフルーツゼリーは??
あれ?こっちのほうが低いじゃん!4.3g?

ダイエットはやはり舌の感覚から調教しなおさないとなかなかうまくいきません。

どうしても求めてしまうし、糖質を取ることによるインシュリンの上下幅が大きなままで改善を図れない。
甘いものが欲しくなるサイクルから抜け出せない。

まずはコーヒーなどを砂糖なしで呑むところから始めてみよう。

そして食事は薄味。

全てが変わる!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ