2008/3/28  23:59

満腹感のあるたんぱく質??  diary

先日こんなことが発表されました。


アサヒビールは3月24日、植物を材料とするたんぱく質の中で満腹感が長く継続する効果があるもの「満腹たんぱく」を発見し、そのメカニズムも解明したことを発表した。
実験用ラットだけでなく人間にも効果があることが実験で明らかにされており、今後応用次第でダイエット商品などに使えるなどの期待がもたれている。

今回発見されたたんぱく質は、ダイエットの障壁「空腹感」「口寂しさ」を解消するために満腹感を持続することができる素材」探しという課題を設定して探求を続ける中で発見されたもの。
実験用ラットにおいて、通常のえさを与えた場合とこの特定たんぱく質を混ぜたえさを与えた場合とでは、その後の食べる量に違いが出る(特定たんぱくのえさの方がその後の量が少なかった)ことが判明。
この成果から特定たんぱく質を「満腹たんぱく」と命名した。

「満腹たんぱく」の効用を確認するため、さらに「満腹たんぱく」を食べた後にどれくらい胃の中に食べたものが残っているかを確認したところ、通常のたんぱく質と比べて「満腹たんぱく」は明らかに胃から排出されるスピードが遅い(=胃の中に残っている時間が長い)ことが判明。
このことが満腹感を持続させている大きな要因と位置づけた。

この「満腹たんぱく」の効用が人間でも有効なのかどうかを確かめるため、外部の一般人による実証実験を実施。
15人に対して「満腹たんぱく」を含む試験食品とそうでない同様の対照食品を摂取させて15分おきに3時間後までの自覚における満腹感をアンケートで記録。
すると「満腹たんぱく」を配合した試験食品を摂取した後は、対照食品(普通の食品)摂取後と比べて満腹度が高い状態が続いていることが明らかになった。
要は「満腹たんぱく」を口にした方が同量でも普通の食品以上に「お腹一杯感を長く感じ続けている」ということになる。

アサヒビール側では今回の発見について、たんぱく質の中でも「腹持ち」の違いについてさらに研究を進めると共に、今回発見された「満腹たんぱく」が日本人に馴染み深い植物由来の一般的な食品素材であることから、安心して摂取を続けることができ、応用の仕方によって健康的にダイエットを続けられる可能性を秘めているとしている。

「植物由来」という表記のみで、具体的にどのような植物を元にしたたんぱく質かはリリースでは一切語られていない。
かつて一世を風靡したダイエット法に、こんにゃく系の素材を用いた粉末を元にしたものを食事前に飲み、お腹の中でふくらみ満腹感を演出することでダイエットに役立たせるというものがある。
今回の「満腹たんぱく」はそれと類似しているようにも見えるが、「こんにゃく系」はお腹をふくらませて(普通の食事が入るスペースを減らし)少量の食品でも満腹感を持たせるのに対し、今回の「満腹たんぱく」は食事そのものが胃から先の消化器官に移る時間が長く、「食べたもの自身の満腹感が長持ちする」という効用を持つ。
この違いを見ると、どうやらこんにゃく系とは別物のようだ。アサヒビールの研究開発、というところからビールに関係のある穀物系のものと思われるが、詳細は追って発表されることだろう。

ともあれ、「食べた時の満腹感が長続きする」ということは、食事中の「もう一品」や間食への誘惑を断ち切るのに有効な効用であることに違いはない。
実際にどの程度の効き目があるのか、商品化はもう少し先となるだろうが、「満腹持続感」を試してみたいものである。

(Garbagenews)


ちなみに皆さんに知っておいてもらいたいのは、普通のたんぱく質、鶏肉や魚も炭水化物だけを食べる場合と比べて腹持ちがよく、間食を食べたいとは思わなくなるということです。

それと今後、未来には何かしら太らない食べものが出てくるかもしれませんが、運動不足は運動不足、代謝をあげるには運動をしなければいけません。


クリックすると元のサイズで表示します
二子玉川あたりの多摩川沿いの桜。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに同じ木のアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/27  23:59

メタボ検診に物申す!  diary

前にも書きましたが、メタボ検診のあり方に僕は疑問がある。

40歳以上の会社員で定期健診のとき、ウエストが男性で85cm、女性で90cmがボーダーラインでそのほかの血糖値中性脂肪などとあわせて2つ以上ひっかかれば、会社はそれを改善しなければいけないというもの。
改善していなければ、会社に金銭的なペナルティがある。

まず。ウエストを一概に何cmというのはそもそもおかしい。
160cmの男の190cmの男を同じ基準で測るのか??
それは身長に比例した数値で判断するべきだ。少なくとも・・。

少なくとも、というのは他に骨格もあるから。
骨が細く、肋骨などが細ければ有利ということになってしまう。
逆に骨格が太いひとは不利になる。

なにか超高性能なインボディみたいなので、骨も計算に入れて数字を判断するか、MRIならできる内臓脂肪の量の測定をそれだけ簡単にすばやく、安価にできるものを配置して測定すればいいんじゃないの?

それと改善策に会社がお金を使うのは逆のような気がする。
改善するために会社内にジムを設けたり、空いた部屋でエアロビクスを行なったり。
でもそれは太っている人に会社がお金を使うと言うことであり、自分で健康を管理してきた人は何も得はない。
言い換えれば、健康に気を使っている人が上げた会社の利益から太っている人に使っているという不利な状況だ。

アメリカではタバコを吸っていない、定期的に運動をしている人に対しては年間500ドル保険金からバックする大手企業も多い。
これなら健康に気を使っている人が得をすることになる。

その2点が僕は気になっている。

僕は会社員ではないので、関係ありませんが、それでも人一倍健康に気を使っている人間なので、高い健康保険を払いながらも、病院は1年に1回行くことがない。風邪さえ引かないから。
医療費かかってないんですけど、なんとかなりませんかね?

もちろん世の中助け合いの精神も必要です。

でも自主的に健康を管理するようにみんながなれば医療費は削減できるのに。そのために国民健康保険もなにかあっていいんじゃないの??


クリックすると元のサイズで表示します
駒沢公園の桜。

2008/3/26  23:30

スカイパーフェクトTV 男の筋トレ  diary

4月からスカイパーフェクトTV内のチャンネル、ACT on TV で「男の魅力を引き出す筋トレ〜美しい後ろ姿〜」という僕が登場する番組が放送されます。

その番組表がこれです。
クリックすると元のサイズで表示します

おお!
右上に写真が出てるぞぉ!

ちょっと大きくしてみよう!
クリックすると元のサイズで表示します

スカパーでの人気番組になりますように!!





さて、僕がメインキャラクターを務めている「インチャク」ですが、このたび東急ハンズの池袋、新宿、渋谷、銀座で販売されることになりました。
もうすでに置いてあるようです。

これでもっと人目に触れて、人気が広まるといいなあ!!





先日購入したパドル・オブ・マッドの5月末のライブのチケットが届きました!!

ネットで発売開始と同時に一気に作業。30秒で終えた。
さて、立ち見のライブで整理番号は何番だろう・・・・

封を開けてみると・・・

25番!!!

ヤッター!!

今までで一番小さなライブハウスで25番。
これは最前列中央間違いないな。
また怒涛の肉弾戦のような激しいライブになりそうだ。

それが楽しみ!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ