2008/3/19  23:57

ついにノー・カントリー  diary

クリックすると元のサイズで表示します

今年のアカデミー賞作品、監督、主演、脚色と大きな部門を制覇したノーカントリー。
見ました!

コーエン兄弟の作品ですが、今まで皆さんの中でコーエン作品を見た人は意外と少ないと思う。

僕が見たのは
ミラーズ・クロッシング
バートン・フィンク
未来は今
ファーゴ
ビッグ・リボウスキ
オー・ブラザー!
バーバー
レディ・キラーズ
です。

中でもファーゴは傑作でした。
あれは大好き。
コーエン兄弟の真骨頂です。

それは、彼ら独特の世界があり、へんてこな世界、変な人が登場し、その描き方、映像の構図の独特さ、雰囲気があって、他の誰とも似ていない。

兄弟で監督と脚本をやっているのです。


今日の映画は凄かったですねえ。

まずやはり主役のハビエル・バルデム!!

「夜になる前に」「海を飛ぶ夢」を見たとき、すごい俳優だな、とビックリした。
まず顔が重い。迫力がある。
で、演技も凄い。

今回も冒頭シーンからパンパじゃない怪優ぶりを見せ、次に登場するシーンではいるだけで、この人何かするんじゃないかとか、変な緊張感を漂わせることに成功している。
たわいのない会話をし、しかし変な自分の理論で会話を推し進める。
実際こういうあくが強く、なんかこの人と話すのは怖い感じがするとか、緊張感がある、会話をその人のペースで推し進める人っていますよね。
ああいうのを画面で実現させているんですよ。

もう2シーン目で「これはオスカー取ってもいいな!」と思わせるものがあった。

すごい。

映画のストーリーはテキサスの荒野での麻薬取引現場でのトラブルがあり、その場をたまたま通った男が組織のお金を盗み、バルデムが追うというそんなに新しくない
サスペンスの展開だが、これがオスカーを取るのには、やはり理由があった!

アカデミー賞は普通、文学的なもの、歴史的なもの、実在する人物ものを好む傾向がある。

ノーカントリーは一見、サスペンス、しかもバイオレンス性の強い作品。
とてもアカデミー的な感じではない。

しかし見て分かった。

そういうサスペンス的な展開を最初は見せながらも、トミー・リー・ジョーンズという秋葉原でメイドカフェに行っちゃいそうな良心を持ち合わせる年老いた男を通して、現在のむちゃくちゃで理解不能な暴力事件が起こる世相を暗に現し、しかしそういうついていけない状況というのは自分が老いているということなのか?実際に老いていく、時間が過ぎていく反面、凶悪な犯罪(犯罪者)は存在し続けるということを、文学的に表現していくのだ。

だから、バイオレンス・サスペンスでありながら、文学的な側面を持ち、現代の世相を表している。

前にも書きましたが、映画というのはとても複雑な総合芸術で規模も大きいため崩れやすい。

ここまで見事につくりあげ、それでいて、自分達の個性もバッチリというのはなかなかありえないものだ。

ここまで書いて、複雑だなあと思ったことでしょう。
確かに複雑です。
だから絶対にボーっとして見てはいけません。

ちなみに原題は「ノー・カントリー・フォー・オールド・メン」なのでそっちのほうが内容を最終的に掴みやすいと思う。

またナチュラルボーンキラーズのイメージが強いウディ・ハレルソンが出演していることを初めて知ったが、このナチュラルボーンキラーズとバルデム演じる殺人鬼とが対面する場面は緊張するね。



ランボーの別なバージョンのチラシがありましたよ。Iさん!

クリックすると元のサイズで表示します

でもこんな話が!
  スタローン、「ランボー5」の脚本を執筆中
シルベスター・スタローンが、すでに“ランボー”シリーズ5作目の脚本を執筆中であることをスウェーデンの新聞メトロ紙に明かした。
「ランボー 最後の戦場」の興行成績が好調だったことから製作側はシリーズ5作目の可能性をほのめかしていたが、スタローン自身は“ランボーはこれで終わり”という姿勢を崩さなかった。
しかし、どうやら製作側に説得されて気が変わったようで、脚本を書いているらしい。
「“ランボー”を別のジャンルの映画にしたいんだよね。キャラクターで少し実験をして。もう戦争映画にならないのは確かだよ。(そのジャンルでは)これまで僕がやった以上のことができるとは思わないから。どんなものになるかは、この時点で話す気はない。でも脚本はもう半分ぐらい書いているよ」と語っている。

(AOL)

マジで!!!???????


クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/18  23:59

次回のスカパー  diary

今日はまだ耳鳴りが残っていました。

夜になって気にならない程度になりましたが、まだテレビの音の一部がシャカシャカ響く。

うるさかったと言うより、ある周波数の音にやられた感じです。





先日撮影したスカパーの「男のトレーニング」番組の編集が終わったとの事で、DVDでいただきました。

早速見たのですが・・・・笑っちゃいました。

だって、いきなりかっこつけた感じで登場して、なぜかスーツで現れるんだから!
ナレーションが僕を持ち上げすぎ!!

うちのトレーナーの遠藤君も紹介されています。かっこよく紹介されているので本人も喜ぶでしょう。彼はそれが凄く気になるようで。

しかし大笑いしちゃいました。

4月から2ヶ月間放送します。お楽しみに。


そして今日は次回と次々回の打ち合わせ。

6月が次回、その次が8月放送。

内容は「男の美尻」と「男の美脚」。

なんか男路線をまっしぐら、です。

男のためにヒップのエクササイズを紹介するのは初めてのような気がする。
いろいろと紹介しています。
ヒップのエクササイズを行なうにはお尻やもも裏自体に柔軟性がないと難しいので、お尻のストレッチも紹介していきます。

脚のほうも様々なエクササイズと、これまた足回りのストレッチを紹介。
柔軟性がなくて、運動範囲に制限があると運動効果をうまく得られないのです。

柔軟性があるほうが、数倍効果を得やすい。

ということで、ストレッチを紹介しているわけですが、単に伸ばすだけじゃなく、より素直に伸ばすためのテクも紹介します。

痛いという感覚があると筋肉は拒否反応を示して、それ以上は伸びないので、それをだましてスっと伸ばす方法です。

通常はトレーナーがいてやっとできるそういう方法も、1人で出来ちゃうようにアレンジしています。

撮影は月末ですが。


今月は自分のDVDにスカパー、下田千景のヨガDVDも近日発売するため、その制作編集もあるので、大変!


2008/3/17  23:59

MAROON5 武道館 3.17  diary

マルーン5の東京・武道館公演!!!

いやあ、サイコーでした!!

クリックすると元のサイズで表示します


皇居北の丸まで車で行って止めてやろうと思ったので少し早く行った。
座席指定なので、早く行く必要はないんだけど、出来るだけ近くに止めたかったので。

なんと武道館目の前の駐車場がけっこうすいてる!
しかもコンサートがあるときは、500円ポッキリ!安い!

結局帰るときもそれほど車で来ている人はいないので武道館の場合には意外に楽ないい手段かも。

開場まで向かいの敷地内のカフェで時間つぶし。
会場時間になって入ろうと入り口あたりを歩いたいたら、後ろから少しロン毛の無精髭の外国人がヒョコヒョコと歩いてくる。
「なんか、イギリスのバンドみたいな人だな。」って連れと話していた。

実は武道館は僕は初めてなのだ!入ったことがない。
意外と大きくないんですね。
埼玉スーパーアリーナは巨大だし、幕張も2階席などはないけど、1Fだけなら武道館より人は入る。

さて、注目の今回の座席は・・・・!!

正面から向って左に10mちょっと。
前から9列目。

悪くないね。
ただ最近、最前列付近が多かったからその中では少し後ろになっちゃうかな。
でも十分ステージ中央まで15mくらい。
表情まで十分見えます!

そして、なんと開始時間2分前に前座が始まった!
時間前に始まるって、普通ないよ。

前座はSOFTっていうバンド。外国人。うーん、知らないなあ・・・・

と、その時、ステージに現れたボーカルが、さっき後ろから僕を追い越して中に入って行ったさっきの外国人!!!
え、え、え!!??

やっぱバンドマンだったね!

街中でそんな風に見える人、多いから冗談で言ったのに。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてマルーン5の登場!!
一気に盛り上がってきた!!

ヴォーカルのアダムの誕生日でもある今日のライブ。
彼の綺麗な高い声がこだまする!

有名な曲のオンパレード!

やっぱり彼らはなにがいいって、その音楽性の高さ
音楽の質の高さ。

静かなバラードでも観客が十分聞き入ってしまう素晴らしいメロディだ。

今はまだ2つのアルバムしか出してないが、前作のあのものすごいヒットしたアルバムがデビュー作だなんてそれ自体すごい!

Sunday Morningなんかも大盛り上がりですごかった

特にヴォーカルのアダムの才能がすごい。
歌があれだけうまくて、の独特の声を持ち、さらにギターがギターリストなみに弾けちゃうんだから、すごい!
ギターのジェームス・ヴァレンタインがいるのに時々旋律部分を弾いちゃったりなんかして。

その2人が歌が終わったところでそなまま向かい合ってギターを弾き合う。
そうすると、見ている人は気付いたのだろうか?終わりの部分をなんと、ホワイトストライプスの新しいアルバムの1曲目のギター部分を入れちゃったりして!
人の曲をやっちゃう!!??しかもごくわずかに遊ぶように!
ここの始めから43秒からのパートです

これにはびっくり!

今回ちょっと残念だったのが、観客。。

一度バンドが一通り終わって引っ込んだとき、通常、バンドを呼び戻すかのように観客は手を打ち鳴らし、声を出す。
いわゆるアンコールのときのやつです。
僕が今まで行った激しいバンドの観客はその分、バンドを引き戻すだけの声援をもってアンコールを迎える。
それがなんと観客がおとなしい!!!
中央前付近の人たち、座っちゃてるじゃない!!だめだよ、それじゃあ!!

ということで、僕は「オー!オー!オー!オー!」と叫びながら大きく両手を上に打ち始めた。
するととなりの男2人が一緒になって言い始めた。
通常これが会場中に広がっていき、ものすごい声援となる。
そころが広がらない・・・。ダメだよ!!!

そうこうしているうちにバンドが出てきた。
ほうって老いても出てくると思っちゃいけません。呼ばないと!

アンコールで有名なShe Will Be Loved を歌うとは思っていたけど、アンコールは通常3曲あるうちの2曲目で歌ったのだ!

もちろんこれも、すごくよかったのだが、最後に何歌うの??と疑問。

すると「さっき歌ったSOFT、そのへんにいる?ステージに上がってこいよ!!」とアダム。

SOFTが上がってきたと思ったら、「僕達が尊敬するバンドの歌を・・」と言って歌い始めたのは、自分達の歌ではなく・・・・

OASIS(オアシス)のDon't Look Back In Angerだ!!!


これも本当にびっくり!

だって人の曲をラストに歌うぅぅ???

でもそれだけ敬意を表しているんだろうし、それが伝わって会場はSOFTと共に沸きあがった。

僕もこの歌が大好きなので、大声で叫び歌った。
ずっと歌ってましたが。

しかし、人の曲を最後にやっても他の自分達の曲が薄れることもなく、質は高い。
それだけいい曲を持っているし、大満足!!!

それとやっぱりアメリカ人のライブのほうが全般的にイングランド系よりパフォーマンス、観客とのやりとりがうまいと思う。

今日もそのへんはアダムもうまかった。

今日は本当に満足でしたぁぁ!!!



PS.いた場所が悪かったのか、左の耳が3時間経った今も耳鳴りがしている。
   ちなみにMAROON5は僕の車と深い関係がある。
   色は玉虫色の栗色(マルーン)で5を裏返すと僕の車になるのだ。  









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ